スピリチュアルカウンセラーナナのブログ
  • 01Apr
    • すべては学びの画像

      すべては学び

      こんにちはいつもありがとうございます新年度になりました新たに環境が変わる人もいらっしゃることでしょう。最近よく思うことは「すべては学び」ということです。目の前で色々と見せられる現象は神さまや仏さま、守護霊さまからたちが何かを自分に伝えたくて、見せている現象かもしれない、そう思って、物事を観察することで、何か気がつけることがあります。私のお友達ですが、彼女は正しいこと、正義を思い、人の間違いを正すことをやっておりましたら、周りの人を怒らせたり、周りから人がいなくなったりして、悩んでいました。ある麻薬捜査官の方が、自分が摘発した者から、逆恨みされて、その念が、捜査官の子どもの健康を害していたということがあります。人からの恨みの念、怒りの念はそれほど自分や自分の家族の運や健康などを害するくらい強いこともありますから、人の間違いを正して、自分のやり方を貫くことは、リスクがあります。そういうリスクを負ってまで、その間違えは正すべきことなのか、をよくよく考え、もし、その間違えを正した方が良ければ、どんなふうに言えば、相手が受けとりやすいか、そんな智慧や工夫が必要なように思います。相手に合わせて、状況に合わせて、自由に自分を変えられる、そんな柔らかさが自分や相手に生きやすい場を作りますいつもありがとうございます

  • 31Mar
    • 癒しフェスティバルに出展します♪

      こんにちはいつもありがとうございます 5月2日、東京浅草で開催されます癒しフェスティバルに出展します心と体が喜ぶ癒しフェスティバル | あなたがあなたらしく輝いていくように♪ 癒しのイベント情報などをお届けします...iyashifes.com【日にち】2021年5月2日(日)【時 間】10:30 – 17:00【入場料】 無料!【場 所】東京都立産業貿易センター(台東館)5F /(浅草駅から徒歩7分)【アクセス】〒111-0033 東京都台東区花川戸2-6-5・東京メトロ 銀座線(地下鉄)浅草駅7番出口から徒歩5分・東武スカイツリーライン(伊勢崎線)浅草駅から徒歩5分・都営浅草線(地下鉄)浅草駅A5番出口から徒歩8分ブース名スピリチュアルカウンセラー ナナスピリチュアル鑑定15分2000円30分3500円あなたをいつも見守っている守護霊さま、ご先祖さまたちからのメッセージをお届けいたします◎悩みごとを解決したい◎開運したい◎人生を楽しみたい◎自分を成長させたい◎人のお役に立ちたいそんな方にオススメですご縁があります方とお会いできますことを楽しみにしています

  • 29Mar
    • カミます♪の画像

      カミます♪

      こんにちはいつもありがとうございます陰と陽太陽と月動物と植物男と女動と静火と水などなど、物事には陰陽があります。陰と陽がうまく組み合わさることで、1➕1=2以上の力が出ます。火➕水=カミ(神)とも読めます。やはり陰陽が組み合わさることで、不思議な力が生まれるように思います。カミと言えば、食べ物をよく噛むこと、これは、上の歯(陽)と下の歯(陰)が組み合わさることなので、最近は意識してよく噛んで食べるようにしています。食べ物はそのままでは私たちの栄養にはならず、よく噛むことで、人間を生かす力となり、体を健康にする力となるように思います。よく噛むことで、神なる力が生まれるのではないでしょうか。↑先日は太宰府天満宮まで行ってきました本当に綺麗なところでうっとりしましたいつもありがとうございます

  • 28Mar
    • タイミングをよく観る♪の画像

      タイミングをよく観る♪

      こんにちはいつもありがとうございますいつも私のことを助けてくれています見えない存在の方のお一人は、かつては私の母親として、私と一緒に人間界を生きた方です。その時、子どもであった私に、たくさんの自然に触れさせてくれて、私は優しさ、素直さなど、長所を育てて頂きました。その方はタイミング良く動くことを意識されていたそうです。良い言葉であっても、相手に届くタイミングとそうでないタイミングとあります。行動するにしても、良い結果につながるタイミングと周りに嫌な思いをさせるタイミング、期待した結果と逆になるタイミングなどもあります。相手をよく観て、周りをよく観て、自分の運勢をよく観て、タイミング良く動くことを意識すること、気分がスッキリしている時の直観で動くと、結果につながりやすくなるそうです。いつもありがとうございます

