株アカデミー公式》波乗り実践ブログ
【2016年・年間成績】-------------------------

・国際石油開発帝石(1605)
・元金   > 96万・単利運用
・獲得利益 > + 292,913円 (年 + 30.4%)

>元金96万でブログスタート
 2015年12月→200株・+21,339円
 2016年 1月→400株・+15,170円
 2016年 2月→400株・+43,730円
 2016年 3月→400株・+28,352円
>4月~原油価格暴落・元金73万からの再出発
 2016年 4月→300株・-124,766円(95万・-22万)
 2016年 5月→400株・+46,185円 (103万・-15万)
>6月~イギリス国民投票
 2016年 6月→500株・+17,165円 (104万・-6万)
 2016年 7月→500株・+37,852円 (108万・-3万)
 2016年 8月→500株・+27,819円 (111万・-5万)
 2016年 9月→400株・+53,984円 (115万・-6万)
>10月~米国大統領選挙。デイトレ1ポジ400へ>
 2016年10月→400株・+41,304円 (118万・-16万)
 2016年11月→400株・+84,779円 (126万・-40万)
 2017年01月→10分割にて手仕舞い
>OPEC減産による11月暴騰→リカバー完了しFXへ移行>


【2017年・年間成績】-------------------------

・FX(USD-JPY)
・元金   > 10万【ハイリスク/高速複利】
・獲得利益 > + 719,753円 (年+ 719%)

>元金10万でブログスタート
【02月】  元金10万 → +271,759円 (スキャル)

>クラス新設のため1月お休み
【04月】  元金10万 → + 39,788円
【05月】  元金16万 → + 81,259円
【06月】  元金25万 → + 74,841円
【07月】  元金32万 → + 135,930円
【08月】  元金50万 → + 201,211円
【09月】  元金70万 → +271,439円
>両建て解除事件...。単日-135万
【10月】  元金70万 → -831,613円
【11月】  元金70万→ +236,650円
【12月】  元金70万→ +238,489円

【2018年・年間成績】-------------------------


・FX(USD-JPY)
・元金   > 80万【ミドルリスク/手抜き運用】
・獲得利益 > 4,311,878円(年+ 538 %)
・最終含み損> -1,763,819円(資金に対し-40%)
・最終利益 > 2,548,059円(年+ 318 % にて手仕舞い)

>新年80万でブログ継続中(ずっとスイング)
【01月】  元金80万→ +310,225円
【02月】   元金100万→ +484,757円
【03月】   元金100万→ +489,334円
【04月】   元金100万→ +213,439円
【05月】   元金100万→+259,887円
【06月】   元金100万→+200,416円
【07月】   元金100万→+595,390円
 07/20 >利益自慢終了。
【08月】   元金180万→バカンスでお休み
【07月】   元金180万→+845,556円
【10月】  元金180万→+912,874円で含み損を相殺
 10/05 >単月最高益を記録2月分の利益で含み損-176万を消す。
2018年取引終了~


-----------------------------------------
  • 04Dec
  • 01Dec
  • 05Oct
    • 株アカデミー〉 年末調整のためロスカット手仕舞い

      ※10/5 投稿されてなかったものを載せました10月分の月の利益91万を現在抱えている含み損にぶつけて相殺ロスカット勿体無いとか言わない。手仕舞い必須!2018年最終成績〉プラス2,548,059円こう見ると取引のボーナスポイントだけで102万も増えました。XMさんにそれ以上のスプレッドが手数料として渡っているのでwin-win含み損だけ残して利益とっても税金で大量に持っていかれるので常勝トレーダーになったら節税しっかり考えましょう。

      6
      1
      テーマ:
  • 28Sep
    • 株アカデミー》9月の利益 高値更新こそ買い増し

      昨晩のドル円高値ブレイクアウトに合わせて買い増しの玉が走り、単日最高益。本日の利益》月収100万で超えても意外に実感がわかないものだなと感じました。年間利益が330万を超えると税率30パーかつ損益通算ができないため、今後の元金拡大と出金リスクを考えて一度国内口座に戻ります。今月の利益》

      12
      テーマ:
  • 07Sep
    • 株アカデミー》北海道地震。実家の現状が…。

      先日の北海道地震。震度7の記録的な揺れだったそうですが、日経平均やドル円にはそれほど大きな影響もなく。実家は停電の影響はあるものの無事でした。穏やかな値動きのドル円。東日本の時はこんなじゃなかったぞ。こういう緩やかなときは無理にポジション取らずに決済中心に動き、チャンスに備えていればいいわけでして。地震来る前に缶詰美味しいからって食べてたら非常食にならないでしょ!トレードも薄利で決済してたら利益残らないでしょ!ってことっす。しっかり待っていれば利益は出るわけでこうやって毎日コツコツやって行けばいいだけです。どんな動きが来ようが毎回やること変わらないので人生の楽しさは別のところへ求めましょう。株が楽しいとか言ってる人に限って勝ててないケース多いです。師匠見ても、勝ってるトレーダーは自分以外に利益使う余裕が出て来るんでしょうね。早速取った利益でムチュコさんの誕生日の準備だ!昨年、息子の誕生日に誤作動で-135万。何の試練だとは思いましたが、取り返してるので今はいい思い出〜

      12
      テーマ:
  • 20Jul
    • 株アカデミー》技術を教えるということ

      株アカデミーで講師させて頂いて早、3年6ヶ月。【2017年2月:初期元金10万でスタート】【2018年7月:18カ月で330万へ】前職を病気で退職したり暴落で資金半分飛ばしたり、この投資手法に出会うまでは色々ありました。結局、最後までやりきったら病気も暴落でやられた心もいい思い出になるわけで。ただ、最近は実際にトレードすることと教えることの違いが見えるようになって、ただ知りたいという欲求をかなえてあげるためだけに他の人が扱えない技術を見せることは教育なんかじゃないと考えるようになりました。お客さんに結果残しているよ!と信頼の証として見せるべきものが、手法をしっかり勉強しないまま取り引きを始めてしまう引き金になっていると感じたため少し取引を控えたいと思います~。今後は違った形でブログを継続していこうかと思います~。

      19
      テーマ:
  • 30Jun
    • 株アカデミー〉気温の上昇とともに6月の利益も!?

      気温が30℃を超えたからと言って月利が30パーにはなりません。今月も。。。プラス200,416円でした。相変わらず毎月20パーしか取らないトレードもどうなんでしょうか。巷では億越えだどうだ!というトレーダーさんがたくさんいますが、みんなキャラ出しても取引履歴出してないのはどうなんすかね?夏だから肌も履歴も露出頻度が増えるはず。信じるか信じないかはあなた次第です!【2017年・年間成績】-------------------------・FX(USD-JPY)・元金   > 10万【ハイリスク/高速複利】・獲得利益 > + 719,753円 (年+ 719%)>元金10万でブログスタート【02月】  元金10万 → +271,759円 (スキャル)>クラス新設のため1月お休み【04月】  元金10万 → + 39,788円【05月】  元金16万 → + 81,259円【06月】  元金25万 → + 74,841円【07月】  元金32万 → + 135,930円【08月】  元金50万 → + 201,211円【09月】  元金70万 → +271,439円>両建て解除事件...。単日-135万【10月】  元金70万 → -831,613円【11月】  元金70万→ +236,650円【12月】  元金70万→ +238,489円【2018年・年間成績】-------------------------・FX(USD-JPY)・元金   > 80万【ミドルリスク/手抜き運用】・獲得利益 > 1,958,058円(暫定・年+ 245%)>新年80万でブログ継続中【01月】  元金80万→ +310,225円【02月】   元金100万→ +484,757円【03月】   元金100万→ +489,334円【04月】   元金100万→ +213,439円【05月】   元金100万→+259,887円【06月】   元金100万→+200,416円【07月】   元金100万→ 進行中~  》  今月も手抜きで 宣言通りノルマ+20%達成 毎回同じような結果の自慢も飽きてきたので    そろそろ投資相談ブログに変更してもよさそうな...。    -----------------------------------------

      7
      テーマ:
  • 28Jun
    • 株アカデミー〉映画をタダで観れる特典

      運営事務局の仕事が終わり、早速月一の楽しみ映画を観に行くぞ〜IMAXで迫力のサウンド!今回初めてTOHOシネマズ日比谷へ赴きました。ミニオンかわいい!!ストームトルーパーのレプリカ!?これを被れば相場の先が見通せる。ってことはほぼないので神頼みせずにしっかり資金管理しましょう。本日の利益〉14,495円残念ながらストームトルーパー買える金額にはなりませんでしたが、じっくり焦らずいきます。

      6
      テーマ:
  • 22Jun
    • 株アカデミー〉小動きのため動き出るまで見送り

      みんな様子見ムードで北朝鮮とかトランプとかどうでも良くなってきてテキトーに市場が売買し始めるんですよ。そして三角保ち合い。小動きすぎて小銭回収しかやることないので、経済指標とかほぼほぼ気にせず利益取りまっくてればイインデス。今週の利益19。8万あるわけですし〉そして暇な時間に買い物してりゃいいんです。カランダッシュ 849限定カラー集めとか〉※ペンは持ちすぎだけれども。ムチュコの誕生日プレゼント探したりとか〉※3ヶ月先だけども。株トレ君NEOで遊んだりとか〉※NEOはnaminori-education-organizer 極秘のはずだけれども。ん。やることないからやりたい放題するんですけども!

      5
      テーマ:
  • 12Jun
    • 株アカデミー〉米朝首脳会談の行方

      米朝首脳会談共同声明15:30発表「北朝鮮、完全な非核化へ向けた努力を約束」「米朝は共同声明を迅速に履行へ」---------------安心感が出てややドル買いへ傾き110円台を回復。で、朝から動きが出ているので積極決済し、小動き拾いまくる!動きが出ると帰ってこないはずが今年は思惑で行ったり来たりのボックス相場今のうちに小銭拾っておこう。もうすでに小銭と呼べる金額ではないが…。

      9
      テーマ:
  • 11Jun
    • 株アカデミー〉FOMCを前に

      FOMCを前にやることがない。ドル円は小動きすぎてほぼスルーそんな時はこれまでの利益を使って、好きなことしてればいいんです。そうこのピカピカで買い物してたらポイント貯まったので大量購入する!ポイントだけでこれが本当の含み益【液】(๑・̑◡・̑๑)

      4
      テーマ:
  • 10Jun
    • 株アカデミー〉ドル円週間展望 2018.06.10

      久しぶりにブログ更新!動き出そうなドル円の週間展望はいかに◆ドル円は伸び悩むか、FOMCの追加利上げは織り込み済みで年内利上げ回数に注目◆米朝首脳会談と日米通商協議も要注意◆ユーロは伸び悩むか、ECB理事会での資産購入プログラム終了時期が焦点6月11日週の展望〉 ドル円は伸び悩む展開か。12日の米朝首脳会談は北朝鮮を巡る地政学リスクの後退により円安材料となっている。しかし、トランプ大統領は「北朝鮮が核プログラムを放棄しなければ合意はない」と述べており、予断を許さない状況が続く。米国による制裁解除と北朝鮮の非核化に向けた妥協点を模索する中長期的な話し合いの始まりとなることで地政学リスクが後退し、円が売られるというのが楽観的なシナリオ。米国のリビア方式(非核化が先、見返りは後)と北朝鮮の段階的な非核化というかい離により会談が決裂し、地政学リスクが高まって円が買われるというのが悲観的なシナリオである。 第3回米中通商協議も合意には至らず、トランプ政権は欧州連合(EU)、メキシコ、カナダに対する鉄鋼・アルミニウム輸入関税の発動を決定した。今月予定されているライトハイザー米通商代表部代表と茂木経済財政相による日米通商協議では、自動車輸入関税の導入も示唆されている。日米貿易不均衡是正圧力、すなわち円高圧力が高まる可能性がある。 米連邦公開市場委員会(FOMC)では、フェデラル・ファンド(FF)金利の1.75-2.00%への引き上げが予想されており、注目ポイントは年内の利上げ回数となる。米連邦準備理事会(FRB)の中立金利水準に接近していること、対称的(symmetric)インフレ目標への言及により、年内1回(今年3回)ならばドル売り材料、年内2回(今年4回)ならばドル買い材料となる。 ユーロドルは伸び悩むか。14日の欧州中央銀行(ECB)理事会で資産購入プログラムの年内終了が議論されると目されており、ユーロ買い要因となっている。しかし、ドラギECB総裁の母国イタリアで、ユーロ懐疑派のコンテ首相が急進的な政策を実施すると表明したことから、資産購入プログラムの終了時期がオープンとされる可能性もある。イタリアの連立政権が公約通りの財政支出を実施した場合、欧州連合(EU)の財政均衡化ルールに違反することになり、EUとイタリアとの対立が激化する。そうなればユーロ売りは避けられない。五つ星運動党首のディマイオ副首相兼経済発展・労働相は、財政支出に関してEUと再交渉を開始すると述べており、財政規律を巡る交渉が注目される。ユーロ円は、朝鮮半島を巡る地政学リスクの後退は買い要因だが、米国を軸とする欧州、日本との通商摩擦への警戒感が上値を抑える展開か。6月4日週の回顧〉 南欧の政治リスクが後退し、米朝首脳会談に向けて北朝鮮を巡る地政学リスクが後退し、米国の良好な景況感を背景に10年米国債利回りは2.99%まで上昇した。ドル円は109.83円から110.27円まで上昇した。ユーロドルは、コンテ首相がイタリア議会で信任を受けて連立政権が樹立され、次期ECB総裁候補のワイトマン独連銀総裁やプラートECB理事が14日のECB理事会で資産購入プログラムの年内終了が議論されると述べたことで、1.1653ドルから1.1840ドルまで上昇した。ユーロ円も、127.56円から130.28円まで上昇した。----------------------FOMC過ぎるまではのんびり趣味に時間使いましょう。最近サポートチームで流行っている【荒野行動】スキャルで培った反射神経を生かし打ちまくる!何事も繰り返して上達する。

      1
      テーマ:
  • 31May
    • 株アカデミー〉ドル円小動きなので久しぶりスキャル

      本日は保険を担当してくださっているライフプランナーの方と久しぶりぶりにお食事させていただきました。メインのハラミも良かったですが極め付けは海老!この肉厚感がたまらん。ガブリとほおばり、熱々の喉へ流し込むジントニック。キター♪o(*゚▽゚*)o)))ってやってる片手間でのスキャルでスッパ抜く。本日の利益〉50,814円お食事中でも指値で勝手に利益確定。波乗りセミオート

      7
      テーマ:
  • 26May
    • 株アカデミー〉5月今月の取引結果は。

      4月末107。800の節目でゴールデンクロスし続伸を続けたドル円、またも米朝による地政学リスクでだだ下がり107。800→ 111。300→ 109。000半値までイッキに戻しました。今月の利益〉+259,887円【2017年・年間成績】-------------------------・FX(USD-JPY)・元金   > 10万【ハイリスク/複利運用】・獲得利益 > + 719,753円 (年+ 719%)>元金10万でブログスタート【02月】  元金10万 → +271,759円>FXクラス新設のため手仕舞い【04月】  元金10万 → + 39,788円【05月】  元金16万 → + 81,259円【06月】  元金25万 → + 74,841円【07月】  元金32万 → + 135,930円【08月】  元金50万 → + 201,211円【09月】  元金70万 → +271,439円>両建て解除事件...。【10月】  元金70万 → -831,613円【11月】  元金70万→ +236,650円【12月】  元金70万→ +238,489円【2018年・年間成績】-------------------------・FX(USD-JPY)・元金   > 80万【ミドルリスク/四半期複利】・獲得利益 > +1,757,642円(暫定・年+ 219%)>新年80万でブログ継続中【01月】  元金80万→ +310,225円【02月】   元金100万→ +484,757円【03月】   元金100万→ +489,334円【04月】   元金100万→ +213,439円【05月】   元金100万→+259,887円【06月】   元金100万→進行中~  》  今月も手抜きで 宣言通りノルマ+20%達成    海外口座は330万~695万までは税率30%なので    300万超えないように利益調整していきます。-----------------------------------------------

      10
      テーマ:
  • 10May
    • 株アカデミー》ドル円6月利上げとその行方

      FOMCでも示されたFRBの緩やかな利上げペースを確認する中、6月の利上げ観測は根強いものの、「年3回」の利上げペースを「年4回」に引き上げざるを得ないほどの強い経済指標が今後見られるか、今週発表の米4月消費者物価指数をはじめ、今後の個人消費や小売売上高、さらに雇用関連指標にも注目する必要がありそうです。米中貿易問題や、鉄鋼やアルミの輸入制限、原油高による原材料価格の上昇が企業収益を圧迫する懸念もあるだけに、賃金上昇への足かせになる可能性に注意が必要かもしれません。さらに、先週のFOMC声明と合わせて利上げを急がない方針が示されたことで、適温経済の現状を確認したことが先週末のNY株式市場の上昇につながっているものの、米中貿易問題やイランの核に対する核合意を巡るトランプ政権の動きを見るまでは不透明感も払拭できないだけに、しばらくは神経質な値動きが続くかもしれません。◇5/3のFOMC声明文・「12ヵ月ベースのインフレは依然、2%を下回っている」⇒「2%目標に近づいた」・「企業の投資は緩やか」⇒「強く拡大した」 へそれぞれ3月FOMCから上方修正・「インフレが中期目標の対称的目標に近づいた」との文言を加え、2%超のインフレも容認・「経済は一段の緩やかな利上げを正当化」「投資は強く拡大」・「市場ベースのインフレは依然低い」「調査ベースのインフレ指標はほぼ変わらず」・消費は強かった昨年第4四半期から「引き続き和らいでいる」との文言維持・「金融政策は依然緩和的」ドル円は5/2のFOMC声明発表を前に、思惑から110円04銭まで上昇したものの、その後は雇用統計に向けてドル高ポジションの調整も見られ、108円台後半まで反落しました。雇用統計発表直後に108円65銭まで反落、その後の反発も109円27銭に留まるなど、上値の重い展開となっています。雇用統計ではFRBの利上げを急がない姿勢を支援する内容となったことがドル円反発の足かせとなっています。また、EU離脱を巡り厳しい対応を迫られている英国メイ政権の動向への懸念を背景にしたポンド安、さらにユーロ圏やドイツの経済指標に減速懸念が台頭するECBでは、債券買入れ終了時期の判断が7月に先送りされるとの懸念がユーロ安につながっており、ドル高基調ながらクロス円の軟調がドル円反発の足かせとなっています。5/2、5/10の110円台回復が一過性に終わってしまうのか注目が集まっていた中、昨日の米消費者物価指数が市場コンセンサスより悪い結果だったことを受け、ドル円は2度目の110。000から109。300まで反落。材料待ちの持ち合いが続きそうです。息子と外食中に相場が反発も相場無視で。ここで買えたらとか結果ありきで話をするとキリがなくメンタル持たなくなるので投資脳をするべきだと思う。100点狙って一喜一憂しているうちはハズレ引いて退場しますから気をつけましょう。

