しあわせ婚ナビゲーター仲人の舘です。
お互いの結婚の意思を確認した後は、いよいよ両家への結婚の挨拶になります。
両親に二人の結婚を認めてもらうために挨拶は欠かせませんが、その際に大切なマナーをふまえておく必要があります。
結婚の報告をするに当たってはまず自分から親御さまに結婚の意思を伝え、挨拶の日取りを決めてお互いの親御さまの情報を共有することが大切です。

両親への結婚の挨拶は最初に女性側の親へ挨拶に行くのが一般的で、挨拶に伺う時は少なくとも2週間前には日程調整するように心がけます。
自宅を訪問する場合は、約束の時間よりあまり早く到着しないことがポイントです。
挨拶の前には身だしなみをチェックするため、玄関前に到着したらコートは脱いで、傘がある場合はたたんでおきましょう。
服装や髪の毛の乱れなども確認し、携帯電話はマナーモードに設定した後にインターフォンを押すことです。

家に訪問するときは手土産を用意するのがマナーで、あらかじめ両親の好みをリサーチして、お菓子を選ぶ場合には家族の人数分が入っているものを選ぶことですね。
部屋に通されたら入口に一番近い下座に座り、全員が席に着いたら改めて挨拶と自己紹介をします。
両親に話をするときはいきなり結婚の話を持ち出すのではなく、趣味や仕事の話など会話が広がりやすい話題での歓談を心掛けましょう。
人生の中でもとても緊張する時間になりますが、結婚までに避けては通れない段取りです。

 

婚活のプロ“仲人の舘”へのご相談は…エキサイトお悩み相談室or恋ラボで!


舘 智彦