愛情をもつ技術 | 三上ナナエ オフィシャルブログ

三上ナナエ オフィシャルブログ

人材育成コンサルタント、企業研修講師


テーマ:


(c) .foto project

 

 

 

先日、話し方のレッスンの中で「嬉しかったこと」をテーマに話をしてもらいました。

 

受講生が、

 

「楽しかったことは色々思い出せるけど、嬉しかったことって難しいテーマです・・・」

 

と話てくれました。

 

フーーーム・・・

 

「嬉しい」と「楽しい」って何かが違う・・・

 

少し調べるといろんな見解があって面白いです。

 

 

「嬉しい」は結果に対して

「楽しい」は過程に対して

思う感情とか、

 

楽しいは「楽しむ」と動詞になるけど

「嬉む」という動詞はない・・・

ということは「楽しい」は自分で能動的にできることだけれど

「嬉しい」は向こう側からやってくる感じ・・・

 

仕事を「楽しむ」はあるけど、

仕事を「嬉む」ってないなど・・・

 

 

さて、さて、

嬉しかったことは?と聞かれて

私が仕事以外で、パッとすぐに思い出せることですと・・・

 

ガーベラ出張先の食堂で、名物の唐揚も食べてみたいなあ・・・と

迷った結果、違うメニューをオーダーし、

お腹はいっぱいでもう唐揚げは頼めないなあ・・・

1個だけ唐揚げ食べてみたかったなあ・・・

 

そんなことを悶々と考えていたら、

隣の席のお姉さんが

「唐揚げ一つ食べませんか?」

と自分の唐揚げ定食の唐揚げを差し出してくれた

(私、心の声漏れてた?!)

 

 

そしてだいぶ前の話しですけど、

ガーベラ突然の雷雨で帽子屋さんのお店の前で雨宿りしていたら

店員さんがお店の中へどうぞ、と椅子を用意してくれた上に、

従業員の休憩用のコーヒーを出してくれたこと

 

一期一会の心のふれあいに「嬉しさ」を感じる傾向があるようです。

 

その方々の見知らぬ相手への「愛」みたいなものを感じて

幸せな嬉しい気持ちになったのだと思います。

 

 

ドキドキドキドキドキドキ

 

哲学者のエーリッヒ・フロムによると、

「愛とは特定の人間に対するものではなく、世界全体に対する態度や性格の方向性である」

とのこと。

 

もし特定の人にも愛を感じないという悩みがあれば、

 

日常ちょっとした瞬間に触れ合う人々、動物、草花なんでもいいから大切に接してみる。

 

そういったことを積み重ねると、特定の人を愛することにも繋がっていく、

 

そう「フロム」は言っているそうです。

 

「愛」は湧き上がるものでなく踏み込むものだと。

 

とすると、愛は技術と言えるのかもしれませんね。

 

「誰かの嬉しい」を増やすには「愛を持って踏み込んでみる」大切さを考えることに繋がった受講生さんからの問いでした。

三上ナナエ オフィシャルブログさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.