  • 25Mar
    • 心と体を大切に♪の画像

      心と体を大切に♪

      こんにちはいつもありがとうございます。最近は心の調子を崩されている方が多くいらっしゃるように思います。コロナ禍で色々と今までのようにはいかないことも多くありますし、季節の変わり目でホルモンバランスなどが崩れやすくなっているのかもしれません。ご自身の心と体を大切にいたわってほしいと思います。私も以前、心の調子が悪くなりそうだなと思うと、すぐに外に走りにいきました。走ると言っても、疲れたらすぐに歩いて良いルールにしていますので、すぐに歩きます(笑)また走れそうになると、走ります。そんな感じのゆる~いランニングなのですが、心はスッキリします。最近では深い呼吸を意識しながらのヨガなども良いように思います。「心身一如」と昔から言いますので、体をうまく使ってあげることで、心を整えることができます。ですから、自分なりの、心の調子が悪い時の対処法として、何か体を動かすような趣味をもっておくと良いように思います。いつもお読みいただき、ありがとうございます

  • 24Mar
    • 栄養バランスが大切ですの画像

      栄養バランスが大切です

      こんにちはいつもありがとうございます最近、ソフトサラダの塩とごま油風味にハマっていまして、よく食べておりました笑守護霊さまからはトマトジュースが体に良いよ、などと言われます笑ソフトサラダは毎日食べてますが、トマトジュースは1週間に1回程度、、、私は自分の好きなものばかりを食べて、もしかしたら、私はワガママなのかもしれない!と思いました。笑甘味、うま味を好み、本当は体に良い、うす味、無味、苦味などを避けると、栄養が偏るように、私たちの生活においても、自分の魂の栄養面を考えると、物事がスムーズに進み、周りには自分に甘い人ばかり、栄養が偏ります。厳しい人やウマが合わない人とうまく折り合いをつけていくこと、うまく行かないことを自分の学びにしていくことで、魂の栄養とすることができます。いつもありがとうございます

  • 11Mar
    • 心新た♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪の画像

      心新た♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

      今日は東日本大震災から10年の節目の日でした。あの日から日常がものすごく変わったのを覚えています。スーパーに行けば何もないし、ドラッグストアでは長蛇の列、私の住む地域では停電もありました。不安やイライラの念がそこにもここにもという感じで、それに耐えられず、具合が悪くなった日もありました。そんな時、「代受苦」という言葉に出会いました。仏様が人間の苦しみを、その人の代わって受けてくださるという意味です。本当は自分が受けなければいけなかった苦しみを仏さまたちが身代わりになってくだされたのだと思いました。人間の悪想念は地層に溜まると聞きます。自分さえ良ければ、自分の家族さえ良ければ、自分の会社さえ良ければ、自分の地域さえ良ければ、日本さえ良ければ、人間さえ良ければ、そのような自分中心で周りを考えない利己主義に反省を促されているように思いました。地球はこれから黄金時代を迎えると言いますが、それに向けて一番遅れているのは、人間の心だと言います。私たちはみんな神の子、仏の子です。冷たい心ではなく、あたたかい心で、かたくなな心ではなく、柔らかい心で、神の子としての自分、仏の子としての自分を生きることを心新たに思いました。ありがとうございます🙏

  • 17Feb
    • 快適な暮らし♪

      こんにちは!いつもありがとうございます。私はたまに断捨離をします。不要になったものをごっそり捨てます。毎回、無駄な買い物をしていたことに気づき、反省します。(笑)モノが減って、本当に自分に必要なものだけ、自分が好きなものだけになった部屋は、明らかにそれまでの部屋とは印象が変わり、運が良くなり、流れもスムーズになります。自分の部屋は自分の内側の世界を表現しています。ごちゃごちゃの部屋では、どこに何があるか分からず、氣が散乱しがちになるように、自分の心も整理されず、やる気や集中力が出ないように思います。中学生の時、ごちゃごちゃの机の上を、ものすごくキレイにして、勉強をするようにしたら、とっても集中できたのを覚えています。キレイな机では、やる気が出るのです。モノには、それ自体が発しているオーラ、波動があります。私たちはたくさんの波動の中で生きています。本当に自分に合ったもの、必要なもの、好きなものを選んでいく、「欲」で無闇にモノを増やさないということが大切なように思います。いつもありがとうございます。

  • 13Feb
    • 差別感をこえての画像

      差別感をこえて

      こんにちはいつもありがとうございます最近、女性蔑視の話題をよく耳にします。自分の中にある、人を差別する心、人と比べて、優越感を感じる心、劣等感を感じる心、そういった自分の中にある心を戒めていきなさい、そのように教えてくれているように思います。よく仏教では正見と言われます。その名の通り正しく見ることです。物事を偏らない目で見る、第三者の視点で見る、神仏の視点で見る、それが、正しく見る、正見です。私たち人間の目で見ると、相手と自分の違いばかりに目がいきます。相手との違いばかり見ていては正見にはなりません。相手との違いを見て、相手との共通点を見ること、それが正見に近づく見方です。相手と自分は名前や容姿、今世での役割は違えども、本質においては神の子、仏の子、同じ尊い存在です。イエス キリストは「神は人の上に人をつくらず、人の下に人をつくらず」と言われたそうです。この人は特別に選ばれた人間、ということはないのです。人を差別する心を一人一人が克服した時、本当に住みやすい、豊かな国ができあがるのではないでしょうか。いつもありがとうございます

  • 11Feb
    • ドラえもんはどこにでも♪の画像

      ドラえもんはどこにでも♪

      こんにちはいつもありがとうございます先日は藤子・F・不二雄ミュージアムに行ってきました私はドラえもんの漫画の絵が大好きなので、たくさんの原画を見れて、とても元気をもらえました「ドラえもんはどこにでもいる」のび太くんにドラえもんがいたように、誰の人生でも、困った時、助けてくれる人は必ず現れる、そんなことがパネルの一枚に書いてありました。私もそう思います。神様や仏様はいつも、あの手この手を使い、私たちを助けてくれようとしています。ですが、自我が強くなると、神仏の愛に気がつくことができなかったり、せっかくの神仏からの手助けを受けることができないことになります。ですから、神仏の手助けを受けられる自分でいることが大切です。それは素直さや謙虚さ、自分は神様仏様の子どもであるという自信などが大切なように思います。また神仏に助けてもらえる自分になるよう、普段から自分の心を磨くことを、心がけている人は、学びという調和の中にいて、助けられることが多くなります。いつもありがとうございます

  • 07Feb
    • すべては変わる♪の画像

      すべては変わる♪

      こんにちは!いつもありがとうございます。お釈迦さまは「諸行無常」ということを言われました。「すべての物事は移り変わるもの」ということです。「諸行無常」というと、なんとなく、人生とは儚いものともの悲しく受け取る人もいますが、「苦しいことはずっとは続かない」ということもあります。四季があるように、物事に陰陽があるように、時代に、銅の時代、銀の時代、金の時代があるように、すべてのことは変わります。悩んだり苦しいことがあっても、いずれ状況が変わる時が来ます。絶好調!という時は、今までためてきたプラスのパワーを放出している時です。ですので、絶好調!という時でも油断しないで、感謝や謙虚さを忘れず、プラスのパワーをためたいものです。いつもありがとうございます。

  • 05Feb
    • 魂の癖を克服する♪の画像

      魂の癖を克服する♪

      こんにちはいつもありがとうございますある知り合いですが、過去世を見ると大事な場面で逃げたようなそんな映像が見えました。その人は、今も大変な状況になると逃げる癖があります。困難な状況から逃げる癖を克服するために、あえて困難を引き寄せている、そんなふうにも思えました。なので、その時は逃げることができても、また時をへて、別の困難が出てきます。 困難にであった時は自分を成長させるチャンスだと思って、問題と向き合うことも自分の成長のためには大切なように思います。ところで私はよく神社やお寺に行きます。そこで手を合わせていると、神仏のオーラが自分のオーラに混ざるのを感じます。神さま仏さまは雲の上にまします、遠い存在ではなく、神仏を一心に思えば、神仏も自分を思ってくださるもの、神仏と自分とは離れた存在ではなく、一体であるということをいつも思います。いつも神仏の腕の中で守られている、そう思えば、どんなことであっても、安心して立ち向かうことができるそのように思うのです。いつもありがとうございます。

  • 04Feb
    • 魂の目覚めの画像

      魂の目覚め

      こんにちは!いつもありがとうございます。ここ最近「ある日突然、家族が失踪した」というような話を聞くことが続きました。残された家族にとっては、なかなか厳しい修行のように思います。家族が失踪しても、自分を肯定し続けられるか、前向きに自分のやるべき仕事をこなせるか、家族を許すことができるか、そのようなことを試されているように思います。ところで弱い魂であったり、魂が未熟であると、容姿端麗、お金に困らない環境などを選んで生まれてくることがあります。人生での負荷が軽いのです。人生の途中で、負荷に耐えられなくなってはかわいそうだという神仏の思いがあります。が、魂のレベルが上がると、負荷が重くなり、試練もより厳しいものとなります。ですから、厳しい修行を頂いていることは、それだけ魂が成長している証でもあります。実際にその修行を終えられた方のお話を聞くと、魂が力を増し、キラキラと輝いているのを感じました。今、その方は多くの人に人間の生き方を教え、人々の生きる力を引き出す仕事に尽力されています。今の仕事をするには、どうしてもその試練が必要だったのでしょう。イエス キリストは自身が磔(はりつけ)にされることを分かっていましたが、それにより人々の眠ったままの魂を目覚めさせることができると考えられて、あえて、その厳しい道を選んだと言われています。厳しさの中に神仏の深い愛をみる思いがいたします。いつもありがとうございます

    • 自分を大切に♪の画像

      自分を大切に♪

      こんにちはいつもありがとうございます 自分を大切にすることはどんなことかなと思ってみた時、素直な自分、飾らない自分、背伸びをしない自分でいることそんなことも自分を大切にすることにつながるなぁと思いました。一緒に働いているタミちゃんは「私は〇〇大学を出ているので!」「学生時代はものすごく勉強できたんです!」という発言をします。自分を大きく見せたい、自分を尊敬してもらいたい、そんな思いが、タミちゃんの心の根底にあるような気がします。タミちゃんの姿は、昔の自分を見ているようです。学生時代、よく勉強した自分は競争意識が強くて、プライドが高くて、かなり生きづらかったように思います。自分を飾って生きると自分が疲れてしまいます。また疲れて生きていた私から発せられる言葉は、やはり人を疲れさせるような言葉を発していたように思います。「自分を肯定できないこと」それが自分を飾った理由、正直に生きられなかった理由だったと思います。 人間は誰でも成長の途中で誰でも未熟なところはあります。でもそんな所も含めて、自分を肯定できると、生きるのがラクになりますし、周りの人間関係もうまくいきやすくなります。どんな人であっても、本心では正直で嘘のない、素直な生き方を求めているものです。いつもありがとうございます

  • 02Feb
    • 人との縁の中の画像

      人との縁の中

      こんにちはいつもありがとうございます昔は悟りを求め、人里離れて難行苦行による 修行をする人がいましたが、現代の私たちの修行とは、人と人との中で自らの心をたがやすことが、本当の修行のように思います。人との縁の中で、楽しかったり、嬉しかったり、時には嫉妬をしてみたり、イライラしてみたり、ということが出てきます。人と出会うことで、自分にはこんな感情があったのか!と気がつくことができます。また健康な皮膚を触ってもなんとも感じませんが、傷があるところを触られると痛みを感じます。人との縁の中で、大したことではないのに、怒りが込み上げる、反発してしまう、落ち込んでしまう、心配になる、というのは心に傷があるからかもしれません。心の傷は過去世を含むこれまでの経験の中で、できてしまったものです。そんな心に傷を持つ自分に気がつく、そんな自分を受け入れることが自分を癒すことにつながります。私たちは人との縁の中で、自分に気がつき、自分を癒し、自分を成長させることができるのです。ありがとうございます

