2日間の停電を経験して考えたこと |  住人十色                                          ★★★ 住 人 十 色 ★★★

 住人十色                                          ★★★ 住 人 十 色 ★★★

ようこそ。十勝の音更町で建設業を営んでいます。
わたしで3代目となります。
中谷彰の日々の感情、建築への思いを書き綴っています。


テーマ:
★★★★★★★★★★★★
住人十色

おかげさまです。
ブログを書いて2793日目
中谷が感じたことを記していきます
★★★★★★★★★★★★
今日の行動
       日曜日です
  お水配達の日

##########################
先週金曜日の夜7時半位に我が家にも電気が来ました。
会社にも同じ位に来たようです。

昨日土曜日は2日ぶりにパソコンでの作業
複合機でのプリントアウトそして
ファック送信
事務所の照明が付きますので
夜8時まで仕事しました。

現場の方も、昨日朝の6時半にお客様から電話来ました。
『電気が来てるよ!』
停電で現場休みにしてましたので
朝早く大工さんに電話して
仕事に来てくれるよう連絡

会うひと毎に
いつ電気が来ました?
と聞くのが挨拶です。

さて、今回丸2日間停電で仕事が出来ませんでした。
復旧する経過で思いました。

痛感したことは
①車の燃料がなければ何も出来ない。
  買い物も行けない
  お客様からのSOSに対応出来ない
  
②乾電池、非常食は常に用意しておかないといけない
それを確保するのに長蛇の列に並ばなければならないはめに。

・車の燃料確保
車の燃料は残量計が半分切ったら
ガソリンスタンドに行く

地震はあった朝に燃料入れる予定だったのです。
燃料が残り少なく車で移動ができなかった。ガス欠が怖かったのです。

・携帯電話の充電器を用意
 手回し発電機を買っておきたい
今回車のシュガーライターから電気を取れる道具を買えたので
携帯電話を充電できる方法確保

水の確保も必要ですね
今回断水が無かったので良かったです。
うちはクリクラをやっているので
もう少し備蓄水の観点から考えて置かなければと思いました。

冬場だと、灯油の確保も必要
でも電気が来なければストーブに火が着かない

発電機が必要なのです。
発電機を動かすにはガソリンがいる

ガソリンの備蓄も必要です
ただ、使わないとガソリンも性能が悪くなるので定期的に入れ替えなど必要

今回2日間の停電くらいで生活が麻痺しました

地震の被害が出てたら
冬に発生していたら
ともっと不安になります

備えで生き延びるしか有りません。

ほくでんさん も一生懸命復旧に努力してくれました。

泊原発はもうやめて
火力発電所、水力発電所、再生エネルギーでいきませんか?
水力で十勝賄いませんか?

原発維持費用を火力、水力に回せば
何とかなるのではないでしょうか

やはり北海道は農業王国
日本の食料基地です
地震で泊原発がメルトダウンしたら
北海道の農産物、誰も買ってくれないですから。






住人十色  中谷彰 日々雑感さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス