中山グランドジャンプの予想2017。コースデータ、展開予想、傾向の最新情報。

第19回 中山グランドジャンプ(J・GI)の登録馬、出馬表、オッズ公開。レース展開、傾向などを予想します。


テーマ:

4/15(土)に中山11R・芝4250mにて

《中山がグランドジャンプ》が開催されます。

 

 

 

 

毎年のように名勝負が繰り広げられる

上半期の最強障害馬決定戦。

 

 

近年の代表的な名障害ホース達が

歴代優勝馬として名を連ねている。

 

 

果たして2017年の覇者に輝くのは

一体どの馬なのか!?

 

 

⇒本当に狙うべき◎はコレだ!

 

 

まずは出走馬を見ていきましょう。

 

 

================

中山グランドジャンプの出走馬

================

 

 

枠 馬番 馬名 斤量 騎手

1 1 ティリアンパープル 61 山本康志

2 2 ウインヤード 63 大江原圭

3 3 ワンダフルワールド 63 森一馬

4 4 タイセイドリーム 63 平沢健治

4 5 サンレイデューク 63 難波剛健

5 6 アップトゥデイト 63 林満明

5 7 ルペールノエル 63 高田潤

6 8 メイショウヒデタダ 63 熊沢重文

6 9 ラステラ 61.0 五十嵐雄祐

7 10 クリノダイコクテン 63 植野貴也

7 11 アイティテイオー 63 浜野谷憲尚

8 12 オジュウチョウサン 63 石神深一

8 13 トーセンハナミズキ 61 小野寺祐太

 

 

以上、出走馬13頭になります。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はコレだ!

 

 

==============

人気上位が予想される注目馬

==============

 

 

オジュウチョウサン

 

昨年の同レースを勝ってから

重賞5連勝中の障害界の絶対王者。

 

年末の中山大障害でも2着に

9馬身差をつけて圧勝。

 

障害G1・3連覇の偉業達成という

非常に大きなプレッシャーがかかるが

本来の走りが出来れば問題ない。

 

絶対王者として今回も負けられない。

 

 

アップトゥデイト

 

一昨年の中山GJと中山大障害を制し

JRA最優秀障害馬にも選ばれた。

 

しかし、近走はオジュウチョウサンに

苦汁を飲まされる結果が続く。

 

大きく差をつけられてしまったが

まだまだ地力は健在で、

王座奪還を狙える位置にいる一頭だ。

 

思い切った騎乗で一矢報いたい。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はコレだ!

 

 

メイショウヒデタダ

 

春麗ジャンプS、ペガサスジャンプSと

近2戦のオープン特別を連勝中。

 

力をつけて確固たるレーススタイルを

確立できた今なら、上位陣と差のない

レースが出来ても不思議じゃない。

 

勢いに乗って一気に頂点を目指す。

 

 

ルペールノエル

 

昨年の中山大障害で3着。

 

上位2頭とは大きく差があったが、

最後まで伸びておりコース適性は高い。

 

今年の始動戦となった

前走の障害オープンを勝利しており

さらなる飛躍が期待される新星。

 

スムーズに流れに乗れれば面白い存在。

 

 

タイセイドリーム

 

障害転向後、8戦して3着以内が

7回と堅実に走ってくる馬。

 

重賞勝ち鞍は1つと実績では劣るが

中山での好走例もあるし、

上位陣にどこまで食らいつけるか。

 

まだ底を見せてない印象があるので

今回の頂上決戦での走りが楽しみ。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はコレだ!

 

 

============

過去10年のデータ考察

============

 

 

まずは過去10年の各種データを見ていきましょう。

 

 

~~~~~~~~~

人気データ考察

~~~~~~~~~

 

1番人気【3-2-0-5】

2番人気【3-3-2-2】

3番人気【1-0-3-6】

4番人気【1-1-0-8】

5番人気【0-3-1-6】

6~9番人気【2-1-4-33】

10番人気以下【0-0-0-40】

 

 

人気上位馬が結果を残す

比較的堅いレース。

 

また、単勝50倍以上の馬は

一度も馬券に絡んでいないので

無謀な穴狙いは禁物。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はコレだ!

 

 

~~~~~~~~

枠データ考察

~~~~~~~~

 

1枠【0-0-1-10】

2枠【0-1-0-14】

3枠【0-0-3-13】

4枠【1-0-4-12】

5枠【2-3-2-10】

6枠【2-4-0-11】

7枠【4-2-0-14】

8枠【1-0-0-19】

 

 

外枠の成績が圧倒的に良い。

 

内枠の馬が勝利する事は

ほとんど無いので、1~3枠の馬は

迷ったら切るのがベター。

 

 

~~~~~~~~~

脚質データ考察

~~~~~~~~~

 

逃げ【3-2-1-7】

先行【7-5-5-11】

差し【0-3-3-44】

追込【0-0-0-32】

マクリ【0-0-1-1】

 

 

障害レースらしく、

逃げ・先行馬がそのまま後続を

寄せ付けず勝利する事が多い。

 

その為、スタートの位置取りが

非常に重要となるので注意。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はコレだ!

 

 

==========

予想情報局の総括

==========

 

 

春の名物レース・中山GJの日がやって来た。

 

4250mの距離は平地・障害通じて日本最長。

 

 

帯広競馬場のばんえい記念同様に

長時間楽しめるレースだが、

馬券が外れては面白さも半減というもの。

 

 

外国馬が出走していれば要注意だが

このところ遠征組はいないため

国内メンバーの力関係の把握が重要。

 

 

平地のG1と違うのは、

実力が素直に結果に出やすい点だ。

 

 

昨年は1・2番人気が連対を果たしたし、

一昨年は上位2頭が飛んだにもかかわらず

3・4・5番人気が馬券を作った。

 

 

穴を狙うなら3年前の2着に入った

8番人気や昨年3着の7番人気などの

一角崩しにすべきで、

穴馬2頭以上で大波乱というのは考えにくい。

 

 

ちなみに、2013年は8番人気が勝っているが

これは注目の外国馬だった。

 

 

そのブラックステアマウンテンのように

ペガサスJS組は要注意。

 

 

それ以外では阪神SJ組に好走の期待がかかる。

 

 

どちらも使っていない馬は

4頭しかいないが、問題はその中の1頭である

ルペールノエルの扱いだろう。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はコレだ!

 

 

本命は【オジュウチョウサン

==============

 

昨年のこのレースから5連勝中で、

障害界の頂点に君臨する馬となった。

 

中山大障害からひと叩きしての

臨戦過程は昨年と一緒。

 

ただ、その2戦の中身が昨年と違って

疲労度を増しているとの懸念はある。

 

しかし、ココで買わないでいつ買うかという馬だ。

 

 

対抗は【アップトゥデイト

=============

 

一昨年の中山G1連勝馬。

 

オジュウチョウサンさえいなければ

こちらがトップの座にいただろう。

 

逆転は厳しいが、2着の座は死守するか。

 

 

以上を加味した馬券戦略は

 

◎12.オジュウチョウサン

○ 6.アップトゥデイト

☆ 7.ルペールノエル

△ 8.メイショウヒデタダ

 

 

馬単も馬連も同じような

オッズになるだろうし、

 

ココは馬連で6-12を大本線に

7-12を第二本線とし8-12を少々買う。

 

また、3連単で1着12からの

流し6点を少しだけ買ってみる。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はコレだ!

 

 

 

競馬の最新ニュースはコチラから

【無料アプリ】
http://keiba-headline.com/mobile-app/

【Facebook】
http://keiba.simple-url.net/ads/facebook

【Twitter】
http://keiba.simple-url.net/ads/twitter

【Line@】
https://line.me/R/ti/p/%40keibaheadline



また新たな情報を入手し次第、更新させて頂きます。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。