  • 01Feb
    • 良い言葉の画像

      良い言葉

      こんにちはいつもありがとうございます昔、「そんなんじゃ、あなた薬剤師として、通用しないですよ」と言われたことがあります。ははぁ、何でこの人はこんなこと言うんだろうか〜??何かご迷惑をおかけしたのかな??と疑問に思っていました。しばらくして、自分に後輩ができた時、後輩薬剤師に、「そんなんじゃ、通用しないよ」と心の中で何度も言っている自分に気がつきました。以前、何で自分が「そんなんじゃ通用しない」と言われたかと言えば、自分も「そんなんじゃ通用しない」と誰かに対して思うからだったんだなぁ、、、と気がつきました。それからは相手を生かすような 相手を成長させるようなそんな言葉を選んで話そう、そう意識しました。この後輩薬剤師とのご縁は修行でしたが、本当に色々なことに気づかせてくれたありがたいご縁でもありました。いつもありがとうございます🙏

  • 31Jan
    • 徳の泉♪の画像

      徳の泉♪

      こんにちはいつもブログを読んで頂きましてありがとうございますイエスやお釈迦様、聖人と言われる方々は亡くなってからも、人々に尽くし続けている、と聞きました。また聖人の方々は「苦しい時こそ施しを」と言われるそうです。人生に苦しんでいる時、徳がなくなってしまっている状況ということがあり得るからです。人に親切にしたり、寄付をしたりして、徳を積むと、後々の自分を幸せにします。人生に苦しんでいる時は積んできた徳がなくなり、徳の泉が枯れてしまっている時かもしれません。ですから、苦しい時もそうですが、日頃から、徳の泉を満たすような心がけ、言葉がけ、行動などを意識したいものです。いつもありがとうございます

  • 28Jan
    • 絆♪の画像

      絆♪

      先日深川不動堂へ参拝させていただきました。お不動様へはこれまでもよく参拝させて頂いており、迷ったときや元気がない時など、どれだけ智慧と勇気をもらったか分かりません。神仏を敬う気持ち、感謝の気持ち、真心からの祈りは、ちゃんと結果として現れる、そのように思います。ただし、ここでいう結果が出るというのは、お願いごとを叶えてもらえたということではなく、神仏と自分は一体で、どんな時でもいつも守られている、良い道を選んでいけるそんな自信や気づきをもらえるということです。参拝をすればするほど、神仏との絆も深まっているように思います。コロナ禍の中で、人とのつながりが疎遠になることもあるかもしれませんが、神仏との絆は強く持っていたいものです。いつもありがとうございます。

  • 22Jan
    • 人に教える時は〜♪の画像

      人に教える時は〜♪

      こんにちは! いつもありがとうございます イエス キリストは人に何かを教える時、その人を裁くことはせず、その人が自ら気づけるように、話をしたそうです。私たち人間はみんな成長の途中です。大いなる存在からみたら、人間同士の差はほとんどないのかもしれません。人に教える立場になった時、自分も学ばせてもらう気持ちでいたいものです。また気づきがきっかけで運がものすごく良くなることもあります。人に教わる立場でも、人に教える立場でも、何かに気づこうとつねに思っておくことが大切です。いつもブログをお読みいただきありがとうございます

  • 20Jan
    • 我慢と忍耐の画像

      我慢と忍耐

      こんにちは!いつもありがとうございます。以前、一緒に働いていた人から連絡がありました。新しい職場に異動になり、上司がワンマンで仕事がやりづらく、耐えるしかないとありました。耐えるには、「我慢」と「忍耐」ということがあります。「我慢」は怒りや悔しさ、悲しみなどネガティブな感情を自分の中につめ込むことです。やがて、それは体の不調となります。「忍耐」とは、自分の中にネガティブな感情をつめ込まないように、耐えることです。☆逆境であっても、神仏から頂いた成長のチャンスと思い、自分を成長させていける方向へ考える。☆相手を理解しようと思いコミュニケーションをとる。☆相手にあるものは自分にもあるものだと思い、何に気づいたら良いかと考える。☆話し合っても分かり合えない相手ならば、相手の成長を祈る。☆相手についている、守護霊様やご先祖さまなどに心の中でご挨拶をする。相手や相手の守護霊様やご先祖様たちの幸せ、開運を祈る。そんなふうに自分の中にネガティブをため込まない、忍耐力を養いたいものです。いつもありがとうございます。