昨日、ツヴァイの第3四半期決算(3Q決算)が発表され、私自身が予想していたよりも業績が悪化していたので、この決算から婚活業界について考えてみたいと思います。

 

こんばんは。

堺市 三国ヶ丘の結婚相談所デヴォーション(日本結婚相談所連盟・正規加盟相談所)

代表仲人の岩崎一樹です。

 

さて、まずはツヴァイ(2417)の3Q決算内容

 

ツヴァイ[2417] 通期業績修正

売上…3,700→3,100(△16.2%)

営業…110→△350(赤転)

経常…137→△320(赤転)

最終…24→△1,175(赤転)

理由→競争激化で来店者減少し新規会員数減、会員数減少で計画大幅未達 ・固定資産減損

 

売上も下がり、赤字幅も拡大し、この赤字額だと前期末の純資産の約35%も毀損しちゃいます。何か新しいことを展開しないと、もうじり貧で終了といったところあせる

 

現状、まだ婚活人気はあるし、弊社加盟の日本結婚相談所連盟を運営している株式会社IBJ(6071)は増収増益合格ですから、ほんと常に進化していかないとすぐに置いていかれますね。

 

なんにせよ、他の婚活関連銘柄をみても、現状維持すら難しそうな流れの中、IBJが1番頑張っています。だからこそ、株価も右肩上がりですね宝石ブルー

(しかし、そろそろ高値圏だと考えています。)

 

この先も、婚活関連銘柄への投資を楽しもうと思いますビックリマークビックリマークメラメラ

 

堺市の結婚相談所DEVOTION

https://devotion.co.jp