      17
      テーマ:
  • 30Apr
    • 株アカデミー》4月。今月の飲み代は

      今日はドル円上げどまったのでいったん増し玉の買いを決済して下がってきたら買い戻し戦略。本日の利益》 プラス41,704円その後上げなら3円以上離れた105円台の売りを小分けにして部分相殺。1円以上動き出るまで待ちます。今月の利益》 プラス213,439円今月は相殺中心に動きつつノルマはクリアしてますが過去最低の金額。ただ、トレード以外でマネージャー研修があったり、色々得られるものが多かったので、トータル人生にはプラスでした。このまま月利20パーでコンスタントに行きます。勝負はしません。小銭拾うだけ【2017年・年間成績】-------------------------・FX(USD-JPY)・元金   > 10万【ハイリスク/複利運用】・獲得利益 > + 719,753円 (年+ 719%)>元金10万でブログスタート【02月】  元金10万 → +271,759円>FXクラス新設のため手仕舞い【04月】  元金10万 → + 39,788円【05月】  元金16万 → + 81,259円【06月】  元金25万 → + 74,841円【07月】  元金32万 → + 135,930円【08月】  元金50万 → + 201,211円【09月】  元金70万 → +271,439円>両建て解除事件...。【10月】  元金70万 → -831,613円【11月】  元金70万→ +236,650円【12月】  元金70万→ +238,489円【2018年・年間成績】-------------------------・FX(USD-JPY)・元金   > 80万【ミドルリスク/四半期複利】・獲得利益 > +1,497,755円(暫定・年+ 187%)>新年80万でブログ継続中【01月】  元金80万→ +310,225円【02月】   元金100万→ +484,757円【03月】   元金100万→ +489,334円【04月】   元金100万→ +213,439円【05月】   元金100万→進行中~  》  今月も手抜きで 宣言通りノルマ+20%達成-----------------------------------------------

