あの地震がきて8年がたちます。 |  住人十色                                          ★★★ 住 人 十 色 ★★★

 住人十色                                          ★★★ 住 人 十 色 ★★★

ようこそ。十勝の音更町で建設業を営んでいます。
わたしで3代目となります。
中谷彰の日々の感情、建築への思いを書き綴っています。


テーマ:

明日東日本大震災が発生して8年がたちます。

 

発生当時わたしは事務所にいました。

ものすごくゆっくりとながくゆれて船酔いの感じが

ややしばらくしていたのを思い出します。

 

すぐに仙台にいる嫁の母親や親戚にみなさんに

安否の連絡取りようにも電話がつながらず、

翌日夕方に先方からみな大丈夫と連絡が

来ました。

 

義母の住まいまで津波が押し寄せ

間一髪床上までは浸水しなかったようです。

 

その義母も震災発生の年末になくなりました。

 

当時避難している身なので

体調悪くても言い出せずに

我慢していたのかもしれません。

 

遠く離れているので気が付いてあげられず、

手遅れの状態で看取った嫁の心中を察すると

言葉も出なかったのを

思い出します。

 

 

そして

この時期になるとテレビでは特集を

組ん放送されますが

やはり どうしても見てしまします。

 

・黒い津波

・融資の返済が始まる

・復興ボランティアはもう来ない、

観光客は戻ってこない

など

 

まだまだ問題が解決されていないのです。

むしろこれからなのだと感じます。

 

 

さて、十勝も今後30年以内に

M7,8クラスの地震が発生する確率が

70~80%だと発表されています。

 

M7,8クラスだと

平成6年の北海道東方沖地震 がM8.1

平成15年の十勝沖地震  がM8  でした。

 

そのクラスの地震が

今後30年以内に発生することになります。

 

わたしたち建築屋はそんな地震がきても

倒壊だけはしない建物を

お客さん提供しなければなりません。

破損が無いのが一番いいのですが・・・・・。

 

昨今デザインに走って

明らかに壁量が足りないだろうな

と思う建物をみかけますが、

 

建物はデザインの前に

安心安全であるべきと考えています。

住人十色  中谷彰 日々雑感さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