★★★ 住 人 十 色 ★★★

ようこそ。十勝の音更町で建設業を営んでいます。
わたしで3代目となります。
中谷彰の日々の感情、建築への思いを書き綴っています。


テーマ:
$音更町在住 建築士であり社長の 中谷彰 が仕事、生活を通じて感じたことを書いていきます。-2setai 【大きな2世帯住宅】

本日うれしい連絡がありました。
それは、昨年御引渡しをしました2世帯住宅のお客様から。
2世帯のもう一世帯に住む予定のお姉さん家族が釧路から
引っ越してくることになったというのです。
御引渡しから1年以上も空いた状態でしたので、高い買物をしていただいた
のに、早く住むことができればいいのにと思っていました。
ただ、お姉さんは車椅子を使っていますので
なかなか釧路から帯広に越したくても職場がなかなか見つからないようでした。
でも、今回なんとか帯広で採用されることになり、念願のマイホームに入居できる
ことになったのです。ニコニコ

取りあえずは、温水器等の設備器具が使えるか試運転の手配をしました。
1年ぶりにお会いできるのでたのしみです。
何度も何度も打ち合わせしました浴室を是非使っていただかなくては。

$音更町在住 建築士であり社長の 中谷彰 が仕事、生活を通じて感じたことを書いていきます。-oneesann 【工事中、お姉さまと息子さん】
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
土佐のデザイナー梅原真さんを取れあげた本を読んでました。
『おまんのモノサシ持ちや!』篠原 匡著
一気に読みました。町おこしの考えがたくさん詰まっています。
梅原さんは一次産業で地方のよさをデザイン化していて
数々成功されています。

例えば彼のプロデュースした
高知県黒潮町の砂浜美術館-Tシャッツアート展が有名です。
モンゴル草原バージョンもあります。

十勝でも似たようなイベントを思い出しました。
六菓亭の中札内美術館で毎年夏に行われている
着てみたい北のTシャツ・デザイン展がそっくりの展示です。
(このイベントに梅原さんが関ったかどうかは一言もかいてないでしたが。)

$音更町在住 建築士であり社長の 中谷彰 が仕事、生活を通じて感じたことを書いていきます。-sunahama

この本を読んで一番心にストンと入ったのは、
「年商100億円の会社が3社あるよりは年商3億円の会社が100社あっいたほうが
地域が豊かだ』
このことばは、

ガリバー企業におんぶにだっこの地域ではなく
小さいけど地元の素材、人を何とかうまく商売につなげる考えを持ち活動したほう
が地域を豊かにする一歩である

といっているような気がしました。

$音更町在住 建築士であり社長の 中谷彰 が仕事、生活を通じて感じたことを書いていきます。-umeharamakoto
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
音更町在住 建築士であり社長の 中谷彰 が仕事、生活を通じて感じたことを書いていきます。-100829_080314.jpg


少しまえに頂いたせんべいをあけました。
嫁がせんべいをポリポリと食べながら
『硬いせんべい。どうして老松って名前がついているのだろう?
年寄りには硬くてたべられないのにね。』
すると同じくそのせんべいを食べている息子が答えて
『老いた松だからじゃないの』
『老いた松だよ。老いた松は幹が硬いからじゃないの。』
『なるほど、そっか。』と嫁がいいました。
わたしもそうかなと思いながら納得しましたが
あとで、インターネット調べてみても老松については
硬い幹だと一言も書いていません。

はたして、この老松の名前の由来はいったい?
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
$音更町在住 建築士であり社長の 中谷彰 が仕事、生活を通じて感じたことを書いていきます。-rixyuuteki 【神主さんの竜笛の演奏?で式が開始です】
 
本日地鎮祭を執り行いました。
中札内村でしたので、大正神社さんより宮司さんに来て頂きました。
いよいよ式が始まると
通常神主さんがうなり声をあげてスタートですが
本日は、竜笛を吹いて始まりました。(びっくり~!)
初めての経験です。
さらに、建物の4隅に紙吹雪、米、酒、塩をお客さんも神主さんの後に続いて撒き
家族で参加していただいたので
地鎮祭に参加している、
自分の家の着工前の儀式だ
という気持ちを持たれたたのではないかと思います。
天気が良くて何よりでしたが、少し暑すぎましたが。

$音更町在住 建築士であり社長の 中谷彰 が仕事、生活を通じて感じたことを書いていきます。-yosumimaki 【ご主人が米を撒いています、後ろは御酒を持つ大工さん】
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
今日朝、近くの河川敷を車で通ると
ミニバスとゴムボート2艘がとまって
周りに子供たちがオールをもってゴムボートに乗ろうとしていましたので
わざわざ引き返して見に行きました。
場所は私どもの会社地近くの河川敷きです。
川の水量が何日か前の雨の影響でしょうか
結構おおく濁っていて、しかも早い流れでした。
水が冷たいといいながら皆ゴムボート2艘に分かれてのって川辺から離れていきました。
きっと十勝川エコロジーパークまでいくのでしょうか。
子供たちは別海から来た小学生でした。
いい経験です。修学旅行でしょうか?
みんな、サンダル・ライフベスト・オールをもっています。
しかも座る位置がゴムボートの縁に座っていました。
結構不安定と思いますが・・・・。
事故のニュースがないので無事着いたのでしょう。