      18
      テーマ:
    • 株アカデミー》ドル円週間展望

      ゴールデンウィークだろうが関係無しに世界の市場は動きます。が、日本人に生まれたからにはその文化を楽しまないと!お金増やしても回せない人のところには留まってはくれないものなので。早速今宵も一杯。片手間にブログ。-----------◆ドル円は伸び悩む展開か、FOMCや米経済指標、日米・米中両通商協議を警戒◆朝鮮半島情勢やシリア情勢を巡る地政学リスクも要注目◆ユーロは軟調推移か、インフレ鈍化でECBのフォワードガイダンス変更は先送りか4月30日週の展望》ドル円は伸び悩む展開か。ドル円は米10年債利回りが3.0%台へ上昇したことで109円台まで上昇したものの、日米通商協議での日米貿易不均衡是正圧力への警戒感や安倍政権の弱体化などから伸び悩む展開を予想する。東京市場がゴールデン・ウィークで閑散取引となる中、30日の米3月のインフレ指標、5月1-2日の米連邦公開市場委員会(FOMC)、3日の米3月貿易収支、4日の米4月雇用統計を見極めていく展開となる。米連邦準備理事会(FRB)がインフレ指標として注視している米3月のPCEデフレーターは2月の前年比+1.8%からの上昇が見込まれている。FOMCでは、政策金利誘導目標(1.50-75%)の据え置きが予想されている。3月の貿易赤字は560億ドルと予想されており2月の576億ドルからの縮小が見込まれているが、注目ポイントは、通商協議が行われている中国と日本に対する貿易赤字。4月の失業率は4.0%と予想されており3月の4.1%からの低下が見込まれている。非農業部門雇用者数は前月比18.5万人の増加で、3月の前月比10.3万人の増加から改善する見通しとなっている。トランプ政権は11月の中間選挙に向けて貿易赤字削減を目指しており、中国製品に対して1500億ドル規模の輸入関税を課す方針を明らかにしている。ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表、クドロー国家経済会議委員長、ムニューシン米財務長官が訪中して協議する予定となっている。ライトハイザーUSTR代表と茂木経済財政相による日米通商協議は6月に開催される。為替報告書では、日本と中国を監視対象国リストに置いたままで、中国に対しては中国人民元への懸念を示し、日本に対しては「実質実効レート」と「名目レート」でも円安と批判していることで、予断を許さない状況が続く。テクニカル分析での上値目処は109.95円、日銀短観3月調査の2018年度の想定為替レートは109.66円となっている。ユーロドルは軟調推移か。ユーロ圏のインフレ鈍化を受けて、フォワードガイダンスの変更が7月の欧州中央銀行(ECB)理事会まで先送りされる可能性が高まっている。ロシア二重スパイ襲撃事件やシリア情勢を巡る欧露間の関係悪化への警戒感、イタリアで同盟と五つ星運動による反欧州連合(EU)政権が樹立される可能性などもユーロの上値を抑える要因となる。ユーロ円は、朝鮮半島情勢を巡る地政学リスク後退で堅調推移だが、イタリアの政局混迷、欧露関係悪化懸念で上値は限定的か。4月23日週の回顧》南北首脳会談に向けて朝鮮半島の地政学リスクが後退し、米10年債利回りが3.0%台に乗せ、本邦機関投資家の新年度入りの新規外債投資や武田薬品による巨額買収案件などで、ドル円は107.63円から109.47円まで上昇した。ユーロドルは、ユーロ圏のインフレが鈍化し、ECB理事会でのフォワードガイダンスの変更が7月まで先延ばしされる可能性が高まったことで、1.2293ドルから1.2160ドルまで下落。ユーロ円は、朝鮮半島の地政学リスク後退で132.11円から133.49円まで上昇した。参考 SBIニュースより-----------今日は息子様にポジションバランスの授業。同値で2ポジはダメ。

      1
      テーマ:
  • 23Apr
    • 株アカデミー》ドル円週間展望4/23

      おはようございます。今週から1週間強化合宿にてトレードは小休止今週の為替は…◆ドル円は伸び悩む展開か、日米・米中両通商協議の行方に警戒◆南北首脳会談を受けた朝鮮半島情勢やシリア情勢を巡る地政学リスクも要注目◆ユーロは伸び悩む展開か、インフレ率鈍化や欧露関係緊迫化で-----------4月23日週の展望》 ドル円は伸び悩む展開か。トランプ政権は、11月の中間選挙に向けて貿易赤字削減を目指しており、米中通商協議では1500億ドル規模の輸入関税の発動を示唆している。日米通商協議では、米国の環太平洋経済連携協定(TPP)復帰ではなく、2国間交渉で日米自由貿易協定(FTA)の締結を目論んでいる。米財務省が公表した米為替報告書では、日本と中国を監視対象国リストに置いたままで、中国に対しては中国人民元への懸念を示し、日本に対しては従来の「実質実効レート」だけでなく「名目レート」でも円安との見方を示している。ドル買い材料としては、朝鮮半島情勢を巡る地政学リスクの緩和が挙げられる。次期国務長官に指名されているポンペオ中央情報局(CIA)長官が金朝鮮労働党委員長と会談し、27日の南北首脳会談では朝鮮戦争の「休戦」ではなく「終戦」が議論される見込みとなっている。 しかし、米国を軸にした貿易摩擦問題への警戒感が払しょくされないこと、ロシアの二重スパイ襲撃事件やシリア情勢を巡り欧米とロシアの関係が悪化していること、朝鮮半島情勢も予断を許さない状況が続いていることで、リスク回避の円買い圧力は残されている。 日銀短観3月調査の2018年度の想定為替レート109.66円だったことで、ドル円が109.66円を下回っている限り、本邦輸出企業からのドル売り圧力が強まるか。 ユーロドルは伸び悩む展開か。ユーロ圏の景況感改善を背景に欧州中央銀行(ECB)の金融政策正常化の前倒し観測や、フォワードガイダンスのタカ派変更観測が高まっている。イランが取引通貨をドルからユーロに切り替えるとの見方も買い材料となる。しかし、ユーロ圏のインフレ率は鈍化したままであり、ロシア二重スパイ襲撃事件やシリアを巡る欧露間の関係悪化への警戒感、イタリアで同盟と五つ星運動による反欧州連合(EU)政権が樹立される可能性などがユーロの上値を抑える要因となる。 ユーロ円は、朝鮮半島情勢を巡る地政学リスク後退で堅調な推移だが、貿易戦争への警戒感、イタリアの政局混迷、欧露関係悪化懸念で上値は限定的か。4月16日週の回顧》 日米首脳会談では、トランプ大統領は「TPPへの復帰は望んでおらず、日本との二国間協議が望ましい」「日本と合意するなら鉄鋼輸入制限の除外を検討」「自動車市場の開放を要求」と硬軟織り交ぜた態度を示したが、円安には言及しなかった。また、次期国務長官に指名されているポンペオCIA長官が金朝鮮労働党委員長と会談したとの報道も、朝鮮半島を巡る地政学リスクを後退させた。ドル円は106.88円から107.73円まで上昇した。ユーロドルは、ECBによる年内の金融政策正常化観測や来月のECB理事会でのフォワードガイダンスのタカ派変更観測などで、1.2332ドルから1.2414ドルまで上昇した。ユーロ円も、ECB理事会でのタカ派変更観測や朝鮮半島を巡る地政学リスク後退などで、132.11円から133.09円まで上昇した。SBIニュースより-----------ドル円は節目の107。800を超えてきたら若干上わばなれしそうです。超えたら様子見の買い。ただし両材料ではなく利益確定ポジション調整による自立反発ジリ上げのようで勢いが落ち着いていますね。

      17
      テーマ:
  • 15Apr
    • 株アカデミー》ドル円週間展望

      おはようございます。実家に帰省中に放たれるシリアへのミサイル!!米英仏同盟での行動にロシアがどう出るか注目です。◆ドル円は伸び悩む展開か、日米首脳会談と米中通商協議の行方に警戒◆シリア情勢を巡る地政学リスク、米為替報告書、G7会議にも要注目◆ユーロは伸び悩む展開か、欧露関係緊迫化・イタリアでの反EU政権樹立懸念で-----------4月16日週の展望》 ドル円は伸び悩む展開か。米中貿易戦争への警戒感が再燃していることに加え、シリア情勢を巡り米国とロシアの関係が緊迫化していることが重しになると思われる。ドル買い材料は、朝鮮半島情勢にまつわる地政学リスクの緩和である。3月に中朝首脳会談が実現したあとは、南北首脳会談、米朝首脳会談、日朝首脳会談が立て続けに行われるとの見通しが出ている。本邦機関投資家による新年度入りの外債投資も買い要因となる。 しかし、通商交渉が難航していることで、米中貿易摩擦問題がくすぶり続ける可能性が残されている。シリア情勢では、米国はミサイル攻撃を警告しているが、ロシアは迎撃するとしている。ロシア、シリア、イランと米国、イスラエル、サウジアラビアの対立構図が緊迫化しており、リスク回避の円買い圧力を高めつつある。 18-19日の日米首脳会談では貿易問題が協議されるが、トランプ大統領が日本を輸入関税賦課の対象国に入れていることで貿易不均衡是正圧力をかける可能性が高く、ドル円の上値を抑える要因となる。さらに、15日前後に米財務省が公表する為替報告書では、日本が依然として監視対象国リストに入れられたままで、これまで同様に「円の実質実効レートは過去20年間の平均に比べ20%割安となっている」という円安けん制の文言が残される可能性が高い。リスクシナリオは、トランプ政権が11月の米国議会中間選挙に向けて、日本や中国を「監視対象国」から「為替操作国」として通商摩擦を仕掛けることになる。 日銀短観3月調査の2018年度の想定為替レート109.66円だったことで、ドル円が109.66円を下回っている限り、本邦輸出企業からのドル売り圧力が強まるか。 ユーロドルは伸び悩む展開か。ユーロ圏の景況感改善を背景に欧州中央銀行(ECB)の金融政策正常化の前倒し観測が高まっていることは買い材料だが、欧露間の関係悪化への警戒感やイタリアで同盟と五つ星運動による反欧州連合(EU)政権が樹立される可能性などがユーロの上値を抑える要因となる。速報値で鈍化した3月のユーロ圏消費者物価指数確報値も要注目。ユーロ円は、朝鮮半島情勢を巡る地政学リスク後退で下げ渋るも、イタリアの政局混迷、欧露関係悪化懸念で上値は限定的か。4月9日週の回顧 トランプ大統領が対中追加関税を示唆したものの、中国の習近平国家主席が年内の自動車関税の引き下げを表明したことで米中貿易戦争への警戒感が後退し、ドル円は106.62円から107.72円まで上昇した。しかし、中国商務省が対米通商摩擦で強硬な姿勢を示し、トランプ大統領がシリアへの空爆の可能性を警告したことで、上値は限定的だった。ユーロドルは、ドラギECB総裁やノボトニー・オーストリア中銀総裁のタカ派発言を受けて、1.2261ドルから1.2396ドルまで上昇した。ユーロ円は、ECB高官のタカ派発言、朝鮮半島の地政学リスク緩和などで、131.11円から132.90円まで上昇した。》SBIニュースより-----------

      13
      テーマ:
  • 09Apr
    • 株アカデミー》為替ドル円 週間展望4/9

      おはようございます。チェックポイント》①ドル円は下げ渋る展開か、米中貿易戦争懸念の後退と朝鮮半島の地政学リスク緩和で②米朝首脳会談・米中通商交渉の決裂懸念でドル円の上値は限定的か③ユーロは軟調推移か、欧露関係緊迫化・イタリアでの反EU政権樹立懸念でつまりは全部円高要因ってことですが上値余地も多いので反発後の戻り高値を売り戦略で行きます-----------4月9日週の展望 ドル円は下げ渋る展開か。朝鮮半島の地政学リスクが緩和し、米中貿易戦争への警戒感が後退していることで、下げ渋る展開が予想される。朝鮮半島情勢では、3月に中朝首脳会談が行われた後、今後は4月に南北首脳会談、5月に米朝首脳会談、6月に日朝首脳会談が行われるとみられており、地政学リスクが緩和しつつある。米中貿易摩擦問題では、米中両国がそれぞれ約500億ドルの輸入関税の発動を公表し、トランプ米大統領は1000億ドルの追加関税を示唆しているが、通商交渉に向けた戦術であり、最終的には回避できるのではないかとの楽観的な見方が強まりつつある。しかしながら、リスクシナリオとして、米朝首脳会談の決裂、米中通商交渉の決裂がありうることから、ドル円の上値は限定的か。 トランプ大統領は、日本に対しては、輸入関税賦課の対象国に入れており貿易不均衡是正圧力をかけ続ける可能性が高い。18日の日米首脳会談では貿易問題が協議されることで、ドル円の上値を抑える要因となる。 11日に発表される3月の米消費者物価指数の予想は前年比+2.3%(2月+2.2%)、コア消費者物価指数は前年比+2.0%(2月+1.8%)となっている。予想通りインフレ率が上昇した場合、今年の米連邦公開市場委員会(FOMC)での利上げ回数が増えるとの憶測が高まると思われる。 13日に発表される中国の3月貿易収支で対米貿易黒字が拡大していた場合、米中貿易戦争への警戒感が強まるか。15日前後に発表される米財務省による為替報告書で、中国や日本が監視対象国から為替操作国に認定される可能性が高まることになる。 日銀短観3月調査の2018年度の想定為替レート109.66円だったことで、ドル円が109.66円を下回っている限り、本邦輸出企業からのドル売り圧力が強まるか。 ユーロドルは軟調推移か。欧露間の関係悪化への警戒感や、イタリアで同盟と五つ星運動による反欧州連合(EU)政権が樹立される可能性などがユーロの上値を抑える要因となる。ユーロ円は、朝鮮半島情勢の地政学リスク後退で下げ渋る展開だが、イタリアの政局混迷、欧露関係悪化懸念で上値は限定的か。4月2日週の回顧 米国が約500億ドルの対中輸入関税を発表し、中国も約500億ドルの対米報復関税を発表したことで米中貿易戦争への警戒感が高まったものの、ホワイトハウス高官が「トランプ政権はこれ以上の対中通商措置は予定していない」と述べたことで、貿易戦争への警戒感が後退した。ドル円は105.66円から107.49円まで上昇した。ユーロドルは、ユーロ圏の3月のコア消費者物価指数が前年比+1.0%と2月と同じ水準に留まったことや欧露間の対立緊迫化を受けて、1.2345ドルから1.2215ドルまで下落した。ユーロ円は、朝鮮半島を巡る地政学リスクの緩和や米中貿易戦争への警戒感が後退したことで、129.98円から131.62円まで上昇した。【SBIニュースより】-----------東京インテリアでダイニングテーブル物色中にオシャンティーな金属脚発見!物欲は封印したはずなのに、欲しー!(((o(*゚▽゚*)o)))トレードではコイツが出てきたらルール違反するので封印しましょう!なんか買いたいなと思った日はトレード見送り。

      16
      テーマ:

プロフィール

naminori-jony

性別:
男性
自己紹介:
株アカデミー公式 講師トレーダー”S” 元スクール生、過去トレ1000年の怪物! 【好きな投資手法...

続きを見る >

フォロー

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス