濁りは ・・・ お好きですか ? ~ GENMA 110S ~ | 中澤新一郎のメガバスブログ

中澤新一郎のメガバスブログ

中澤新一郎のメガバスブログ



釣れる濁りに ・・・

釣れない濁り ・・・

その境界はどこにある ?



とある河口 ・・・

迎えるマズメに ・・・ 根拠もなく ・・・

黙々と竿を振っている ・・・ (苦笑)



関東甲信~東北にかけ甚大な被害をもたらした
台風19号の通過から一ヶ月が経過 ・・・

毎度ながら台風の影響で様変わりする
我がホーム 「富士川」 も
当然、大変貌しておりまして ・・・

それでも当初、ド茶濁りの状況の中でも、
台風に揉まれ、海が攪拌された影響か ! ?
高活性なシーバスの姿が、
浜に見られたのですが ・・・

しだいに海況が落ち着き始めると、
何処へ散ったのか ! ?
明らかに魚っ気が薄まってしまい ・・・



1週間程前でも、ご覧のような感じで ・・・

ここ最近、ようやくサーフの濁りは
落ち着いてきましたが、
依然として薄茶色い濁り水が
河口から吐き出されている状況下では ・・・

一部、濁りに誘われたであろう太刀魚が、
その滞在時間を伸ばしてくれているだけで ・・・

釣果全体としては芳しくない ・・・

それでも秋という絶好の時期に背中を押され
毎週、黙々と、茶色い海に 「 期待 」 を投げ込み
続けていたのですが ・・・

私にはいっこうに返答無く ・・・



いよいよ見飽きた茶色の風景に辟易し ・・・
一人、澄んだ水を求め、魚探しの旅を開始 !

手始めに鮎釣りでメジャーな某河川の
河口にて竿を振っているのですが ・・・
求めていた澄んだ流れは、
海に注いでいるものの ・・・

如何せん、投じたルアーは
ウンともスンとも言わず ・・・ (笑)
マズメ前にして、
既に途方に暮れていたところ ・・・

いよいよ伊豆半島越しに、お日様が顔をだし、
周囲の光量が一段明るくなり始めた頃合 ・・・

嘘のように劇的な変化が生じた ! ?



暗い内、落ち着き払い、静かだったはずの河口に、
何処に居たのか大量のイナっ子の群れが沸き、
ワチャワチャと波打ち、ざわめき ・・・

明らかに危険な雰囲気を醸しつつ、
ボールとなってサーフを右往左往 ! ?



フィッシュイーターが水面を割る様子は無いが、
明白な場の雰囲気に、即座に i-WAKE を散らし、
水面を探ってみるも ・・・ 無反応 ! ?

どうやらシーバスではない感じなので、
少しレンジを入れてみようと ・・・



GENMA 110S を登板 ♪

釣り場が浅い為、ウェイトは21gを使用。

ザワつくイナっ子の位置を確認しつつ ・・・
河口の流れ、流速の壁に ゲンマ 110S
押っつけながら、沈み込ませつつ ・・・

ゆっくりと巻き通した一投目 ! !

グン ! グン ! グン !



バイト感触も無く、突如震えだすロッド !

ベイトのイナっ子でも引っかかったかと、
一応にも巻合わせつつ、
フッキングを見舞うと ・・・

いよいよ明確にロッドが暴れだし ♪

重量感は全くないが ・・・ (笑)
バタバタと、はためくように抵抗する
その手応えに ・・・ 久々の喜びを感じる ♪ (笑)



台風通過以降、絶賛ノーバイト中のスランプ状態
だった私なんぞに釣れてくれたのは ・・・

42cmのソゲ君 ♪ (笑)

おかげさまで ・・・
「 なんだよ、俺にもちゃんと釣れるじゃん ♪ 」 と、
ちょっぴり自信が回復しました ! (笑)



今回、ホームの 「 濁り 」 に嫌気がさし、
河岸を変えた矢先の河口で、
運良く、あっさりとヒラメに出会うことは
できたのですが ・・・

改めて ・・・ 「 濁り 」 は、やっぱり厄介で ・・・

激濁りの状況下でも問題なく
シーバス・ヒラメが釣れることは多々あり ・・・

今時期、期待の落ち鮎パターンなんぞは、
えてして降雨による水温低下と増水によって、
ドッと河口に鮎が吐き出された結果、
爆発するのであって、
時に濁りとセットみたいなものだったりもする。

・・・ が、現に 「 問題なく釣れる濁り 」 と、
「 全然釣れない濁り 」 が存在するわけで ・・・

この分岐点はどこなのか ?



恐らく答えは単純に、
「 そりゃベイトでしょ ! 」 って話で ・・・

今回のような、澄んだ釣り場にしろ、
落ち鮎パターンの濁った河口にしろ、
そこには常にベイトが存在しているわけで ・・・

フィッシュイーターにとって
「 濁り 」 など気にしてられないほど、
魅力的な食べ物が ( 時に大量に )
そこに存在するからだろう ・・・

そうであるならば、
濁りの状況下でもベイトが居座り続ける
もしくは集まるといった条件は何なのか ・・・ ?

ベイトが嫌う濁りと、
ベイトが好む、あるいは気にしない濁り ・・・

この分岐点はどこなのか ?



ねぇ ? どこなの ? (笑)

是非、誰か私に教えて欲しい ! (爆)


ロッド : SHADOW-XX SXX-100M
リール : シマノ 4000
ライン : DRAGONCALL 8braid PE 1.2号
ルアー : GENMA 110S (21g) ( スケルトン ピンク )