今年も道場に入り浸り | 中屋敷左官工業(株)
2017-09-20 06:00:00

今年も道場に入り浸り

テーマ:2017第47回全国左官技能競技大会

突然ですが・・・

昨年の今頃の写真です。

昨年の今頃は毎日左官道場に朝から夕方までびっちり入り浸り、藤木君とマンツーマンで技能五輪に向けトレーニングしていました。メラメラ

 

作業の細部までこだわり、道具に関しても、のこぎりひとつまでにもこだわりました。

目の細かいの、目の粗いの、素材の違うの・・・何本買ったことか。笑

 

まさに1ヶ月半、藤木君とのラブラブラブラブ二人三脚の日々でした。

 

おかげさまで素晴らしい成績をおさめることができました。

 

ここ最近ブログがご無沙汰になっているのは、実は昨年同様、今年も道場に入り浸っているからなんです・・・

今年もまた技能五輪に出場するの?

 

いえ、違います。

今年のチャレンジはこちら

「全国左官技能競技大会」です。

技能五輪全国大会とは23歳以下という年齢制限がありますが、

2年に一度行われるこの大会は、年齢性別一切問わない「日本一の左官職人」の称号をかけた競技大会なのです。

今年の課題はこんな感じです。

競技課題のデザインは前回の福岡大会同様、カリスマ挟土秀平さんです。アップ

 

今年その大会に選手を出すことになっていたのです。

競技日程は9月22日から24日の3日間。

3日間、合計18時間30分の長丁場で競われます。

 

今年出場する選手は6年前に東京大会に出場した経験のある篠岡君。

その時の模様はこちら

長年のブログ読者の方ならご存じかと思いますが、前回はほんと参加する事に意義あり状態。

最後まで課題をやり終える事が目標でした。

 

でもね〜2回目となればそうはいきません。

優勝なんて言いませんが、多少なりとも上位を目指してもらわなければ・・・

ゴールデンウィーク明けから現場の合間にトレーニングを始め、7月末に愛媛で行われた1週間の強化合宿を終え、8月に入りました。

 

技能五輪は23歳以下、ある意味まだ子供なので、手取り足取りすべて一からフォローをしなくてはなりませんが、この全国左官技能競技大会は、日本一の職人を決める大会なわけですから、基本的には選手が自分で考えて、自分の力でトレーニングをすることが大事だと考えていて、篠岡君には「困ったときだけ言ってこい」と伝えてありました。

ときたま「どうだ〜問題ないか?」と問いかけると、「はい、とりあえず大丈夫です」ということで、私も出張が多く、道場にも行くことがなく、時は過ぎていきました・・・

 

会社がお盆休みに入った8月13日の事です。

競技大会まで1ヶ月ちょっと。通し稽古をやり始める時期となり「どれどれ、どの程度まで仕上がっているのか見てみよう」と出張帰りの空港からそのまま道場に来てみました。

 

「おつかれ〜」と道場に入りました。

途中経過の課題を見てあまりの出来の悪さに絶句・・・・ゲロー

 

「おいおい、なんだこれずいぶん仕上がり悪いなー」と私。

「は?」と驚いた顔の篠岡君。

 

行っていた作業を途中でやめさせ、「おい、置き引き引いてみろ」と私。

 

「はい、できあがりました」と彼。

「は!?  ふふふふふざけんなーーーーーーーーーー爆弾ムキー」と大声で怒鳴りました。

「これで出来上がりって、まじめに言ってるのか? お前はまた全国に恥かきに行くのかーーーードクロ 」と私。ムキー

 

あまりのレベルの低さに倒れそうになった私。ゲロー

この日から私の全国左官技能競技大会が始まってしまったのです・・・

 

おかげで今年の私のお盆休みはなくなってしまったのでした・・・ダウンチーン

 

つづく・・・

 

 

 

スーツを着た左官屋さん 中屋敷 剛さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス