皆さん、朝ドラは観てますか?


私は


ここ数年は

続けて

見させてもらっています。





最近見た中では
「  ひよっこ   」が好きです。



悪い人のいない
愛すべき沢山の人たちと
温かく優しい気持ちに溢れるドラマで
大好きでした。








あ、

話が逸れています笑笑







ただ今絶賛放送中の
「半分、青い」の話でした。





永野芽郁ちゃんが
楡野鈴愛という女のコを演じていますね。



小さい時にムンプス難聴になって
左耳を失聴しながらも
日々を奮闘しながら
漫画家目指して
元気に生きていく女のコの話です。








私はムンプス難聴ではないのですが






今から8年前のちょうど今頃

突発性難聴になって

病院に入院しました。




入院中は 

めまいがとにかく酷くて 

丸2日以上
ベッドに横になったまま

食事も摂れず

ひたすらカブトムシの幼虫のように

背中を丸めて

ベッドに横たわり

体勢すら思うように変えられなかったことを

覚えています。





5日間を1クールとする
ステロイド点滴による治療を


2度
受けましたが






それでも



本当に


残念ながら



私の左耳の聴力は回復しませんでした。








2週間近く過ぎた頃






「もう出来ることが無いから」



という理由で退院が決まりました。









松雪泰子さん演じる
鈴愛ちゃんのお母さんが


鈴愛ちゃんが難聴になったことで
鈴愛ちゃんを不憫に思い
悩んでいた場面がありましたが





私も
  
退院当初は
それなりの
衝撃を実感しました。



耳鳴りがまだ残っていたし

なんだかバランス取れないし

自転車も乗りにくい。

音がどこから聞こえてくるか

全くわからない。



  



家の電話の受話器を左耳に当て

自分を納得させるように

その発信音を何度も何度も聞きました。





でも

発信音は

はるか遠くで

かすかにかすかに

小さく聞こえるばかり。






家で

たった一人でいると

なんだか

自分が

大きなハンデを背負った

別の自分に

なってしまったような気がして

その喪失感に

どうしようもなく


落ち込んだこともありました。









でもね

そうは言ってもね


基本的には

すぐ慣れたんですよ。





まー、不自由もあるけど



それは

そのことを

ちゃんと周りの人に伝えていけば

特に問題は無いのだと。









一番強く思ったのは



私は

本当に必要なことだけが

聞こえる

自由な耳になったのではないかと。



聞こえないことは


聞かなくていいことかもしれない。





それでも

どうしても気になって聞きたいのなら

何度も聞き返せばいい。




そんな風に思うようになりました。





そしてもうひとつ。





私にとって

何よりも大きな収穫だったのは





この経験をきっかけに



アロマテラピーと


中医学を


深く学びたいと思うように


なったということ



です。







自分の決めてきた人生に迷い

行き先を見出せず

のらりくらりとしている私を

見かねて





神様が


こんなプチ事件を起こして


私の人生の軌道修正をしてくれたのかも


しれないなぁと思っています。




{B6BB57D4-F509-4580-8371-E9A1AC20DABE}




結局のところ


この耳の失聴に関しても



私の心の深いところにあるものは



やはり



感謝しかないのです。



本当なのですよ。
















〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・





中医学をベースにしたアロマトリートメントや
クラフト作りをしています。




おいでいただいた方の体質や体調にあった
食べ物や養生についてもお知らせしています。
















                  

肺と大腸が弱いヒト

テーマ:
うちのワン

腸が弱いんですよね。






もう10年も前の話になりますが



生後3ヶ月でうちに来てくれてから

ひと月経った頃

どうしても

2週間家を空けなければならず




ワンと出会ったお店に

うちのワンを

お願いすることにしたんです。







うちのワンもそこにいたことが

あったわけなので

全く問題無いと思っていたのですが









ダメだったんです。








迎えに行った時


なんと



うちのワン...






血まみれでした💦💦






ストレスで


終始飛び跳ねていたために


脱腸になっていたんです。





迎えに行ったその足で

病院に行こうかとも

思いましたが



もし入院することになって


また見知らぬところで


ひとり過ごすとなると



さらなるストレスになるのでは


無いかと思い




一日様子を見ることにしたんです。





一度だけ


また腸が出てくることがありましたが


それを押し込み💦💦





様子を見ていたら



それ以降は


何事もなかったように


すっかり症状は治まりました。






小さなワンに



大きな大きな


心の負担をかけてしまったんだなあと


痛感したと共に




うちのワンも



私たちが新しい家族なのだと



認識し始めていてくれたのだと



胸が熱くなる



出来事でもありました。










あ、



それでですね





そのほかにも



フードによっては


恐ろしく


お腹が緩くなるなど


腸が弱いのだと認識するエピソードが


いくつかあり



今も



消化器サポートという


低脂肪のフードを



食べています。








そんなワンですが、


先日


トリミングに行った時に





シャンプーした後



足の内側に蕁麻疹が出てましたよ




とトリマーさんに言われました。







普段は


モフモフの毛に覆われていて



皮膚トラブルに気付きにくいですが


あー、


このひとも


皮膚が弱いかも知れないということを


認識すべきだったと反省したんです。







中医学では

「肺」は「皮膚」を司ると言われています。


消化器から送られてきた栄養や
良い水分を

「肺」の働きで全身に送り出していると
考えるのです。



そして皮膚も

同じように
その「肺」の働きにより
必要な栄養や水分が
与えられていると考えます。





呼吸器系が弱い方は

皮膚トラブルを起こしやすいひとが

実際多いです。




そして 


その呼吸器系と大腸は

互いに影響を及ぼしあう関係。



「皮膚は内臓の鏡」とも言いますね。


便秘になるとニキビができたり

アトピー性皮膚炎が悪化するということを 

実感されたことがある方も

いらっしゃるのではないでしょうか?













長くなりました。






話はうちのワンに戻りますが



消化器の弱いワンは


皮膚トラブルを起こしやすい体質かも


しれないということを



認識しておくべきだったという



話です。






{34237D80-8747-4CCB-B974-116CBD9378C3}





中医学は


体のさまざまな症状から


私たちの弱い部分を照らし出してくれます。




そして


私たちは


自分の体質を知ることで


それを前もって



認識することが出来る。




今後起こりうる


トラブルについての知識をもち


未然に防ぐよう


養生することができる



ということです。





そして



その中医学の考え方は


同じ哺乳類である


うちのワンにおいても


ああ、きっと同じなのだと


実感したエピソードでした。








もちろん


たったひとつの事象から

このひとは肺が悪い、だから大腸も悪い

皮膚トラブルも起こしやすいなどと

断定すべきではありませんが




いくつかの症状は

大切なサインとなって



今後起こりやすいトラブルを

示唆してくれていることもあり



私たちはそれを知っているのと

知らないのとでは



毎日の過ごし方や

日々のケアが



違ってくると思うのです。




自分の弱さ



そして


それを克服する対策を知ることは


今後起こりうる


トラブルを未然に防ぐこともできる




そんなチャンスに



能動的に


関わっていけたらと思います。

 






Liang

村上有子





〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・





中医学をベースにしたアロマトリートメントや
クラフト作りをしています。




おいでいただいた方の体質や体調にあった
食べ物や養生についてもお知らせしています。
















                  



                  






 





                 









マートル咲きました♪

テーマ:
我が家のマートルが咲き始めました。


私の住む市では
子供が小学校入学の時に
マートルの苗木が贈呈されます。


なぜマートルなのでしょう。



マートルは
純潔、若さ、美の象徴とされて
花嫁の冠に用いることもあるようです。


結婚式などに用いられることから
「祝いの木」と呼ばれているようなので
その辺りが理由の一つなのかもしれません。



それから



マートルはとにかく育てやすいです。


ほっといても
どんどん大きくなります。


気づくと今時期には

ホワホワの白い花をひっそりと
でもしっかりと咲かせます。


葉っぱは
と〜ってもいい匂いがします。




なにか
子どもの成長と
共通するものがあるような
気がするのは

私だけでしょうか。














マートルの精油は

お察しの通り、
葉っぱから採取されます。



呼吸器系のトラブルにオススメで、
痰や過剰な粘液をサラサラにすると
言われています。


免疫系を刺激し自己治癒力を高めてくれる
精油です。

小さなお子さまでも適切に希釈すれば
使っていただけます。


我が家では

秋口くらいから
お部屋に香らせたりしています。


ユーカリほど
癖もなく
すっきりしていて


ほんのりフローラルな香りは


凛としていながら
寄り添う優しさをも持っています。



風邪などの感染予防にオススメです。







そんなマートルですが


実は某自然派化粧品メーカーの
アンチエイジング美容液にも 
ヘリクリサムという精油と共に
配合されているようです。


マートルは
皮膚を収れんして強壮し
老化し始めた肌を 
活性化させる効果もあると
言われているのです。






一緒に
すくすくと成長し
時にはその健康を見守ってくれる

加齢が気になる頃になっても
末永くおつきあいしていける存在。



苗木の贈呈には

そんな意味合いが

あったのか、なかったのか...笑







ご近所さんで

すくすく育っている
マートルの木を見つけると


なんだか不思議な連帯感で

微笑ましい気持ちになってしまいます。






{9786CA69-4390-4B32-B79A-A30FC835CCDA}




そうそう


メンタル面では



周りにたくさんの天使がいるイメージで
軽く楽しげな明るく弾んだ気持ちに
させてくれる精油だと言われています。



軽やかな一歩を踏み出して
好きなことを楽しめるように導いてくれる
作用があるとか。






小さな小学生が
大きなランドセルを背負って


パタパタと走る姿が目に浮かんできました。



小さなひとも
すっかり大きくなったひとのことも



末永く

応援してくれる

精油なのかもしれません。






Liang

村上有子


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・




中医学をベースにしたアロマトリートメントや
クラフト作りをしています。




おいでいただいた方の体質や体調にあった
食べ物や養生についてもお知らせしています。














勿論、マートルをお入れいただくことも
出来ます♩