授業の目的 | 中屋敷左官工業(株)
2016-04-20 06:19:25

授業の目的

テーマ:札幌左官工等職業訓練校
札幌左官工等職業訓練校の午後の授業は「塗り壁トレーニング」

塗り壁トレーニングは1時間20回を目標に設定していますが、ただ早く塗ればいいと思ってやっているわけではありません。

過去ブログでもご紹介しましたが、加速成長を実現するためには「目標設定」はとても重要な要素なのです。
なので、大げさな話1時間20回じゃなくてもいいんです。
自分達が出来ないことを設定し、そこを目指すことが大切なのです。

塗り壁トレーニングは一週間ごとにテーマを設けています。
訓練校は土日はお休みなので平日の5日間が1クールとなります。
第1クールは「徹底的に真似ること」

モデル映像を見てその動きと同じように塗れるようになることが目標です。
第1クールではスピードはまったく求めません、ただひたすら真似るだけ。
午前中の座学でもモデリングについての理論も勉強します。
モデリングする場所を自分達で洗い出して「見る」から「観る」を力を身に付けます。


加速成長のもうひとつの要素「ひとつのことを集中してやる」
あれやこれややらせてではいつまでたっても何一つきちんとできるようにはなりません。

第1クールで動きを身に付けてから第2クールに入ります。
第2クールは「徹底的に塗ること」

とにかく塗って塗って塗りまくります。
実は昔の左官業界はこれをやっていました。
見習い職人の最初の仕事はモルタルこすりという作業を明けても暮れてもやらされていたのによく似ています。

第2クールでは2時から一時間ぶっ通しで休み無しで全員で塗り続けます。

一見スパルタ指導法のように見えるかもしれませんが、まったくそうではありません。
これには久保さんも本当に驚いていました。
午後の授業開始前から自主的に塗っているわ、1時間ぶっ通しでもみんな楽しそうに塗っている。
本当にエネルギーが高いんです。メラメラ
休憩時間ではみんなで自分達の映像を見ながら研究。

放っておいても彼らが自分達で考え行動します。

この彼らのような積極性はどうしたら創り出せるのか?

その答えはきっと・・・「塗り壁トレーニングをやることが彼らにとって快感だから。」
彼らにとって塗り壁トレーニングは、やればやるほど自分がどんどん上手くなっていくと感じられて楽しいのでしょう。

生徒達は「楽しい!」と口々に言います。
私はその彼らに言います。
「楽しくて、自分が成長出来ていると感じられて、おまけにお金までもらえるなんていいのか~!?」と。

それをやることが自分が好きで楽しくて、そしてそのことが誰かや社会の役に立って、結果、自分が与えたその価値がお金として返ってくる。そんな働き方が出来たら人生は毎日幸せだよね・・・

彼らはそれを知っています。
だから頑張れる。
頑張ることが自分の幸せに繋がっていると知っているから。

私の授業の目的はこれを生徒達に掴ませたいのです。














スーツを着た左官屋さん 中屋敷 剛さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。