■理解

「わかってくれない」ってわかってないのはそもそも自分よな。

 

相手には「わかってあげられない理由」があるよな。そこ考えてみると、視点がぐるっと変わるんじゃないかと思う。

 

「人をわかってあげられないくらい自分のことでいっぱいいっぱい」なんだと思うよ。

自分の両親との関係で悩んでる人の話を聞いてると

 

ほとんどが「両親に愛されてなかった。」「両親に信頼されてなかった。」になるんだけど。

 

「なんで両親はあなたのことを愛せてなかったんだと思う?」って聞くと、ほぼ間違いなく、、両親自身が「自分にいっぱいいっぱいで、子供のことまで考えられなかった理由」が出てくる。

 

子供のころなら、「知るかよそんなの!!子供産んだの自分なんだから責任持てよ!!」って思っちゃう気持ちもわかるけど。

 

自分が大人になってみて初めて、「あー。人のこと考えられないくらい自分にいっぱいいっぱいになることってあるよなーー」って思えるよね。

「今まで」を

許せた人から

 

「これから」が

開いていくんだよね。

 

もし今

つまづいてるところがあるなら、

 

もしかした、

そこのところで

「今まで」を

許せてないのかもしれないね。

 

いきなり許そう!とかは

思わないけど

 

まずは。

そこには「そうなるべくしてなった理由があった」ってことを知ることだね

 

 

 

 

あと、

過去は絶対に変えられないって諦めること。笑

 

 

 

■証明

■解放

■答え

■まぁ、気にすんな。

■自責

※自分は母親に100%愛されてるし、信頼されてると即答できない人は、とりあえず、いろんなこと一旦ストップして、これ全部読んで見てね。

No.1■母親と世界の関係 - ナリ心理学

No.2■あなたは愛されている - ナリ心理学

No.3■加害者は、元被害者だ。 - ナリ心理学

No.4■復讐の人生をいつ辞めるか - ナリ心理学

No.5■過去とか知らん。 - ナリ心理学

■「次女/次男/末っ子/ひとりっ子」さんたちへ、信じて欲しい必ず飛べるから。 - ナリ心理学

No.6■今まで感じたことのにない安心感。 - ナリ心理学

No.7■そもそも嫌われてないから。 - ナリ心理学

No.8■深い悩みほど、結局「母親」に繋がる。 - ナリ心理学

■良薬口に苦しだ。 - ナリ心理学

番外編

■母親からの呪いを解く方法。 - ナリ心理学

リブログ(4)

  • ”■理解”

    そやな。 わかってくれないって言うけどさ。 わかってくれない人をわかってないのは自分つー。 それはホンマにそうや。 自分のことでいっぱいいっぱい。 そやな。 大変やってんて。 わかるよそれは。 周りが誰も知らん人でさ。 怖いことばっかりでさ。 自分の分身や思た子供は自分にはなつ…

    ふみっち

    2017-12-06 20:18:36

リブログ一覧を見る