上下動には何かある ! ! ~ CUTVIB Heavy Weight ~ | 中澤新一郎のメガバスブログ

中澤新一郎のメガバスブログ

中澤新一郎のメガバスブログ



良い流れに ♪ 良い地形 ♪

サメが憑いていたのなら ・・・

ヒラメが憑かないわけはない ! ?



夜中の河口に立つ。

狙いは、先日鮫がバイトしてきた地形変化。

手に残る、あの流れの感触 ・・・
メリハリのある、あの地形 ・・・

どうしても ・・・

鮫しか憑いていないとは思えないんだ ・・・



ポイントに立ち、
まずは取りあえず現状確認。

射程の広い鉄板バイブの スパロー
おおよその位置に散らし、
改めて流れと地形変化の位置を確認する。

潮位の影響か、はたまた川の水量の問題か
先日の状況より流れは緩い ・・・
ついでに水深も若干浅くなり始めていて ・・・
地形イメージが、ややぼやけて修正される。

しばし スパロー でボトムを叩いてみるが、
何の反応も無く ・・・
おまけに、先日あったような
ベイト感触も一切無い ・・・

暖冬とはいえ、激寒期となる2月 ・・・
いよいよベイトの気配も無くなった感が漂う。



すがるべきは 「 流れ 」 と 「 地形変化 」 だけ ・・・

緩んだ流れと、浅くなった水深には
鉄板の SPARROW (26g) では

マッチしていない感触 ・・・

そこで ・・・ 25gという、ほぼ同重量にして
プラ素材で浮きの良い CUTVIB HW に交代 !

スパロー を散らした流れに、
今一度 カットバイブ HW を通してみる。

浮力がついたことで、
ゆったりと流されつつ沈下する CUTVIB HW !
ボトムに接触後も、いい感じに流れに乗り、
再びフワリと浮き上がり、また流されていく ♪

「 感触的には絶妙 ! 」 なのだが ・・・

しばしキャストを繰り返すも、
残念ながら、魚からの反応は無い ・・・(笑)

そこで苦し紛れに試したのが ・・・

リフト & フォール !

良い流れと、良い地形の絡んだスポットに、
カットバイブ HW を上下動させつつ、
流し込んでいた数投目だった ・・・

ドス ! !



着底からリフト動作に入った直後、

ロッド衝撃が伝わった ! ?

突如追加された重みに対し、
リフト動作そのままに、
反射的に仰け反るように
フッキングを打ち込めば ・・・

バタバタとした抵抗と浮遊感が
手元に伝わった後、
魚は流れに乗って走り始め ・・・



ボラのスレ掛かりと疑うには、
余りに遅いスピードと、
余りにか弱い抵抗に、
相手の正体を確信しつつ ・・・ (笑)

ただでさえバラしやすいバイブレーションにして、
どんな風にフッキングしてるかも分からない
リフト & フォール での針掛かりも考慮して、
丁寧にいなしつつ、ランディングしてみれば ・・・



やっぱりなヒラメさん ♪

ガッツリと CUTVIB HW のベリーフックで
フッキングされていた状況から察するに ・・・

ブレイク地形に張り付いて、
上目使いで流れを見張っていたところ ・・・
赤金カラーの CUTVIB HW が現れ、
目の前、ボトムから跳ね上がった瞬間、
反射的にバイトという感じだろうか ? (笑)



相変わらず、タダ巻きに反応しない
理屈が全く理解できませんが ・・・ (笑)

「 上下動には反応することがある ! 」
という事実は、疑いようもありません。(笑)

今回 スパロー から CUTVIB HW への
比重を意識した交代が見事にハマり ♪
諦めずに繰り出した
リフト & フォール が運良く決まり ♪
何とか釣果に繋がりましたが ・・・

まあ私的には ・・・ 何はともあれ ・・・

鮫じゃなくて何よりでしたよ ♪ (笑)



ロッド : SHADOW-XX SXX-100M
リール : シマノ 4000
ライン : DRAGONCALL 8braid PE 1.2号
ルアー : CUTVIB HW ( GG 赤金 )