7月7日アニマルライツセンターモカさん主催の動物問題パネル展、川越に参加させていただきました。

 

 

杉本彩さんの毛皮反対メッセージの入ったチラシも配りました。

 

 

 

 

過密飼いなど畜産動物の実態。子供たちは素直な心でみてくれます。

 

 

 

 

 

 

畜産動物アニマルウェルフェア(動物福祉)について国会で取り上げてくださっています。

 

2017年12月5日、議論から抜け落ちている屠畜場を含めた畜産動物のアニマルウェルフェアに言及したのは僧侶であり衆議院議員である堀越啓仁議員(立憲民主党・市民クラブ)。

http://www.hopeforanimals.org/animal-welfare/564/

 

 

 

2018年6月6日の衆議院 厚生労働委員会で、初鹿明博衆議院議員(立憲民主党・市民クラブ)が畜産動物のアニマルウェルフェアについて質問してくださいました。

http://www.hopeforanimals.org/animal-welfare/kousei-roudou-0606/

 

 

 
 

 

 

動物サーカスは本当にいらない犠牲です。舞台裏を知ったら思うはずです。

しかも時代遅れ。日本ではまだ行われています。

 

 
マイクアクションも。
 
 
 
 
 

 

 

すみません。またこれです。私が描いたア〇イラストを仲間がキモいと褒めてくれて、リュックやパネルにつけてくれました。(笑)

 

 
 
 
 
 
不謹慎な人たち
 
西日本で豪雨特別警報が出ているのに、またオウム死刑執行を知っていながら、安倍総理、上川法務大臣たちは宴会。倫理観なさすぎ。法務省に苦情をいいましたよ。「上川法務大臣に伝えて下さい。災害時に宴会は不謹慎です。また何故国会開催中に7人同時に死刑執行なのか。7人が同じ状況なわけない。あまりに雑だ。」と言ったら、その通りだが理由は言えないそうです。執行は上川法務大臣が決めるから内心までわからないそうです。上川法務大臣の一存で決めているそうです。そうかなぁ官邸の指示だから言えないんじゃないの?