たかが3ミリの段差、されど3ミリの段差 |  住人十色                                          ★★★ 住 人 十 色 ★★★

 住人十色                                          ★★★ 住 人 十 色 ★★★

ようこそ。十勝の音更町で建設業を営んでいます。
わたしで3代目となります。
中谷彰の日々の感情、建築への思いを書き綴っています。


テーマ:
★★★★★★★★★★★★
住人十色

おかげさまです。

ブログを書いて2719日目
中谷が感じたことを記していきます
★★★★★★★★★★★★
今日の行動
        現場巡回
  母の歩行補助具の件で打ち合わせ
  他

###########################



シバレますね。
ウチの現在進行している現場は幸い
みな内部工事ですので
外工事のような凍てつく寒さを避けれています。

昨年大晦日に尻餅を付き
背骨を骨折した母の具合が順調に
回復してきてますので
歩行補助器具の件で介護支援員さんと
打ち合わせ


補助具を使って自分で歩いてトイレに行くようになってもらいます。

いざ母が使ってみますと
補助具のタイヤが小さいので
ちょっした段差が問題なのを実感




仕上げが変わる部分に入れるへの字プレート

引き戸のレール

いずれも3ミリ程度ですが
力を入れなければ補助具が動いていきません。

以前現場見学会にこられたお客様に
3ミリの段差も大変だよ
と言われましたが
私は意に介しませんでした。

実際母が使うようになると
そのお客様が言われていたことが
分かりました。

たかが3ミリの段差
されど3ミリの段差なのです。

基本的に引き戸は
上吊り建具が良いですね。

そして
床仕上げも厚みが同じにした方が良いですね

ただ改修工事はある程度致し方ないでしょうが。



住人十色  中谷彰 日々雑感さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス