電話応対は相手が目の前にいる以上に感情を込めて | 三上ナナエのブログ

三上ナナエのブログ

人材育成コンサルタント、企業研修講師


テーマ:

 

暑いですね。体調管理に気をつけていきたいですねトロピカルカクテル

 

 

ひまわり

 

さて、『バンクビジネス』で「気遣いスキルアップ道場」を連載しています。

 

7月15日号では特別企画で6ページに渡って電話応対の記事を書きました。

 

 

相手に対して電話の印象よりも実際に対面で会った印象の方が断然いい!と思ったことはないですか?

 

逆に電話の印象の方が良くて、対面は良くない、ということはこれまで私はありませんでした。

 

ということは、電話応対だと、実際の自分より印象で損をしている方が多いということですね。

 

電話は音がこもり実際より声が低く届きますし、視覚情報でニュアンスを補えないので

電話特有のコミュニケーションスキルを意識して身につける必要があります。

 

ベースは相手はどんな気持ちでその言葉を発しているかということに意識を集中。

 

そして自分の発信の仕方を繊細に。

 

出だしが肝心、ニコッと笑ってから電話を取ってみましょう。

 

ぜひ一度自分の応対を録音して聞いてみるのをお勧めしますカキ氷

 

 

 

三上ナナエ オフィシャルブログさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス