アドラーと魔法の質問とモンテッソーリで幸せな子育て、自分育て ~なりたい自分になるお手伝い~

アドラーと魔法の質問とモンテッソーリで幸せな子育て、自分育て ~なりたい自分になるお手伝い~

こどもが輝く、夫が輝く、自分が輝く 勇気づけ講座をお届けしています。
なりたい自分になるお手伝いをアドラー心理学の勇気づけで。
より、実践しやすくするコツは魔法の質問で。
モンテッソーリのこともお教えします。
さぁご一緒に楽しみましょう。

この投稿をInstagramで見る

ぼけますから よろしく の、その後 ぼけますからよろしく 最初に映画館で観たとき 私の母はケアマネで 孫のお風呂をいれるほど 元気な人だったの。 だから、この映画のこと 話しして、病気が 嫌なこと言わせてるんだねー なんて、話してたんです。 そこから程なく 私の母が倒れた、、、、 生死の境にいるというのに 母の姉妹は 誰一人お見舞いには 来なかった、、、 私は家族は 自分で選び、作るんだって 痛感したんでした。 私は20歳の時 アルフォンス・デーケン神父と サンフランシスコの エイズホスピスを視察した時 聞いたこと 家族は選べる それが今ごろ ようやくわかった。 そして、 母は倒れて2年の間 何度か救急車入院 すると、そのたびに、動けなく なっていき、それに伴い 「母らしさ」が消えて、、、 70だよ!っていう悔しさと、 私の中の母は、左の写真よ! こんなはずじゃないっ! そんな思いもあって なかなか、母の 変化を受け入れられない てゆーか、考えちゃうと 本当に、このまま 天にすーって召されて しまいそうで 私だけでも抵抗したく なってしまって。 しょぼくれちゃう 反抗期みたいな私に 気づきを与えてくれたのは なんと父 母の介護をする!と 食事や着替え、洗濯 みんなやって って母が倒れるまで 全く出来ない人でした。 母を家で面倒みたい!と 父が前より元気に 動いていることに ものすごい刺激を 私は貰ったのです。 父は母のおかげで 家族が持てた。 親族とはどちらとも うまくいかないけど この2人とその子供たち この家族は、母の愛と 母に愛を教わり 愛を引き出された父の 愛で、素晴らしいものに なってる。 ぼけますからよろしく の。その後で お父さんが筋トレしてるのも よくわかるし 最後にお母さんに 感謝を述べるのも よくわかる。 父は、母に いかされていて 母も父にいかされている 2人の生き様 私は、たっぷり受け止め 愛を与えることを 頑張ろう! #ぼけますからよろしくお願いします #老老介護 #在宅介護 #アルフォンスデーケン

Namie Tsuchida(@nami2_1019)がシェアした投稿 -

この投稿をInstagramで見る

これぞ ペップトーク!! チビ助はお姉ちゃんの 後を追って中学受験 するものの、歯がたたず。 お姉ちゃんにはいつも 馬鹿にされまくりで 実際、偏差値は、、、 そんなこんなの中学 2年生。 初めての通知表 私が見た中で 1番の賛辞が書いてある! 一瞬にして 私もチビ助も元気に なりました。 これぞペップトーク チビ助の学校 なにげに、櫻井翔くんの 先に生まれただけの僕 の、撮影場所になった学校。 このドラマで ペップトークが出てきて 話題になりました。 チビ助の学校は アクティブラーニング ペップトーク いずれも、実践してる 他と比べてどうか っていう偏差値では チビ助は全く評価され ないんですが こうしてチビ助の中の 頑張りっていう視点で 見てもらえると 成長具合が見えてくる! 英語全然できない のみこみわるい 何度も忘れる 何度も間違う 字がきたない ノートがとれない そんなチビ助が コツコツしてきたことを 認めてくれてるって!!! もーなんて、なんて なんて幸せなんだーーー 私も、いまの気持ちを 忘れずに、 良いところを見れる人に なるぞー! #ペップトーク #通知表 #アドラー心理学

Namie Tsuchida(@nami2_1019)がシェアした投稿 -

この投稿をInstagramで見る

進路のこと お姉ちゃんが留学しちゃって 中2のチビ助との日々 ぼーっとしてても 周囲で日々は刻々と流れてる お姉ちゃんの東京の学校の 進路指導の案内が頻回になり お姉ちゃんの進路 考えさせられちゃう 私、慶應出てるけど 新卒のとき、それを生かして キャリアを積んでこなかったので いま、再就職ってなると 慶應の文系卒って いらなーーいって感じで 採用なんて、、、、 でもね、看護師だと求人 山ほどあって、コロナ禍でも お仕事はあって。 そうなってくると、 名前も知られてない大学の 文系にすすむというのを 進路にするのって、??? って思えてきて。 大学にこだわる必要 あんまりないんじゃない? 手に職 あるいは、一芸かなぁ お姉ちゃんの東京の学校は 大学進学以外、見えてません。 なので、一芸は やりたい人でどーぞー、です。 さらに、大学進学のために 前倒しのカリキュラムを 組んでいますから 一年近く、そこを離脱している お姉ちゃんのための 進学フォローなんて あるわけもない、、、 留学してきたことを どう生かすのか、大学に 手に職にどう生かすのかは 本人と親、、、ということ。 学校名きくと、いいなぉー 羨ましいなぉーって 思っちゃうエリート思考は まだ、うっすら残ってて お恥ずかしい。 でも、コロナになるまで なんだかんだ、大学受験が 必要だと、思ってきちゃったけど コロナのおかげで、ようやく そうじゃない世界を 進んでもいいぞ!って 思えるようになったなぁ これから、 手に職や、一芸 そっち系を調べていくぞー #3人で外食 #進路指導

Namie Tsuchida(@nami2_1019)がシェアした投稿 -