■イタリアン リストランテ・ホンダ 青山

  Ristorante HONDA

東京都港区北青山2-12-35 小島ビル1F

TEL 03-5414-3723

営業時間 Lunch 12:00~14:00(LO)

       Dinner 18:00~22:00(LO)

定休日 月曜日


ミシュラン1つ星星


お客様に本当においしいものだけを食べてほしいと

素材は全て厳選した食材を使うホンダシェフ


今日はどんな食材や御料理に出会えるかしら~音譜


割とシンプルな入口




知らないと、ふと通り過ぎてしまいそうな(ごめんなさい)


飾らない雰囲気。


ホンダさんの人柄を忍ばせます。



ディナーコースは通常


プリフィックスコース7,875円


シェフのおまかせコース10,500円がありますが


予約いただいたお連れのかたの御配慮で




Ristorante HONDA SPECIAL MENU
12,600 yen~ /税込,サービス料別

(2日前までにご予約ください、とのことです)


スペシャルメニューを頼んでくださっていますニコニコ


薔薇 心 蝶々

さてさてニコニコ



お店は結構、狭い(あ、ごめんなさい)こじんまりしてますね。



満席でこじんまりしてるだけに20時入店で



既にとても活気がありました。上げ上げ





御料理は決まっているので



あとはワインの御相談音譜ワイン



ってことで、イタリアワインはよくわからないのではてな5!



イタリア白はお料理に合わせて



多少、ボリューム感のある、少し個性的なものを



お勧めいただきました。オススメ*


BORGO DEL TIGLIO / COLLIO 2006



シャルドネ主体でマルヴァージ、ピノビアンコ、リースリング


とか色々混ざってるみたいです。


上品な樽香でミネラルもあり、シャルドネの安定感の中で


マルヴァージアのスイカや瓜のようなさわやかさ


フレッシュマスカットをかじった時のような、青々しさ、霧


種のような苦味、ミックスフルーツのような多面的な印象


なかなか楽しいワインです。白ガール



赤はお連れの方がピノが好きで~とお話ししましたら


ソムリエーヌさん「やっぱりネッビオーロがよろしいかと・・・


お肉も仔牛を使ったものなので、優しいほうがいいと思うんです」と


お勧めいただいたのが


BAROLO/ BARTOLO MASCARELLO 2000



最近、流行のバリック(小樽)を使わず、昔ながらの大樽を使う


生産者ということ



「少し生ハムを召し上がられますか?」と聞かれて


「お願いします」と運んでいただいたのは・・・




サンダニエーレ産生ハム いちぢく添え


サンダニエーレは、パルマに並ぶ産地ですが、
生産量としては多くはありません。
サンダニエーレ地方は、イタリア北東部に位置し、
アルプスの山々の雪に覆われた頂上から山肌を伝わって
降りてくる冷たい乾いた空気とアドリア海からの風
そのサンダニエーレ地方だけが持つ微気候が、
生ハムの繊細な風味を醸し出すそう。
また、製造工程の途中で水分を抜くためにプレスをするので、
パルマハムよりも平べったい形状をしています。
脂をより均等にするためと、塩分を平均に浸透させるためです。
食感としては穏やかな塩気が特徴です。

生っぽさは少なく、穏やかな塩気が特徴です。



アミューズ

ハンガリー産のフォアグラといちぢくのテリーヌ


ねっとりとしたこくのあるフォアグラ顔



ハンガリー産は初めて。




冷たい前菜
岡山産シャコと洋ナシとウイキョウのサラダ





いつもは愛知県産のシャコを使っているそうですが



今日は岡山県産だそうで、長い期間シャコを使った料理



をホンダシェフは作っているそう。


まだまだ涼しげな印象のお皿です。台風






暖かい前菜
穴子とマツタケをパイ生地にのせて バルサミコソース




暖かく柔らかい穴子うなぎに甘いたれがかかり、マツタケまつたけ の風味が





ふわっと鼻に抜けて、秋を思わせます。もみじ



バルサミコソースの酸味がほどよく飽きさせません。HAPPY




あとは~


パスタが2種類、お肉料理とデザートです~音譜


後編へ続く・・・好