この辺は昔キャンプできる場所でした。
石ではなく砂交じりの土の場所で川をせきとめ小魚を囲んだり
ジャガイモを焚き火で蒸し焼きにして食べた記憶があります。

$音更町在住 建築士であり社長の 中谷彰 が仕事、生活を通じて感じたことを書いていきます。-gomubo-to

そう云えば、ベテランのカヌー乗りの方が川で転覆して水死したニュースがありましたね。
やはり自然の水は侮ってはいかないことを知らしめています。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
本日やっと、来月着工予定の住宅の建築確認申請を
建築地役場に提出してきました。
提出後、土曜日地鎮祭なので建物の配置がわかる赤いテープを張って来ました。
一人なので時間がかかりました。
さて、この建築確認何もなければ今度は十勝振興局で審査となります。
それとは別で同時平行で長期優良住宅の技術的審査適合書を取るべく
申請もしていますが。
この住宅次は審査中に住宅支援機構の設計審査の準備をしなければならないのですが、
この建物北方型住宅ECOで補助金を受ける対象建物です。
今年から北方型住宅ECOの認定を受けるには、
事前に北方型住宅ECO協議会設計審査部会の審査を受けなければならないのです。
補助金をいただくにはそれなりの手間暇がかかるのです。
その協議会から先ほどメールが来ていました。
設計審査を前倒しで出すようにとのことです。
どうやら、審査件数が少なく、あとで混むと予想されるからでしょう。
当初、長期優良住宅の技術的審査適合書を取ってから申請との話でしたが。
皆さん、長期の適合書をまだ取れていない状況なのでしょう。
みな同じ状況かと推察されます。
早速 北方型住宅ECOの設計審査の準備もしなければなりません。
工期は決まっているので早く着工したいです。


 わたしはこの手間暇かかる作業を当社の技術水準のレベルアップと位置づけ
工事のお話があると必ずこの補助金をもらえる仕様で提案します。
性能がよく、減税のメリットがあり、補助金がもらえるのですから。

あ~!!そういえば来週からリフォームで補助金がもらえる住宅の改修が始まります。
別件の御見積依頼もあり、先に工事が進んでいる長期優良住宅が大工さん佳境に入っています。

なんだかんだと忙しいです。余計なことで時間を取られたくはないし、時間貴重です。
ですから、ただ今の生活 『忙中 やはり閑なし』の状況です。叫び
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
$音更町在住 建築士であり社長の 中谷彰 が仕事、生活を通じて感じたことを書いていきます。-utiawase3

木工事が進んでくると、だんだんと部屋の大きさ等がお客様に実体感出来るようになります。
例えば、カウンターの高さ、製作家具の大きさのイメージ、クローゼットの棚の配置など
周りの壁が出来てきて始めてお客さんがわかることが多々あります。
お客さんにとって図面ではわからないことが多々あり

今日は建具屋さんに同席してもらいTVボードの打合せです。(写真)
取り付く位置の壁が出来イメージしやすくなったので、建具屋さんから扉の納め、収納の各大きさなど
お客さんと打ち合わせしてもらいました。
(わたしは、重要な名ポイントは担当業者さんをお客さんとの打ち合わせに同席してもらいます。)

そのあと、玄関タイルのサンプル帳を御渡し後日決めていただくことにしました。ニコニコ
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
『もし他の職業についていたら、もっと成功していたと思うか?』
と視聴者に問う番組がありました。
タレントに優木まおみさんがでていたので見ました。
わたし、彼女結構すきなタレントさんの一人です(笑)

確か回答者の6割ぐらいが YESと答えていました。


自分のことを考えてみると、
もし自分が今の建築屋をやっていなければどうなっていたか?ということです。
むかし、大学に進学するとき、文系理系でまず選択がありました。
わたしが受験勉強最中のときは、手塚治虫のブラックジャックに夢中になり
成績が良くないのに医者を夢見たときもありました。(笑)

医学部が無理なので教員を考えたこともありました。(恩師の影響もあります)
そして、結局は父に言われて『好きな学部を受けてもいいけど
建築学科だけは受けておけ』といわれたくらい、建築を考えたことがなかっいたです。

結局大学は建築学科を卒業し、建築に仕事に就き、いま建築屋を経営しています。

わたしの考えは、
その人の意志がその人の人生を決めている
のだと思います。

ですから、わたしも何年も浪人して医学部に入ろうとは思わなかったし、
また先生にどうしてもなりたかったわけではなかったと思います。
結果的に大学で建築を勉強しましたが、さほどのめりこむこともありませんでしたが
社会人になってから、現場にでてから面白みがわかりました。
一番はお客さんとの出会い、職人さんと作り上げていく過程、どれ一つとして
同じものがありません。

最初にもどって、
『もし他の職業についていたら、もっと成功していたと思うか?』
わたしは、これはおそらく他の職業について成功度合いは変わらないとおもいます。
人生はそのひとの意志が大きく反映していると思うからです。
職業が変わっても、仕事にたいするモチベーションはあまり変わらないかと。
ただ、上司によって大きくかわることは当然ありえます。
でも、どんな上司に出会うかもその人の人生だと思うのですが。

こんなことを ある番組をみて思いました。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
市民セミナーのご案内

『断熱耐震同時改修プロジェクト』の市民セミナー開催します。
 リフォームで最大200万円を補助をうけるチャンス!!なのです。
 日時・場所は
 9月4日(土) 午後1時30分~3時30分   東急イン


このセミナーは新住協十勝支部主催 で
今年国交省の補助事業長期優良住宅先導事業『断熱耐震同時改修プロジェクト』の
セミナーを当NPO法人理事長 鎌田先生を招いて行います。
是非来てみてください。入場無料。

 実は、この事業は7月に採択を受けたため、
わたしたちもどんな内容だと補助金を受けれるか定かではないので、
当日午前中新住協会員の研修会が行われるのです。
事業の採択決定からあまり時間が無い状態でスタートですが、
上手にうまく使えれば最高で200万円も補助金が受けられるのです。
ただし、断熱改修と耐震改修を同時にしなければなりません。
新築には手がでないけど水廻る、外壁をリフォームしたいと考えているなら
是非検討の1つとすべきものです。

補助金の一つエコカー減税があるため、新車に乗り換えた方もかなりいらっしゃいます。
家電エコポイントも然り。
では、住宅部門は
わたしがお勧めしている長期優良住宅も1月末までエントリーが延びました。
金利補填を税金で行うフラット35.
住宅版エコポイントもまだいけます。
このようにまだまだ補助金を使って家を建てたり直したりできます。
情報に疎いと損をする時代なのです。
わたしたちも積極的に情報収集し、
お客さんにお得な情報提供が営業のサービスとして不可欠いなっています。

今年は、この『断熱耐震同時改修プロジェクト』を対象となるお客さんに出会いませんでしたが
来春に取り掛かれるお客さんとの出会いを見つけます。


人間、わかっていても補助金をもらえる、もらえないでは雲泥の差ですから。


    

                           
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
一匹のウサギは、今自責の念にかられています。
どうしてかというと・・・・・。

=========================================
ある森のできごと。森には4つのどうぶつたちが暮らしています。
おさるさんチーム
たぬきさんチーム
うさぎさんチーム
りすさんチーム

みんな仲良く暮らそう。食べ物を分け合ったり、虎などの乱暴者に仲間がたべられないよう
いろいろと知恵を出し合ったり暮らしていました。

ところが、おさるさんチームで問題が起こりました。
それは、おさるさんたちの食べ物の問題でおこりました。
一匹のおさるさんがリーダーの言うことを聞いてくれないというのです。
そこで森の総責任者のふくろうさんがでましたが、うまく解決しない。
どうしょうかということで、4つのどうぶつたちから各リーダーたちが
召集され、このおさるさんについて話し合いがもたれました。

以前にも同じような騒動があり、森のなかまたちは
今まで住んでいた森から問題を起したおさるさんを追い出しているのです。
基本的には仲良くやっていきたいのですが、おさるさんたちの問題だから
おさるさんたちで解決してほしかった問題でした。

そしてまた、おさるさんチームから問題が出たのです。

しかし、召集された会議の席上
おさるさんのリーダーは、困った、このままではおさるさんチームはまとまらない。
このおさるさんに森から出て行ってもらうよう要請したいと
リーダーたちがいる会議で言いました。

いろいろな意見がでましたが、森のリーダーたちの結論はこのおさるさんに
出て行ってもらうと結論を出してしまいました。

いまその森は大変ことになっているのです。
==========================================

自責の念にかられているこのウサギはうさぎチームのリーダーの一人です。

■ 本来この問題はおさるさんたちの問題で、森全体の問題ではない。
  たぬきさん、うさぎさん、りすさんも関係ないことです。
  本来森全体の問題にすべきことではなかったのではないかと思います。

■ さらにこのリーダーたちの会議の席で問題だといわれるおさるさんの話を直接聞いていないのに
  結論を出してしまったことです。
  民主的ではなかったかもしれません。
  重大な問題なので、せめて日を改めて冷静に考えれる時間を取り、
  直接話を聞いてから結論を出すべきだったのではないかと思います。

 どうして、会議の席上この2つを提案できなかったのか
 いまこのウサギは自責の念にかられているのです。
 しかし、このウサギはわかっています。こんなことを言ってもあとの祭りだということを。
  森の騒動は広がっています。しょぼん
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。