ブログやツイッター(kiyono_t で、絶賛つぶやき中)を
振り返ってみたら、
なんと、息子のことばっかり。

なんなんだ、わたし。熱病ですね。



カフェグローブさんの「キャリアインタビュー」コーナーにて
掲載いただきました。記事はこちらです>>


ニンプでした、今はママ。そして社長で、もちろん女!-cafe



ニンプスのことを中心としてお話しさせていただいています。
あと、ここでもやっぱり息子のことと彼のこと。


が、考えてみれば、このわたし。
キャリアなどという、きらびやかな感じのものは一切なく、

・大学中退(しかも2校)
 ↓
・アルバイトで食べつなぐ
 ↓
・Appleコンピュータの電話サポートお姉さん
 ↓
・派遣さんで建設会社の事務
 ↓
・(もとの)夫の傘下に入って、無職期間
 ↓
・派遣さんでリクルートへ
 ↓
・人生初の「会社員☆」出版社へ。編集者になる
 ↓
・AllAboutに転職。webの編集者になる
 ↓
・いま

こういった感じで、キャリアというには、ちょっと問題がある予感満載。


こんな私を、キャリアインタビューに、掲載してくださったのだから
カフェグローブさんの懐の深さは尋常ではありません。

いや、もしかすると
いよいよ ダイバーシティというのが、本当に、世間に広がってきたのかも。

働く女性を応援してくれる、カフェグローブさんだからこそ
ダイバーシティな考えを、推し進めているのかもと思いました。



あ!大切なお知らせをもうひとつ。
カフェグローブさんで、わたし、連載スタートします。

いろいろな子どもとの暮らしをご紹介する新企画


まもなく公開です。おたのしみに。
家族版 ダイバーシティというかんじです。いろいろってすてき☆












AD

□ じりっつ


ことのおこりは、きのうの朝。


いつも、一番乗りで起きる息子(1歳7ヶ月)は
起きるなり笑顔で「ままーん」とかいって、私を起こします。

私は、
前の日が飲み会だろうと
午前3時まで原稿を書いていようと
時計を見たらまだ5時半であろうと

この「ままーん」の声とともに、起きてしまいます。

とはいえ、まだ頭がぼーっとしているので
すでにフルスロットル!の息子には追い付かず

“ほらほら。パパもおこしちゃえよ” と息子の耳元で囁いて
いったん、矛先を彼に向けます。しくよろ。
これで5分はいける。起動までの時間かせぎです。


5分後、息子はふたたびママを思い出し
「ままーん。あっち」と。

「ままーん。あっち」とは、
俺を抱っこして、リビングまでやさしく運べ の 意。
高級タクシーのイメージです。


毎朝、寸分違わずこのパターンが繰り返されます。
わがや的、ハッピーモーニング。


のはずが、とうとう事件が。


きのうの朝
む、息子が

「ままーん。あっち」という代わりに
なんと


自分で ヨイショ とベッドを下りて、
すたすたーっと、二足歩行でリビングへ。


いやぁぁん。ママをママを置いていかないで(涙)



……。

考えてみれば、二足歩行を手に入れる前の息子は
一人で移動なんてできなかったし、
ベッドからも自分では降りられなかったし、
だから高級タクシー(わたし)が必要だったんですよね。

でも、いまはしっかり歩けるし
ベッドからだって、楽勝で降りられる、
だから、自分で降りてリビングへ行く。当たり前のことです。


当たり前のことだけれど、
日々どんどん成長する息子に対して
わたしは、いつまでも赤ちゃんみたいな接し方をしてしまっていたんだなぁと。

わたしの見方が、成長できてなかったというか。
息子が先に気がついて、自分で行動した。
びっくり。

わたしには、いつもの日々だけれど
ものすごい勢いで育つ息子は
きっと、今日見た景色と明日見る景色が違っているんだと思います。



ちなみに今朝も、息子はひとりでベッドから降りて
すたすたーっと。
タクシーな日々がすでに懐かしいです。




AD