JS工法+α | 中屋敷左官工業(株)
2018-03-19 05:18:22

JS工法+α

テーマ:中屋敷 剛のつぶやき

前回のブログでは当社の今年の新商品「JS工法」についてお伝えしましたね。

 

今日はそのJS工法を採用することによるメリットをさらに掘り下げてみたいと思います。

 

1.コンクリート床では必ず発生するクラック(ひび割れを)圧倒的に減少させられる。

前回のブログでもお伝えしましたが、この振動式コンクリート締め固め機(サーファー)により、早期にコンクリート中の余剰水分やエアーを排出し、緻密なコンクリートを作ることができます。

この機械、青森県六ヶ所村 日本原燃(株)地下空洞型処分施設という核廃棄物処理施設の性能確証試験において評価されているんです。

このような絶対にひび割れが許されない施設で認められているなんて、凄いですよね〜ポーン

 

さらにこの次にかける、再振動転圧機械(ローリー)という機械がこれまた凄いビックリマーク

コンクリートは水と反応し硬化し始めます。

このときに余剰水分が空気中に蒸発していきます。

蒸発することによって、その抜けた水の水道(みずみち)は細かな空隙となります。

その細かな空隙の集合体がひび割れにつながる要因のひとつになるのですが、ある程度コンクリートが固まってきたら、

この三連のローラーがついた機械を振動を与えながら転がしていくことで、コンクリートが転圧されてその空隙をつぶしていくのです。

さらにこの機械により、細かな床の不陸も取ってくれるので、より平滑度の高いコンクリート床を作ることが可能となります。

 

このように、サーファー、ローリーという2段階の機械をかけることによって、ひび割れを圧倒的に抑制することが可能となるのです。

 

2  一回のコンクリート打設で大面積を仕上げることが出来る。

   大きな物流倉庫などの床は、1フロアの床を何回もに分けてコンクリート打設を行います。

下の写真にあるように、毎回止め枠を付けてコンクリートを分割して打設していくのです。

   例えば1万m2の床を1000m2づつ打つとすれば、10回に分けてコンクリート打設を行うということになります。

  それを2,000m2づつ打つことができれば、5回のコンクリート打設で済むわけです。

このJS工法+当社の動員力によって、一度に大面積の施工が可能となり、工期短縮はもちろん、コンクリートの打ち継ぎ回数を少なくすることが可能となります。

 

3.土木工事に用いられるスランプ一桁の硬いコンクリートにも対応できる。

 土木工事で使われる生コンクリートというのは、スランプという生コンクリートの硬さを表す数値がとても小さい、硬く作業性の悪い生コンクリートを打設します。この硬いコンクリートを平らに均していく作業はとても大変なのですが、JS工法を採用すれば、特殊振動機械(サーファー)により、スランプ一桁の生コンクリートでも仕上げることが可能です。

 

こんな優れたJS工法をもっと詳しく知りたい方はこちらをごらんください。

こちらの上成工業さんのページでは施工動画も見ることができますよ〜グラサン

 

今日はもうひとつ、JS工法を用いた凄い床仕上げをご紹介いたします!

 

その名は「スラブアーマー」と言います。

直訳すると「床の鎧(よろい)」ということになります。

ラスベガスでも展示されており、実は今年のラスベガスツアーの目的のひとつでもあったんです。

 

こちらの商品の特徴は、コンクリート床の表層約13〜20㎜程度をガラス結晶化してしまうという凄い商品なんですビックリマーク

ピッカピカーひらめき電球

まさに名前の通り、コンクリート表面に鎧をまとうような仕上げ。

これにより、より高い耐摩耗性、高緻密化による防塵効果、耐水性を実現します。

通常の防塵塗装のようにコンクリート床施工後に散布するのではなく、コンクリート敷設時に液体を散布し、コンクリート表層部に完全含浸することが出来るので、床表面だけでは無く、表層部全体で効果を作り出します。

 

基本的な施工手順は先ほどご紹介したJS工法と同じです。

サーファー、ローリーと機械をかけた後に噴霧器でスラブアーマースターターという液体を散布し、機械鏝を使用してこの液体をコンクリート表面に染みこませ、これを2回繰り返します。

 

あとはJS工法のまま仕上げていきます。

 

これからの時代は「高品質」というのがテーマになると私は思っています。

 

JS工法を始め、床、壁に限らず、今までに無かった高品質の商品をどんどん世の中に提供していきたいと思っています。

頑張りまーすビックリマークアップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スーツを着た左官屋さん 中屋敷 剛さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス