中山大障害の予想2018│レース傾向やデータ・サイン分析

中山大障害の予想2018│レース傾向やデータ・サイン分析

第141回 中山大障害(J・GI) [2018 中山11R] 出走馬、軸馬、レース傾向などの情報を無料で提供します。


テーマ:

12/22(土)に中山10R・芝4100mにて
《中山大障害》が開催されます。

 

 




ハードル界の頂上決戦であり、
暮れの中山を彩る障害のビッグレース。


果たして2018年の覇者に輝くのは
一体どの馬なのか!?


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!



まずは出走馬を見ていきましょう。

 

 

============
中山大障害の出走馬
============


枠 馬番 馬名 斤量 騎手
1 1 エルゼロ 63.0 五十嵐雄祐
2 2 シンキングダンサー 63.0 金子光希
3 3 プレシャスタイム 63.0 北沢伸也
4 4 マイネルプロンプト 63.0 森一馬
4 5 ニホンピロバロン 63.0 石神深一
5 6 タイセイドリーム 63.0 平沢健治
5 7 トーセンメリッサ 61.0 大江原圭
6 8 ミヤジタイガ 63.0 西谷誠
6 9 アップトゥデイト 63.0 白浜雄造
7 10 ルペールノエル 63.0 高田潤
7 11 エアカーディナル 63.0 熊沢重文
8 12 シゲルクロカジキ 63.0 植野貴也
8 13 シゲルロウニンアジ 63.0 中村将之


以上、出走馬13頭になります。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


==============
人気上位が予想される注目馬
==============


アップトゥデイト

2015年の中山GJ、中山大障害を制して
同年度のJRA賞最優秀障害馬に輝いた。

来年は9歳になることもあり
今回はオジュウチョウサン不在なので
ここは勝利をもぎとりたいところ。

林騎手引退後に新パートナーとなった
白浜騎手とのコンビで挑む。


ニホンピロバロン

一昨年に京都HJ、阪神JSの重賞2勝を
含む5連勝を飾った実力馬。

本格化前だったとはいえ
オジュウチョウサン、アップトゥデイトを
ともに撃破しているだけに
大一番で大駆けがあるかもしれない。

今回は新パートナーとなる
オジュウチョウサンの主戦であった
石神騎手を確保して挑む。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


ミヤジタイガ

昨年の中山大障害は離されて10着に
敗れたが、今年は2つの勝ち星を積み重ね
障害馬として本格化を遂げている。

前走のイルミネーションJSを
5馬身差で圧勝した勢いに乗って
ビッグタイトル獲得を目指す。

鞍上は新パートナーの西谷誠騎手。


ルペールノエル

昨年3月の障害OP以来勝ち星から
遠ざかっているが、中山大障害で2度の
3着があるハードル界の実力馬だ。

約5か月ぶりだった前走を1度使われて
状態面が上向いており今年も目が離せない。

主戦の高田騎手が引き続き騎乗。


タイセイドリーム

障害では珍しいディープ産駒の重賞勝ち馬。

昨年はイルミネーションJS勝利後に
休養に入ったこともあり
初めての中山大障害参戦となる。

今年は障害3戦をいずれも3着以内と
安定感ある走りを見せており
このメンバーでどこまでやれるか注目だ。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


============
過去10年のデータ考察
============


まずは過去10年の各種データを見ていきましょう。


~~~~~~~~~
人気データ考察
~~~~~~~~~

1番人気【4-1-2-3】
2番人気【2-4-1-3】
3番人気【1-2-2-5】
4番人気【1-1-1-7】
5番人気【1-1-2-6】
6番人気【0-0-0-10】
7~9番人気【0-1-1-28】
10番人気以下【1-0-1-44】


過去10年で馬券に絡んだ3着内述べ
30頭中26頭が「5番人気内」の馬で
基本的には上位陣が堅実な結果を残す。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


~~~~~~~~
枠データ考察
~~~~~~~~

1枠【1-0-1-11】
2枠【0-0-1-13】
3枠【1-2-2-10】
4枠【2-1-0-14】
5枠【2-1-2-13】
6枠【1-1-0-17】
7枠【2-2-1-15】
8枠【1-3-3-13】


枠順の有利不利はそこまで無いが
データ上では7,8枠の成績が良く
外枠が好走傾向となっているので注意。


~~~~~~~~~
脚質データ考察
~~~~~~~~~

逃げ【1-4-2-8】
先行【6-5-4-13】
差し【2-1-4-45】
追込【0-0-0-34】
マクリ【1-0-0-0】


逃げ・先行の好走率が高い。

馬券に絡むのは終始先行している馬が多く
先頭から7番手くらいまでで進めていないと
馬券内に入るのはかなり厳しい。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


===========
予想情報局の総括
===========

 

暮れの風物詩、グランプリ前の大一番である
障害界の頂上決戦・中山大障害。


過去10年のデータを見ていくと
ここ2年が全く同じ結果になっているように
リピーターが活躍するレースだ。


馬券に絡んだ30頭中22頭が前走で
馬券圏内であり、特に最近はその傾向が
より強くなってきている。


また、前走重賞だった馬が30頭中12頭。

特に連対した馬に好走が多い。


他のレースでは、
前走イルミネーションJS組の馬による
3着内が多いが勝ち馬となると1頭のみ。


よって、このレースで活躍した
~~~~~~~~~~~~~
リピーターを中心に、イルミネーションJSで
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
好走した馬をおさえる形で予想をしたい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!

 

 

本命は【アップトゥデイト
=============

2年連続連対は実力の証明。

前年の勝ち馬が不在となる今回
主役はこの馬だ。


対抗は【ルペールノエル
============

この馬も2年連続馬券に
絡んでいるリピーター。

今年も活躍に期待したい。


以上を加味した馬券戦略は

◎:アップトゥデイト
〇:ルペールノエル
▲:ミヤジタイガ
△:マイネルプロンプト
△:タイセイドリーム



固い決着が多いので手厚く勝負したい。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!

 

 

P.S.

競馬の最新ニュースは下記の各種SNSにて

リアルタイム更新しております。

【LINE@】
https://goo.gl/ugA81i

【Facebook】
https://goo.gl/qFdToS

【Twitter】
https://goo.gl/V5XAhv
 

こちらも併せてフォロー頂けますと幸いですm(__)m


テーマ:

12/23(土)中京10R・芝2500m(ハンデ)にて
《中山大障害》が開催されます。

 

 




ハードル界の頂上決戦。

暮れの中山を彩る障害のビッグレースだ。


果たして2017年の覇者に輝くのは
一体どの馬なのか!?


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


まずは出走馬を見ていきましょう。

 

 

============
中山大障害の出走馬
============


枠 馬番 馬名 斤量 騎手
1 1 ウインヤード 63.0 大江原圭
2 2 ビコーピリラニ 63.0 田村太雅
2 3 スズカプレスト 63.0 北沢伸也
3 4 シンキングダンサー 63.0 金子光希
3 5 テイエムオペラドン 63.0 中村将之
4 6 アップトゥデイト 63.0 林満明
4 7 オジュウチョウサン 63.0 石神深一
5 8 サンレイデューク 63.0 難波剛健
5 9 ミヤジタイガ 63.0 小坂忠士
6 10 ユウキビバワンダー 63.0 佐久間寛
6 11 サムライフォンテン 63.0 高野和馬
7 12 クラシックマーク 61.0 五十嵐雄
7 13 マイネルフィエスタ 63.0 植野貴也
8 14 クランモンタナ 63.0 熊沢重文
8 15 ルペールノエル 63.0 高田潤


以上、出走馬15頭になります。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!



==============
人気上位が予想される注目馬
==============


オジュウチョウサン

重賞7連勝中のハードル王。

中山グランドジャンプを快勝した後
軽度の骨折が判明。

幸いにも経過が良好で前走の
東京ハイジャンプで復帰を果たした。

あくまでステップレースと思われたが
結果は約12馬身の大差をつける圧勝。

力の違いをまざまざと見せつけた。

不動の主役として4度目のJ・G1制覇に挑む。


アップトゥデイト

2015年の中山大障害の覇者で、
昨年はオジュウチョウサンに敗れ2着。

今年の中山グランドジャンプでも
3着に激走するなど、高いレベルで
安定した走りを見せている。

前走の阪神ジャンプSは6馬身差の圧勝。

最近の調教を見ていても
非常に仕上がりが良い。

能力&デキの良さで王座奪還を狙う。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


ルペールノエル

昨年の3着馬だが上位2頭には
大きく離されてのもの。

ただ、最近はレースや調教をこなす度に
グングンと力をつけてきている。

伸びしろという点においては7歳ながら
出走メンバー中でNo.1だろう。

コース適性の高さを武器に上位進出を狙う。


サンレイデューク

ジャンプ界の一線級で長く活躍してきた
9歳のベテランホース。

今春の中山グランドジャンプで
初めて連対を果たした。

休み明けの前走・東京ハイジャンプは
7着と大敗してしまったが、
もともと使い込んで良くなるタイプ。

度外視していいだろう。

百戦錬磨のキャリアを武器に
暮れの大一番で存在感を見せられるか。


マイネルフィエスタ

前走の京都ジャンプSで重賞初制覇。

先行出来るし飛越も上手い。

昨年の同レースは4秒近く離され
7着に敗れたが、重賞制覇の勢いに乗って
今年はどこまで差を詰められか期待。

年下の絶対王者に食らいつく。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


============
過去10年のデータ考察
============


まずは過去10年の各種データを見ていきましょう。


~~~~~~~~~
人気データ考察
~~~~~~~~~

1番人気【3-1-2-4】
2番人気【2-3-2-3】
3番人気【2-2-2-4】
4番人気【1-1-1-7】
5番人気【1-2-1-6】
6番人気【0-0-0-10】
7~9番人気【0-1-1-28】
10番人気以下【1-0-1-45】


1番人気は最多の3勝で勝率トップで
2番人気も連対率と複勝率がトップ。

過去10年で馬券に絡んだ3着内述べ
30頭中19頭が1~3番人気の馬で
基本的には上位陣が堅実な結果を残す。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


~~~~~~~~
枠データ考察
~~~~~~~~

1枠【1-0-1-12】
2枠【0-0-1-13】
3枠【1-2-2-10】
4枠【1-0-1-15】
5枠【2-1-2-13】
6枠【1-2-0-16】
7枠【3-2-1-14】
8枠【1-3-2-15】


枠順の有利不利はそこまで無いが
データでは7,8枠の成績が良く、
外枠が好走傾向となっているので注意。


~~~~~~~~~
脚質データ考察
~~~~~~~~~

逃げ【1-3-3-8】
先行【6-6-4-12】
差し【2-1-3-46】
追込【0-0-0-34】
マクリ【1-0-0-0】


逃げ・先行馬の好走率が高い。

馬券に絡むのは終始先行している馬が多く
先頭から7番手くらいまでで進めていないと
馬券圏内に入るのはかなり厳しい。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!

 

 

===========
予想情報局の総括
===========


暮れの風物詩、グランプリ前の大一番である
障害界の頂上決戦・中山大障害。


このレースで最優先したいポイントは
高齢馬を買い被ってはいけない点だ。


具体的にいえば、7歳以上の馬は割り引き。


今年の春に行われた中山グランドジャンプでは
9歳馬が2着に入り、7歳馬が3着に入っているが
あれは勝ち馬以外の6歳馬が駄目すぎたというべきだろう。


4100mのハードルコースを完走するだけでも
高齢馬には辛いものだと考える。


また、このところは人気馬の活躍を素直に
受け入れた方が無難な結果になっている。


前走が重賞勝ちなら文句ないが、
1着なら他のランクでも望みがある。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


本命は【オジュウチョウサン
==============

2年前のこのレースで6着の後は
8連続連対で7連続重賞勝利中。

もちろん、この期間に施行された
3度のジャンプG1はすべて勝っている。

6歳という年齢も文句なし。

骨折明け緒戦も難なくクリアしたし
ここは本命にせざるをえない。


対抗は【スズカプレスト
============

今年ようやく本格化の兆しを見せはじめた。

中山コースは向いている。


そして【シンキングダンサー
==============

目下の急成長が買い材料。

2走前は度外視できるしココは楽しみな一戦。


最後に【アップトゥデイト
=============

一昨年の春秋連覇や、
昨年の2着など実力は文句なし。

7歳秋で崩れなければ。


以上を加味した馬券戦略は

◎ 7.オジュウチョウサン
○ 3.スズカプレスト
▲ 4.シンキングダンサー
☆ 6.アップトゥデイト
△13.マイネルフィエスタ



3連単1着固定流しで7からの12点勝負。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!

 

 

 

P.S.

最新の競馬ニュースをお届けする
Line@が遂にスタートしました!

ココだけの限定情報が盛り沢山。

下記リンクよりお友達追加して頂き
限定情報を完全無料でお受け取り下さい。

⇒ https://goo.gl/ugA81i

 

 

P.S.2

その他にも下記の無料アプリや各種SNSでも

最新の競馬ニュースをリアルタイム更新しております。

【無料アプリ】
https://goo.gl/kmm86A

【Facebook】
https://goo.gl/qFdToS

【Twitter】
https://goo.gl/V5XAhv

【LINE@】
https://goo.gl/ugA81i

 

こちらも併せてフォロー頂けますと幸いですm(_ _)m


テーマ:

中山大障害の傾向。過去10年。




人気

1番人気が2-2-0、2番人気が2-3-2、3番人気が2-1-1と概ね人気信頼といえる成績ですが、10番人気2-2-0が示すとおりに障害戦らしく大きく荒れることもあります。


⇒中山大障害で狙うべき◎はコレ


京都コースに実績のある馬

東京、中山、京都、阪神の各競馬場で行われた障害・オープンクラスの競走における優勝経験の有無別に成績を見ると、京都コースで行われた障害・オープンクラスの競走を勝った経験のある馬は優秀な好走率をマークしていた。今年も該当馬が出走してきたらぜひ注目してみたい。なお、他の3場を比較すると、好走率の高さは中山→東京→阪神の順だった。
京都競馬場以外での実績を比較する際は、やはり今回と同じ中山コースに実績のある馬を重視すべきだろう。


⇒中山大障害で狙うべき◎はコレ


前走

前走は平地調整の馬も時折いますが、大半が前走オープン重賞で、前走G2の率が良くなっています。
前走イルミネーションJSからの参戦が多く、2-3-6の成績で、概ね前走3着以内、5番人気以内であれば馬券対象です。
前走京都ハイジャンプの勝ち馬は5頭が出走して2-1-0で、連対率60%。
前走秋陽ジャンプSは前走3着以内が5頭出走して2-1-1と、これも連対率60%ですが、前走1着馬が勝てていません。
率から見るとこの2つのレースを中心視した方が良さそうです。



毎週レース前に”軸馬情報”をお届けします!

新聞やスポーツ新聞には載っていない競馬の情報をメールマガジンで配信しております。
メールアドレスを入力すればすぐに読むことが出来る無料のメールマガジンです(フリーメール可)。年間連対率80%の馬をレース前に発表しています。

『最強"軸馬"的中法』無料メルマガはコチラ

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス