しあわせ婚ナビゲーター仲人の舘です。
同じ独身という立場にあっても、未婚とバツイチとではずいぶんその中身に違いが出てきます。
一口に言えば結婚生活の経験の有無ですが、再婚相手を選ぶ際にこれは無視できない要素になるでしょう。
バツイチがマイナスイメージで捉えられていたのも昔の話で、今はこの結婚生活の経験という部分が評価されています。
もちろん離婚の理由にもよるので一概には言えませんが、バツイチというだけで候補から外してしまうのは早計です。

この傾向は歳を重ねるほど大きくなりやすく、とくにアラフォー付近での未婚というのはプラス要素が少なくなります。
つまり何で今まで独身だったのと、妙な勘繰りをされてしまうのです。
その一方でバツイチは、半分の確率でその人に離婚の原因がないのですから一気に好条件となり得るのですね。
もちろん半分の確率でDVなどダメな理由を抱えていることになるのですが、それは交際なりをする段階で見極めていけば良いことです。

バツイチとなった後に再婚するか独身のままでいるか、両者をわけるものは何でしょう。
一度目の結婚生活で、あまりにも嫌な思いをした経験がある場合は、再婚に対して否定的になりやすいです。
あるいは、その過去を乗り越えてでも一緒になりたいと思える人に巡り合えていないということも言えるでしょう。
本質的に再婚を嫌がっているのか、経験から嫌がっているのか、後者が原因であれば再婚への道はそう遠くありません。

再婚を考えたときは、仲人の舘にご相談ください。
それが再婚への近道です。

舘 智彦