さくらと小雪の韓国食べ歩き | [漫画ブログ] 夜明けのタクシードライバー

テーマ:

 

 

 

はじめましてニコニコラブラブ

 

 

 

並木道夫の長女の さくら桜 です。

いつも、父のブログを読んでいただきありがとうございます。

 

(並木道夫さん、今ちょっとブログお休み中です)

 

 

 

父のブログには妹の 小雪 とともに、時々登場したこともあったのでご存知の方もいらっしゃるかもしれませんおねがい

 

 

 

今回は、番外編としてわたしが記事を書いてみようと思います。

 

 

父のブログとはちょっと趣が違いますがよろしくお願いします照れ

 

 

 

 

 

 

ちょっと前になりますが先月、妹の小雪と 韓国 韓国 へ旅行へ行ってきました。

その時の様子です。

 

どうぞご覧ください。

 

 

 

 

左が妹の小雪、右がわたし(さくら)です。

(わたしの方が少し背が高いんですけど雰囲気が似ているとよく言われます

 

 

 

せっかくなので、記念にチマチョゴリを着てみましたキラキラ

 

 

景福宮の辺りを散歩していると...色んな国の人が寄ってきて 

 

『Can I take a picture?』 

 

と声をかけられますガーンカメラ

 

 

これを着ているだけで、とてもグローバルな写真が撮れます。

 

 

 

 

 

今回の旅の目的は、美味しいものをたくさん食べることニヤリキラキラ

 

旅行前から2人で、行きたいお店をピックアップしたり、ルートを考えたり、作戦会議を重ねました。

 

 

 

 

まずはサムゲタンの名店 土俗村から。

 

 

ちょうどランチ時だったこともあり、お店の前は長蛇の列でした。

 

人気店であることがうかがえ、期待大で入店ですニコニコ

 

 

 

鶏が丸ごと一羽びっくり

お肉はほろほろで、スプーンで崩せるほど柔らかいです。

 

 

中にはもち米や、高麗人参などの薬膳が入っています。

体に良いものを食べた感じがして、ヘルシーな気分ラブ

 

 

 

 

韓国に来たらとりあえずこれは食べておかないと、ということで

定番のチーズタッカルビハッ

 

 

だんだんと周りのチーズが溶けてくるので、それを鶏肉や野菜と絡めて食べます。

 

 

小雪は、 『この辛さが限界!』 と言っていましたが、辛党のわたしには物足りず。

(ちなみに、激辛ラーメンで有名な 中〇 の北極2倍も余裕なくらい、辛い物好きですドクロ

 

 

 

 

こちらも有名店。

 

明洞餃子のカルグクスとマンドゥ。

 

 

カルグクスは韓国版のうどんという感じで、うどん好きの小雪はハマっていましたOK

少しこってりしているけれど、脂っこさのないスープがおいしかったです。

 

 

 

でも、どこかで食べたことがあるような...

思い出せないけれどなんだか懐かしい味でした照れ

 

 

 

 

 

 

 

屋台料理が気になり、

 

広蔵市場にある 『うまいもん通り』 という場所へ足を運びました。

 

屋台といえば夜、というイメージがありますが、ここはお昼の時間帯もとても賑わっていました。

 

 

 

トッポギやキンパ、おでんなどを食べました。

 

上の写真の左手前に映っているのがおでんです。

 

 

 

これは、

現地の人が並んでいたので、きっと美味しいのだろうと思ってわたしたちも便乗して買ってみたもの。

 

 

チヂミと書いてあったけど、チヂミ感はなくキョロキョロ... 餃子の具 という感じでした。笑

 

 

韓国のチヂミはこうなのかな?と思ったり、

本当はチヂミではなかったのかな?と思ったりキョロキョロ

 

 

 

今でもナゾのままです。

 

 

 

 

 

 

 

肉典食堂 サムギョプサル キラキラキラキラ

 

 

注文すると、お店の方が手際よく ちょうどよい焼き加減でサーブしてくれます。

 

 

 

 

今回の旅行で初めて知ったものがあるのですが、、

 

 

 モクサル というものですびっくり

 

 

韓国ではサムギョプサルと並ぶ人気の、豚肉の部位なのですが、

サムギョプサルよりも、脂っこくなくあっさり!

でも、やわらかくてジューシーで女性は絶対好きだと思いますラブラブ

 

嬉しい発見でしたおねがい

 

 

 

 

 

 

密かに楽しみにしていた プデチゲニヤリ

 

別名:部隊チゲ とも呼ばれています。

起源は、戦争中に米軍部隊からの残飯や、援助物資などに唐辛子を混ぜて作ったものから広まったものです。

 

なんだか歴史を感じます。

 

 

 

 

朝食は明洞にある、味加本のお粥で。

 

ブロッコリー&海老のお粥と、牡蠣のお粥をシェアしました。

 

 

具がたっぷり入っていて、日本のお粥よりもしっかりめの味付け。

朝からぺろりでした照れ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回のブログにあった、父の新しい事業のことですが、

 

その話を聞いたのが先月、わたしの誕生日をささやかに祝ってくれた食事会の時でした。

 

(並木家では、だいたい月に2回くらい親子そろって食事に行きます。

おしゃれなお店に疎い父を開拓してます)

 

 

 

 

話を聞いた瞬間、

 

 

 

いい!!やったほうがいい!!

 

 

 

わたしは即答でした。

 

 

 

 

もちろん細かい部分を見ていけば、不十分な点、

これから出てくる問題点もあるかとは思います。

 

 

ですが、そんな不安を優に超えてしまうくらいいい案だなと。

 

 

 

 

 

 

 

意外と、本当にやりたいことを見つけるのって難しい。

 

見つかっても、それを実現しようと行動するのはもっと難しい。

 

 

 

 

 

 

 

これまで、娘のために頑張って働いてきた父。

 

今度は自分のために、好きなように時間を使って楽しんでほしいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

話は戻りますが、

 

羽田空港~韓国は飛行機で2時間半程です飛行機

 

日本語が通じるお店も多く、交通機関もわかりやすくて、気軽に行ける国だなぁと改めて感じました。

韓国旅行のリピーターになりそうですニヤリ

 

 

 

街を歩いているだけで、食べたいものが次々と目に入ります。

それだけ美味しいものであふれている 韓国 韓国

 

 

 

おなかのキャパシティの問題で、食べ尽くせなかったものが多々ショボーン

この心残りを払拭すべく、また近いうちに行けたらいいなーと考えているので、

何かおすすめ情報をご存知の方ぜひコメントくださいラブラブ

 

 

 

 

 

 

 

 

長々と失礼しました。

また登場するかもしれませんので、その時はまたお付き合いくださいませおねがいピンクハート

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは。

 

 

さくら&小雪