中耳炎に抗生物質は効かないというニュース | ナチュロパスなみのHealthy Life
2017-07-06 10:48:45

中耳炎に抗生物質は効かないというニュース

テーマ:■ナチュロパシー(自然療法)

おはようございます♪ オーストラリアのメルボルン在住のナチュロパス(自然療法師)なみです。
 

先日Facebookでシェアしたのですが、『中耳炎に抗生物質は効きませんし、効くどころか副作用の方が心配なので、処方しないでくださいね』というニュース がオーストラリアで流れました。



子供達がよくかかる中耳炎。
耳が痛い痛いとなく子供を連れて、耳鼻科に駆け込んだお母さんも多いのではないでしょうか。

抗生物質がウィルス性の疾患には効かないという事はよく知られているところだと思いますが、残念ながら日本では未だに医師がウィルス性の風邪等に抗生物質を処方する事がよくあるようです。

中耳炎も他ならず、オーストラリアの医師会は、2歳から12歳までの子供達にとっては中耳炎に対する抗生物質は効かないだけでなく、下痢や、皮膚炎、耐性菌による副作用が起こる恐れがあるとしています。

よく中耳炎にかかる子供は乳製品アレルギーを持っている事が多いです。
かくいう私も小さい頃よく中耳炎にかかっていました。
実は大人になってからも、乳製品をやめるまでは、風邪を引くと中耳炎になるというパターンでした。

中耳炎になってしまったら?痛みが激しい場合、子供にとってはそれ自体がものすごいストレスになってしまって、寝れなくなってしまうことも。
そうしたら、免疫活性化のために必要な副交感神経のスイッチがオンにならないため、回復も遅れてしまいます。

我が家では(まず中耳炎になることがほとんどないのですが。。)、まずホメオパシーレメディーのファランフォス。
アコナイトや、ベラドナ、カモミラ等も症状によってはいいと思います。

それでも痛くて痛くて、、、という場合は、ハーブの鎮痛剤、、、でもダメな場合は、痛み止めをあげる事も視野に入れます。

だって、痛いのが自分だったらいいけど、子供だとかわいそうよね。
自然療法でどうしても!というのが自分のエゴにならないように、というのが私のモットーです。

その他にも、鼓膜に穴が開いていないようだったら、ガーリックオイルやマレインオイルを耳に垂らす事もお勧めです。

あとは、休養。ですよね。

素人判断は危険ですので、ちょっと様子がおかしいなと思ったら、すぐにかかりつけのお医者さんに連れて行くことも大切です。

フレキシブルに行くのが一番だと思います。

ナチュロパス なみさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]