「今日もうまい酒を飲んだ」 | 今帰仁酒造公式blog 「泡盛ダンディズム~沖縄の風に吹かれて~」
新型コロナウイルスに関する情報について

「今日もうまい酒を飲んだ」

みなさまこんにちは。

今帰仁酒造SNS担当の洲鎌です。

 

みなさまは、週末はどう過ごされましたか?

私は、夜、子供を寝かしつけてから、久々に本を読みました。

広小路尚祈さんの「今日もうまい酒を飲んだ」です。

 

 

東京のバーマンが、お客様のために沖縄まで泡盛を探しに行く話です。

出てくるお酒(すべて実名)が美味しそうに書かれていて、読んだらそのお酒を飲みたくなってしまう魔法がかけられているようでした。

 

物語の後半に、今帰仁酒造の「千年の響」と「美しき古里淡麗」も出てきたのですが、登場人物がとても美味しそうに飲んでくれています(*^_^*)

 

物語の中に「普段の酒を持っている人は、幸いである。なぜなら普段の酒をもっていなければ、特別な酒を持つこともできないからだ」という節がありました。

普段の酒(美しき古里20度)がある私は、幸せ者です 笑。

 

晩酌しながら飲むのにもピッタリな話だと思います。

皆様も、読んでみてください。

 

 

最高のお酒といのは人それぞれですし、時と場合によっても変わるとは思うのですが…。

それでも、その1杯が今帰仁酒造のお酒だと嬉しく思います。

そして私は今日も、直売店にいらしたお客様の最高の1杯をみつけるお手伝いをするために、「ノメーノメー攻撃」をしたいと思います 笑。

 

 

泡盛ブログランキングに参加しています。応援お願いします。

Twitterインスタグラムも、よろしくお願いします。

 

それではまた(^_-)-☆