おはようございます。


中華人民共和国人民解放軍が、香港境界沿いに軍隊を移動させたと言う情報が、米国インテリジェンス機関からトランプ大統領に報告されました。




香港🇭🇰が第2の天安門になる事を、世界の誰もが望んでいません。


少なくとも自由と民主主義を愛し、尊重する者達は、必ずそう思っていると信じています。


特に台湾は、香港を注視しています。


北京の当局者が、台湾に対するまるで脅しのように香港の取り扱いを行うことがあれば、冷戦構造時代における西側諸国は、奮い立つだろうと思います。


もう既にその兆候は、観え始めています。


地政学上、日本も香港の状況が、今後の北東アジアや冷戦構造におけるバランスに対して、どのような影響を与え及ぼして行くのか、関心を高く持ち注視して行かなければなりません。



中山泰秀





以下、ロイター通信より。


「中国が香港境界沿いに軍移動」


https://jp.mobile.reuters.com/article/amp/idJPKCN1V31TE?__twitter_impression=true