秋のサーフに集う若者達 ・・・ | 中澤新一郎のメガバスブログ

中澤新一郎のメガバスブログ

中澤新一郎のメガバスブログ


テーマ:


午前2時 ・・・
雨の降る浜で、竿を振っている・・・。

事前に得た情報では ・・・
夜中の内は 「 タチウオが凄い ! アタリまくる ♪ 」
という話だった ・・・
マズメの時合には、薄暗い内はシーバス ♪
明るくなりだすとヒラメが連打 ♪
陽が上りだすと、サゴシが乱舞し始め ♪
前日には、良型のカンパチも釣れたと
聞いている ・・・

だもんで、冷たい雨に濡れながらも、
期待に胸膨らませつつ、魚信を待って、
ひたすらキャストを続けているのだが ・・・



全くもってアタラナイ ! (笑)

いや正確には ・・・
開始早々、情報を教えてくれた友人に、
白髪 ( = 細いタチウオ ) が1匹、
確かに釣れたのだが ・・・
それきり、すっかり反応は無い ! (苦笑)

苛めるように、時折強さを増す雨に
挫けそうになりながらも ・・・
「 マズメに近づけば、きっと始まるんだ ! 」
己に言い聞かせ、ひたすらキャストを続けるも ・・・

釣れてくるのは、 「 謎のゼリー 」 ばかり ・・・



それでも辛抱強く、
サーフを右往左往しながら、
広範囲にジグを散らして、探っていたところ ・・・
突如前触れも無く、

ガツン !

と中層根掛かり ♪



対タチウオ用に選抜してきた
蛍光カラーの SLIDE WOBBLER が、
気を吐き・・・ 白髪を仕留めてくる ・・・

「 なるほどね ♪ ここから連発劇なのね ! 」
と力強くロッドを振るも、後が続かず ・・・

先刻の太刀魚のヒットが比較的近距離だった
ことから、タチウオの魚影は少ないものの、
結構近場に散っているのではないかと想像 ・・・

ならばと試しに、ここからはアピール重視で
X-140SW を、浜を歩きつつ投げ倒し、
手返しよく、タチウオとの遭遇確率を上げようと
試みたところ ・・・



ドス !

と再び中層根掛かりし、
これまた、白髪をランディング ・・・

一応思惑は当たったものの ・・・
事前の情報とは、程遠い
とても怒涛とは言えないバイト状況に
頭を抱えつつ ・・・

それでも我慢して、浜を彷徨いながら
ミノーを投げ続けていれば ・・・
時折、交通事故的にバイトが拾え ・・・
なんとか、もう一匹追加するも ・・・

やっぱりな若白髪 ・・・

怒涛のバイトの中に
F4~F5が混ざるというフレコミは ・・・

何だったのだろうか ? (笑)



いよいよマズメが近づけば ・・・
冷たい雨模様の中、
前日の好釣果を知ってか、知らずか ・・・
ワラワラと釣り人が浜に並び初め ・・・

「 やっぱり期待できるのか ? 」
既に数時間、雨に打たれて冷えきった
私の心と体に、ちょっぴり火が灯る !

・・・ も、特に視界内で何か起こるでもなく ・・・

仕方なしに、相変わらず太刀魚を狙うとも、
シーバス ・ ヒラメ を狙うとも絞れない、
どっちつかずな曖昧なキャストを続けていると ・・・



ゴン !

突如リトリーブが急停止 ! ?

「 シーバスか ? ヒラメか ? 」

待ってましたとばかりにフッキングを撃ち込み
容赦なくゴリ巻けば、
何の抵抗も、重量感も無く ・・・

それでも 「 F4以上の太刀なら許す ! 」 と
期待を込めて優しくランディングしてみれば ・・・

かわいいソゲ君 ・・・



周囲が明るみだし、
目の前の海の状況が正確に見え始めるも、
やっぱり、特にめぼしいイベントは無く ・・・

数時間、雨に打たれ続けたジャケットは、
もうズブ濡れで、撥水機能は破綻 ・・・
染み込んだ水がインナーを濡らし始めていて、
この日、初冠雪した富士山から吹き降ろされる
北風により、更に体温が奪われていく ・・・

震える体 ・・・

寒さに震えている ・・・
いや ・・・ もしかしたら怒りに震えているのか ?

昨日読んだ、あのブログ ・・・
先日教えてもらった、あの情報 ・・・
「 凄かったよ ! 」 と誘ってくれた友人 ・・・

「 ガセネタを、ありがとう ・・・ (笑) 」

モラリストとしては、絶対言ってはならない言葉が
今にも口から溢れそうになるのを、
必死に堪えつつ ・・・

動き続けていないと、体が冷えきってしまう恐怖を
感じながら、黙々とキャストを続けていたところ ・・・

遠投していた MARINEGANG 140F に ・・・

ドス ! !

いきなりの衝撃 ! !

間髪入れずにフッキングを見舞うと、
ドラグを出しつつ横走り !

コレキタ━(゚∀゚)━!

「 サゴシか ? カンパチか ? 」

神に懺悔しつつ、リーリングし魚を寄せる !

「 嗚呼 ・・・ ガセネタなんて言ってスミマセン ! 」
「 もう二度と人様の情報を疑ったりしません ! 」
「 だからお願い ! 俺にもカンパチを ~ ! 」

・・・で結果、水揚げされたのが ・・・



ワカシ ! ! (怒)

フムフム ・・・ モウ神ナンテ信ジナイ ! (笑)

太刀魚は、白髪 ・・・
ヒラメは、ソゲ ・・・
狂喜乱舞するはずのサゴシは、一切跳ねず ・・・
カンパチの替わりに、ワカシ ・・・

だいぶ伺っていた話とは違いまして ・・・
ことごとく若い魚が釣れちゃいましたが ・・・

いよいよ魚種は豊富で、
賑やかな秋のサーフの訪れを
感じさせる状況ではありました ♪



先日の台風により、近年では一番に、
大きく様変わりした富士川 ・・・

日々減水してはいるものの、依然として水量多く、
河川内 ( * 現在は禁漁期間中 ) の様子、
サンドバーや中洲の形状等、
未だ正確には把握できていない ・・・

今回、竿を振ったサーフも、
当然、台風前とは一変していて ・・・
海岸線には、ブ厚く流木が漂着しており、
ジムニーでの侵入・駐車も一苦労という状況 ・・・

まあ毎度といえば毎度の事ではありますが、
台風後のゼロ・スタート ・・・

安全を確かめながら、地形の把握に努め、
足繁く通いつつ、竿を降り続け ・・・

訪れる秋の最高の時期に、
モンスターサイズに出会えるよう、
頑張りたいと思います !




今回の使用タックル

ロッド : Shadow-XX SXX-100M
リール : SHIMANO SW 4000
ライン : DRAGONCALL 8braid PE 1.2号
ルアー : METAL-X SLIDE WOBBLER ( G GOLD GLOW STRIPE )
    X-140SW ( LZ BLUE-PINK-IWASHI )
    MARINEGANG 140F ( GG IWASHI )




今回、キャストの度に、ルアーフックに引っかかり、
悩まされた 「 謎のゼリー 」 の正体は ・・・
「 サルパ 」 という動物らしい !

ゼリー体の中に種みたいな核があって
一見キモいのだが ・・・ 特に害は無く、
むしろ地球温暖化対策の救世主にも
なりかねないという期待の生物らしい ! (驚)

詳しくはナショナルジオグラフィックにて ⇒ コチラ

中澤新一郎のメガバスブログさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス