ど〜しても欲しいもの | 中屋敷左官工業(株)
2017-03-08 06:02:59

ど〜しても欲しいもの

テーマ:中屋敷 剛のつぶやき

昨年12月のこと。

ど〜しても欲しいものができました。

でもそれは「ちょっと無理だよな〜」って思うようなものでした。

 

そこで・・・

私なりの夢を叶える方法。

それはまず「出来る限りリアルに実現した姿を思い描くこと」

 

文房具屋さんに行ってプラ板を買ってきて模型づくりを始めました。

 

2時間程で出来上がったものがこちら

中屋敷左官工業のマークが入っている3階建ての建物の模型。

社屋の建て替え? はたまた、今流行の賃貸マンションで副業か!?

 

実はこの建物「育成施設」なんです。

 

昨年から取り組んでいることがあります。

それは「中期育成プログラム」の作成です。

入社初期の「即戦力育成プログラム」はある程度成熟しました。

この初期プログラムの目的は「とりあえず現場に入って知っておかなければならないこと、多少なりとも出来るようになっていること」が目的でした。

 

その次、現場に出てある程度できるようになってきて、さらにスキルアップを図るために「中期プログラム」がどうしても作りたかったんです。

 

早いもので、次世代育成プログラムの最初の6名もこの春で5年生になります。

入社した時は、こんなに可愛らしかったのに、今ではみんなガタイがでかくなって、迫力も出てきて、本当にたくましくなりました。

工業高校の建築科を出ている2名はいよいよこの春一級技能士という国家資格を受けます。

試験の行われる春になると、入る予定の現場が忙しいのがわかっているので、合格目指して今のうちに特訓中です。

 

そして来年以降は彼らに続き毎年続々と一級技能士が生まれる予定です。アップ

 

この4年間で15名の若手が入り、中期プログラムを行うにしても今の左官道場ではとてもではないがせますぎるんです。

そこで「10名単位で研修できる施設が欲しいな〜」と。

最初は2階建てのつもりだったんですが、イメージがどんどん膨らんで、なんと3階建てになっちゃいました。

これには自分でもビックリ!

さらにさらに「この中期プログラムを実施するとすれば、冬の仕事の比較的薄い時にやるようになるだろうから、プレハブ構造だと寒いし・・・RC造でガッチリ作りたいな〜」とますますグレードアップ!!

イメージが完全に出来上がり、すっかり夢見心地になってしまいました。ラブアップ

 

でも夢から現実に戻り、どれだけかかるのかを予算立てしてみると、これまたかかる費用にもビックリ!ダウン

 

「さあ、どうする!? うちのような小さな会社が育成施設にこんなにお金を掛けていいのか?」

 

そんな時の私の思考プロセスその2

「今を見るのではなく、5年後、10年後の未来を見て考える」

 

「よし!やろう!!」と決めました!!

 

この模型、よく見るとフロアごとに区切られているのが見えますよね。

実は中のレイアウトも、すでにきちんと計画されているんですよ〜

 

ブログ読者の皆様には特別にご紹介しましょう!!

 

つづく・・・

 

スーツを着た左官屋さん 中屋敷 剛さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス