住人十色                                           ★★★ 住 人 十 色 ★★★

ようこそ。十勝の音更町で建設業を営んでいます。
わたしで3代目となります。
中谷彰の日々の感情、建築への思いを書き綴っています。


テーマ:

mokei

今、ちょっと大きい建物を打ち合わせ中です。
お客様のイメージをパースなどの2.5次元より模型をつくり3次元でみていただきました。
来週着工です。折を見て報告していきます。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
先日の景品は、1昨日のミニバレー大会の景品です。
当日、朝から準備をしていよいよ試合開始です。
ミニバレーは目の前で観戦するのは初めてです。
年齢は、20代から70代の方がそれぞれのからだの動きのあわせて
プレーできるのでこれほどまでに普及しているのでしょう。

試合が決勝戦になると、やはりすごいです。あのビーチボールのような
球がサーブ、スパイク時回転をかけることで手前で落ちるのです。
若い上手な人もレシーブできないのです。
正直おどろきました。全十勝大会など上位クラスだともっとすごいとのこと。
ミニバレーの奥の深さを知れました。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
実は、わたし330戸の町内会の会計部長を拝命しています。
今年の1月からです。もう少しで1年が経とうとしています。
いろんな町内会の行事を裏方からささえてきました。
今月は行事が2つ、3つと重なり超忙しいです。

付近の町内会5つから出場する親睦ミニバレーを行います。
編成チーム4~5名が11チームです。
景品の準備が大変です。
優勝、準優勝、1位、2位、参加賞です。みなさん何をいただいたら
うれしいですか?やはり現金でしょうかね。しかしわが役員会は景品にしました。
さて、予算がありその中で参加人数で分けれるようなものをよういしなければ
仲たがいになります。幹事のわたしは悩みましたが、妻に相談すると、
「それは、テッシュがいいんじゃない。優勝チームは80個、準優勝は60個・・・。
参加賞は30個。それを各チームで分ければいいんじゃない。」
「でも、表彰式のとき盛り上がりにかけるかもしれない。」・・・・
次の日、あれこれと悩むより
雑貨やさんにいって総予算と1人あたりの単価をいってすべてお願いしてきました。
品物選びってたいへんなことですよね。
会計って自由な時間がある人しか、ほんと、できないです。
本業の仕事より忙しいのです。実感です。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
●今朝の北海道新聞の仲ほどの1面を使って、
 「欠陥住宅購入者を保護」と見出しで来年10月からの新法施行に
 ついてでていました。
 私たち小さな工務店は、保険をかけることになります。
 保険の引き受けてが5法人(国交省大臣指定)から選びます。
 各会社の保険は特徴が余りなくどれを選んでも同じようです。
 どの会社の保険を使おうと住宅を建てる人にとってはイイことです。
 新聞で告知をすることは、「いよいよ」という気がしてきます。

●それからもう一つ、建築士法の改正で構造設計士制度も11月末に施行がなり、
 来年度中には4号特例がなくなるような気がしています。
 木造の構造研修が全国各地で開催されているからです。

 国も一定レベルのない建築士を排除にかかるのです。
 この特例がなくなると建築士の業務がかなり増えますが、
 私たち建築士はお客さんの財産を任せられているので
 それなりに責任をもって、研鑽し技術向上に努めなければ
 なりません。もちろん私は、この構造研修にでます。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
ジャパンホームショーは広い会場で見て回るのに疲れましたが、
次の日、楽しみにしていた研修のために新宿にいきました。
昨年工事中だった、建物が完成していました。
コクーンタワーと称していました。
koku-nn
こんなような流線型の建物です。すごい技術ですね。
都会だからマッチするのでしょう。
高層ビルといえば、トマムの高層ホテルが断熱改修などで外壁が模様変えになったとか。
パネルをところどころをカラフルにしているらしいです。見てみたいですね。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
続きです。
秋田杉の太い丸太を会場でテーブル状に鋸で挽いていました。
樹齢200年以上の直径110cmの丸太を写真のノコをつかい両方から交互に鋸で挽いているのです。
noko2
両方から挽いてるのにほんと切り合う位置があっています。職人技です。
noko

