クレバス | 甲状腺ガンから余命宣告へ

甲状腺ガンから余命宣告へ

甲状腺ガンから肺、腰椎、胸椎、肋骨、肝臓、腎臓、脳に転移、呼吸器障害1級、余命宣告も受けているガン闘病生活中のブログ
病気のことが70%、日常的なことが20%、気晴らしのゲームのことが10%な感じです。

うちは、
父、肝臓癌
母、乳ガン
兄、乳ガン
姉、ガン経験なし
私、甲状腺ガン 

と、5分の4でガン経験者一家です

転移があるのは私だけですが

兄は手術から5年、母が4年
父が1年半経過しています

母と兄は、抗がん剤を術後から間もなくおこなって、現在は経過観察中

父は、カテーテル手術なこともあり、手術じたいを何度か繰り返していますが、ガンを全て取り除くことが出来ました


早期発見は大事なことですし、母や兄はガンの大きさが4㎝を越えていたので、早期ではありませんが、幸いにも転移なく過ごせています



まわりくどいですねショボーン

この家族に、色々なことを反対されることが多くて、多くて

出掛けたいor○○に行きたい、には
①呼吸の発作が起きたら
②車椅子は入れない
③遠くて酸素がもたない
等と反対


そして3年前には犬
3年前は車椅子も
在宅酸素も必要なかったけど
余命宣告があったから

長生きする犬はダメだって


そして今回のウサギ
車椅子だし、在宅酸素だし、自分一人では衣食住のほとんどが、ままならない状態だから反対されています

欲しかったウサギさんがショップにいるのは24日まで
期限は終わってしまった



色々なことを我慢して
様々なことを諦めて
ただベッドの上にいるだけの私


次の機会なんて来ない
私は元気な あなたじゃない
経過観察な あなたじゃない


ガン経験者でも、余命宣告を受けた者と、そうでない者との隔たりは、こんなにもあったんだ



私の目の前には

いつもいつも、とても深いクレバスがあるんだ