ジャンプ 10号 | なっかのブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

なっかのブログ

日々の暮らしで楽しかったことやよかったことなどを投稿しています!

週刊少年ジャンプの10号の感想です。



「魔女の守人」
新連載の第3弾。おもしろかったです。
量が半端ないと思ってしまいました。
自分自身の覚悟と強さ。とても大切なことだと思います。
自分以外は知っていて、その事実を自分自身も知ることになり、それを知ってもなお自分が進むべき道を進む姿はかっこよかったです。
どんな物語になるのか、楽しみです。

「Dr.STONE」
ついに追い詰めたのかと思いましたが、慎重さにまたしても…。
なぜわざわざと思ってしまいましたが、それを取り付けるためだったのか。
そしてついに…。仲間の支えがあったからこそ掴んだもの。
次号からどのような展開になるのか、楽しみです。


アクタージュ act-age 10 (ジャンプコミックス)

「アクタージュ act-age」
気づく人には隠し切れなかったのかぁ。
なぜ行かなきゃだったのだろう?
ひとりで責任を負おうとする姿はかっこよかったです。みんなの全力によって夜凪があることに気づくことができたのでよかったのかなとも思いました。
最後の場面は一体どういうことなのだろう?どういう策なのか、気になります。

「夜桜さんちの大作戦」
今週号に出てきたキャラには唖然としてしまいました。条件が細かいのにぴったりはまってしまうとは…。
ついに気づいて、対策できたと思いきや…。
逆に気づかれてしまい…。一体どうなってしまったのか、気になります。




eBookJapan