ドキドキな仕上げ その2 | 中屋敷左官工業(株)
2015-12-22 05:43:18

ドキドキな仕上げ その2

テーマ:カフェカウンターミダスメタル仕上げ
カフェカウンターミダスメタル仕上げのつづき。

コーナー部分の真鍮磨き仕上げが完了。


つづいて、仕上がった真鍮仕上げ部分にマスキングテープを貼りま~す。


んでもって、仕上げのメイン材料をどさっと開封

先日のブログでもご紹介したように、この材料はと~っても高価!
したがってほんのわずかも無駄には使えません。
おまけに塗り厚1ミリという難易度。
なぜなら1㎜塗って乾燥の後、表面を研ぐのですが、研ぐ作業は表面を削るという作業なのです。
もし部分的にでも1㎜以下の厚みになっていると、研いだ際下地が出てきてしまうのです。
かといって、厚く塗ると材料がとんでもないことになってしまう。
さらにさらに、この材料は20分もしないうちに固まってくるんです。

難易度MAXのこのお仕事~!!

そんな巨大プレッシャーの中、塗り付け開始!!

追い詰められた緊張感の中、塗り付け時の施工写真は撮る余裕もなく・・・ごめんなさい。

んでもって、なんとか無事に鉄の塗り付け作業完了です。


でもこれで終わりではなく、先ほどお伝えしたようにここから研ぎ作業がスタート!!


ここからがまた大変!!
研がなきゃ平らにならないし、研ぎ過ぎちゃったら下地が出てきて全てがおじゃん・・・ドクロ

そんな巨大プレッシャーがのしかかる研ぎ作業。


そして出来上がったお肌がこちら。

鉄が鈍く光っていてかっこいい!アップ

明珍さん菊地さんも本当によく頑張ってくれました!!
頑張った後の記念撮影。

ミダスメタルの鉄仕上げ完了ビックリマーク

かと思いきや・・・
これで終わりではないのです。

ここまで平らにツルツルにした鉄仕上げに、勇気を振り絞ってある液体をかけていきます。


するとあら、あら、あら~
どんどん表面が錆びてきちゃった~ドクロ


カウンターすべてに吹きかけ終えることには、全面に赤錆が発生してとんでもないことに~!!


どうなっちゃうの~!?

スーツを着た左官屋さん 中屋敷 剛さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