北方領土と沖縄の米軍基地との関係 |  住人十色                                          ★★★ 住 人 十 色 ★★★

 住人十色                                          ★★★ 住 人 十 色 ★★★

ようこそ。十勝の音更町で建設業を営んでいます。
わたしで3代目となります。
中谷彰の日々の感情、建築への思いを書き綴っています。


テーマ:

先週木曜日のよる 地震があり少し肝を冷やしました。
9月の時は夏でした。
今回は2月末、もうすぐ3月とはいえまだまだ寒いです。

あのとき本当に停電になっていたら、

用意は大丈夫だったか?

のど元過ぎれば熱さ忘れ

冬場こそ停電時の用意が

 

翌日の朝刊では
線路の安全確認のため列車が動かず
中で7時間も閉じ込められた方もいると書いてありました。
ぞっとします。

金曜日は札幌に用がありJRの予定でしたが
午前の列車は運休
そのため急きょ車で行くことにしました。
長距離の運転はあまり好きではありません
まして夜の運転は一番イヤです。

道路には雪が全くなく夏の道路のようでした。
札幌駅前まで3時間ほどかかりました。
JRですと移動中読書など時間を有効に使えますが
車ですとそうも行きません。

 


3月にも札幌にいくので
地震など起こらないよう頼みたいです。

基本的にJRに乗って応援したいと思っています。


さて

今朝の道新の『異聞風聞』に(島をひきよせるには)コラムを

読んでみました。

 

北方領土にたいする
日本政府の対応の変化の事が書いてありました。
ロシアから最低2島は返還させたいことでの変化です

 

『ロシアに気を使っているので

そこのと汲んで何とか2島だけでも頼みます』

 

一方ロシアからすれば

日本の後ろにはアメリカがいる

現在の日本とアメリカの関係では
返還される北方領土にアメリカ軍の基地を造れる
可能性がゼロではない
だからロシアは簡単に返還はしない

 

日本は日米の地位協定の見直しを先にすべきと書いてありました。

その場かぎりの対応しかしてきていないツケがきているのだと思います。
沖縄の普天間基地の返還にしてもそうです。
地位協定があるから

 

我が国は周囲を海に囲まれている島国

沖縄だけに負担を強いてきています。

本土移転だと地元民が反対

総論賛成 各論反対

ここらで真剣に考えなければならないのでは。

 

過疎対策には基地移転はイイとわたしはおもっていますが、

北海道に米軍基地が来るとなると

ますます北方領土は帰ってこないでしょうね。

 

 

住人十色  中谷彰 日々雑感さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