モールテックスが止まらない | 中屋敷左官工業(株)
2017-10-20 05:34:45

モールテックスが止まらない

テーマ:中屋敷 剛のつぶやき

 

モールテックス

 

厚さ2ミリでコンクリート風に仕上げられる素材。

 

当社で施工し始めて2年が経ちましたが、そのモールテックス仕上げがただいま大流行アップ

今日はその作品をいくつかご紹介します。

こちらのお仕事はリノベーション住宅の洗面所。

 

ベニヤ板の上に仕上げているのですが、出来上がりを見るととてもベニヤ板で出来ているとは思えませ〜んポーン

 

こちらはキッチンカウンターの天板

 

こちらの下地もベニヤ板です。

 

そしてこちらはマンション玄関の下駄箱

枠も扉もすべてモールテックス仕上げ。

モールテックスは壁や床より、このように什器や家具、カウンターに仕上げる仕事が多いです。

 

モールテックスの流行りで感じるのが、決まったパターンや、同じパターンの繰り返し、規格品みたいな画一性のものが飽きられてきていて、ランダムだったり、偶然性だったり、独自性のものがうける時代になっているのではないかなと。

 

先日施工させていただいた飲食店のカウンターをご紹介します。

新しいお店を開店するとの事で、以前からあった古いカウンターをオーナー様がご自分で改造されました。

写真の白っぽいベニヤのところがあたらしく作られた部分です。

 

オーナー様:「こういうつぎはぎの下地でもそのまま仕上げる事できるんですか?」

 

私:「モールテックスは接着力が高く、柔軟性もあるので大丈夫です、ご安心下さい!」

 

オーナー様:「色もモルタル色以外ってあるんですか?」

 

モールテックスのカラーチャートをお見せして

私:「これだけの色がありますし、これ以外でもご希望があれば作る事ができます」

 

お店の雰囲気を拝見して、「濃いめの茶色なんていかがですか?」とご提案させていただくと、

 

「あ!それがいいです!!」とオーナー様。

 

こんな簡単なやりとりだけで完成したカウンターがこちら。

 

三角形のスィング扉はベニヤ板を三角に切って取り付けただけなのに、ベニヤの裏表にモールテックスを塗るだけでこんな風になっちゃいます。

 

「いや〜ほんとに中屋敷さんに頼んで良かったです!!」って満面の笑みでオーナー様に言っていただけました。

 

お客様に喜んでいただけたこの瞬間がいつも最高なんです。

当社の企業理念である「左官工事を通じてお客様とともに喜びや感動を創り出すこと」

またひとつ形にできました。チョキ

 

お店情報です

札幌市中央区南4条西20丁目 Jolly's Bake

 

オリジナルキッシュやサンドウィッチのお店です。

テイクアウトも出来ます。

お近くの方は是非是非〜ラブ

 

 

 

 

 

 

スーツを着た左官屋さん 中屋敷 剛さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス