建物構造における熱エネルギーを受ける影響 計測器具と実験目的 | ナカヤマ彩工の塗装工事日記

ナカヤマ彩工の塗装工事日記

福岡県福岡市の塗装職人、ナカヤマ彩工が日々の塗り替え工事の記録を詳しくお伝えします。プロが読んでも勉強になる記事を目指します!


テーマ:
実際に戸建のイメージに近い箱を造りまして、建物構造においての屋根から受ける熱エネルギーが、各室内にどの程度影響を受けるかを調べてみます。

まず、計測するための箱の紹介です。
$ナカヤマ彩工の塗装工事日記

屋根材 MDF板
構造材 パーティクルボード(カラーBOX使用)
正面 アクリル板 5mm厚
ライト ハロゲンライト 500W
断熱層 無し (各材質の熱伝導率のみに依存)

このような材質の戸建に見立てた箱を作りまして、実際に温度測定を行なってみたいと思います。

材質が実際の建物の構造とは全く違いますし、断熱層自体も今回の建物に見立てた箱にはありません。
正面の素材もアクリル板ですので、内部の熱が正面より逃げやすい状態となっておりますが、今回の実験では、あくまで、一般的な戸建の場合においての形状の場合、室内に影響する熱エネルギーがどのように作用するかということを見ることが目的となっております。

カタログで紹介されているような結果は、基本的に倉庫や工場、またはプレハブの様な形状のデーターが一般的です。
それらのデーターや数値は一般的な戸建には当てはまりません。
では実際の戸建の場合でしたら、どのような結果となるのかを実際に行なって見ていきたいと思います。

その中でも、一般的に戸建にはある小屋裏(通常カタログ上で紹介されているデーターの工場や倉庫などの造りの場合の計測位置は、この位置に属します。)という場所がどのように室内においての役割があるのかということを見ていきたと思います。

また、今回の実験では通常では当たり前にある断熱層がありませんので、一般的に断熱層がある戸建ての場合でしたら、今回の実験結果よりも実際に受ける温度変化の割合は、小さくなります。





ナカヤマ彩工さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス