しあわせ婚ナビゲーター仲人の舘です。
身近な人が結婚するとなったら、やはりお祝いしたいですね。
お祝いと言ってもその形はさまざまで、多くの人が真っ先に思い浮かぶものはご祝儀かもしれません。
やはりお金は大事ですから、ただしお金さえ用意すれば良いのかという疑問も残ります。
親しいのであれば尚更、なにかもっと思い出に残るような形で用意したいとは思いませんか。
そんなときは、結婚メッセージを作ってみると良いでしょう。

結婚メッセージというと、電報のようなものをイメージするかもしれませんね。
そこまで大掛かりなものでなくとも、日本人だとあまり馴染みがないかもしれませんがグリーティングカードにするのも素敵です。
チャレンジする際には、いくつかの注意点があるので確認しておきましょう。
たとえば、無意識に使ってしまいがちな単語も意外と多い忌み言葉です。
別れるや苦しいといったニュアンスを持つ言葉は、なるべく使わないようにします。

結婚式に出席して結婚メッセージカードを用意するのも良いですが、本来はどうしても出席できない場合に本領発揮します。
とくに祝電は、いろいろな仕掛けを組み合わせてメッセージを届けることができるので、相手のことを考えながら準備する楽しみがあります。
素敵な言葉が思い浮かばないときは、例文を参考しながら自分だけの言葉にしてみましょう。

 

婚活のプロ“仲人の舘”へのご相談は…エキサイトお悩み相談室or恋ラボで!


舘 智彦