2010-10-05 11:23:36

竣工検査

テーマ:H邸コンクリート再生システム
コンクリート打ち放し再生システムの現場の引き渡し検査がありました。

この日はあいにくの雨・・・ではありません。

当社にとっては恵みの雨でした。

なんで?

なぜかというと、コンクリート打ち放し再生システムの性能を見ていただける絶好の機会だからです。

というと?

$中屋敷左官工業株式会社-樋口7
写真をみて分かるように地面は雨で濡れていますが、建物をご覧ください。

晴れたときと同じ状態です。

雨のお陰で、壁の撥水性能をよりリアルに感じていただくことができました。

$中屋敷左官工業株式会社-樋口8
この雨水のはじき具合にオーナー様もびっくり!

「新築のようですね。」と嬉しい言葉をいただきました。

施工前は、晴れていてもこんな状態だったのが、
$中屋敷左官工業株式会社-a

雨の日でも水をはじくこんなきれいな建物に再生されました。
$中屋敷左官工業株式会社-樋口9

指摘事項ゼロで引き渡し検査完了。

とても晴れやかな気持ちで、この現場のすべてをまかなってくれた上西工事長と共に現場を後にしました。






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2010-09-21 10:31:44

こんなにきれいに蘇りました!

テーマ:H邸コンクリート再生システム
進行中だったコンクリート打ち放し再生システムの現場。

足場解体が始まりました。

こんなに傷んでいた建物が
$中屋敷左官工業株式会社-樋口6

見違えるような美しい壁に
$中屋敷左官工業株式会社-樋口7

おまけに写真ではわかりませんが、再生された壁は雨をはじきます!
したがって、雨の日でもこの美しさのままです

昨日は札幌も雨が降っていました。
しかし、以前あったクラック(ひび割れ)の水染みも、クラックの注入を施したことによって、
一本も出ていませんでした。


見えないところまでしっかり補修!

これぞ中屋敷スタイル



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-09-07 05:55:41

見えないところを大切にします

テーマ:H邸コンクリート再生システム
現在施工中のコンクリート打ち放し再生システムの現場、順調に工事が進んでおります。

$中屋敷左官工業株式会社-樋口2

$中屋敷左官工業株式会社-樋口1
こんなに傷んでいた、お家の玄関先の梁、柱が

$中屋敷左官工業株式会社-樋口
新築のような美しさを取り戻し、玄関先が明るくなったようです。

$中屋敷左官工業株式会社-樋口3
傷んでいた箇所も鉄筋の防錆処理の後、ポリマーセメントモルタルがきちんと充填され、

$中屋敷左官工業株式会社-樋口4
中身もきちんと、見た目もきちんとなりました。

$中屋敷左官工業株式会社-樋口5
このように表面が傷んでいた梁は、今後、このような傷みがすこしでもおきずらいように、天端にはウレタン防水を施し、一番傷みやすい梁の天端を保護します。
$中屋敷左官工業株式会社-樋口6
ウレタン防水でぴっかぴか!

梁の天端は、工事が終わると見ることができません。
したがって、やったかやらないかは足場が解体されると分かりません。
でも、当社はこういった見えないところを大事にします。

その建物のライフサイクルを長期的な視点で見て、何が一番良いか?
という観点で施工計画をし、施工いたします。


「見えないところを大切にする」それが中屋敷スタイルです。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-08-19 06:14:15

コンクリート打ち放し再生システム新現場スタート

テーマ:H邸コンクリート再生システム
お盆前に足場を架けたコンクリート打ち放し再生システムの新しい現場がスタートしました。

当社では、お見積もりをさせていただく際に、目視で外壁状況の事前調査を行います。
その結果をふまえ、クラック等の劣化部処理も含めお見積もりをださせていただきます。


「うん、今回の外壁はそれほどクラックも入ってなさそうだな。」なんて社内での打ち合わせ。

がしかし、

実際に足場が架かり、外壁の再調査をしてみると予想外にクラックがあるわあるわ・・・。
$中屋敷左官工業株式会社-樋口
いつものようにまずは高圧洗浄をかけて、次にエポキシ樹脂をクラックに注入します。
傷んでいないように見える外壁も、思った以上に傷んでいます。


足場を架ける前に見えていた外壁が傷んでいた場所。(写真中央にみえる、壁が傷んでいる箇所)
$中屋敷左官工業株式会社-樋口1

足場が架かり、劣化部分を詳しく調べてみると・・・
$中屋敷左官工業株式会社-樋口2
あけてみてびっくり!
こんな状況だったんです。
鉄筋に錆がまわっています。

コンクリートの強度がしっかり出ているところまできちんと脆弱部分を取り除き、
鉄筋の防錆処理を行った後、特殊モルタルにて丁寧に埋めていきます。


こういう場合の処理方法もすでに中屋敷ベーシックになっています。

それほど傷んでいないように見えるコンクリート打ち放しでも、意外と壁は傷んでいます。
病気と一緒で、症状が軽い内に処置するのが一番です。
「もう直さなくてはどうしようもない!」となった時では手遅れかも・・・。


概算見積もりいたします!
お問い合わせはコチラまで。








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。