今機械化されてはいても直径が100cmを超えるものは機械では挽けない為職人さんが挽くそうです。
ただ、これだけ太い丸太がなくなってきているので丸太挽き名人職人は東京の木場でも1人だけだそうです。そして、写真の職人さんがその名人のお弟子さんで、1しかいません。
丸太挽きという仕事がなくなってきているからですね。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
東京にどうしても参加したい研修があったので行きました。
研修は期待以上できっとお客様に今までと違った提案ができると思います。
提案するのが楽しみです。

さて、同じ日に2008ジャパンホームショーが開催されていたので
時間が余りありませんが見てきました。
bigsight

会場の広さにはビックリ。短時間ではとても見切れないので、足早にざっと見て気を引いたことを書きます。
出展業者が日本全国から来ていますし、海外からは米国、カナダ、フィンランド、ドイツ、中国、ミャンマーなどからの業者が出展していました。

注目したブース
●建具の面材(表面材)で 浮作り鎌倉彫漣(さざなみ)
などが流行るかのように比較的多く見かけました。凹凸がありチョットちがった住宅に提案されそうです。

uzukuri

sazanami

無垢の床材にも浮作りだ結構あり、つるつるした均一感より個性あるすまいの表現をしたい現われかな
とも思いました。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
中学生の息子が今日学校の授業で職業体験にいきました。
生徒たちだけで実際のさまざまな職場におじゃまして、実際の仕事を見て体験させてもらうとのこと。
先生は同行しないらしいです。あくまでも生徒たちでの行動です。
建設業、法律事務所、トリマー、スーパー、自衛隊などさまざまです。
生徒たちを受け入れていただいた企業、組織には頭がさがります。
我が息子は警察官の体験希望でしたが受入がムリだったようです。
そりゃそうですよね。あぶなくて、あぶなくて・・・・
それで、建築関係の専門学校にいきました。

私たちの中学時代にはこのような体験はありませんでした。
こどもが少ない分なのか、いろいろなことが体験できるのはうらやましいです。

今日帰ってきての息子の感想がたのしみです。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
先日、sony 提供の世界遺産をみました。「自由の女神」でした。
自由の女神は友好の印としてフランスがアメリカに贈られたもの。女神像を乗せる台座の工事が、不況のための資金難で止まります。アメリカの市民はどうしたかというと全国によびかけ寄付をつのりました。
1人/25セントです。そして工事費が見事にあつまり女神像は完成したのです。120年前のはなしです。
ヨーロッパからの移民たちがNYにつくのを向かえたのだそうです。移民たちも自由の女神像に元気付けされたそうです。

女神像ができ100年がすぎると所々傷みだし、とくにタイマツ部分がひどいことになり、大修復をすることになります。この時も工事のお金もどうするかとなります。国はだせないとなると、アメリカ人はやはり市民の寄付でまかないました。
今度は1ドル/人です。しかも子どもたちが一生懸命寄付に係わっていたのです。

日本にこのようなことが起こりえるかなと思いました。
自由の女神のようなシンボルはこの日本にあるのかと思いました。
日本のシンボルとしては法隆寺、富士山・・・
でも全国から寄付が集るかどうか。ぼくは寄付の習慣の違いが大きいように思えたのです。
「寄付することでその慈悲がめぐりめぐって自分に還ってくる」というかんがえです。
寄付の文化といってもいいかもしれません。こどものころから親の寄付の行為を見て育ちます。

赤い羽根共同募金、歳末助け合い募金の季節です。あなたは寄付しますか?


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
少し前に沖縄のドラゴンフルーツなるものを4個いただきました。
doragonn3

doragonn2

外見はあまりおいしそうには見えません。しばらくしてそのくだものを切ってみると
写真のとうりです。色白のキーウィーのようでした。いざ食べるとほとんど味がしません。
ぜんぜん甘みもすっぱみもありません。ただ黒い小さなたねの食感だけ。果物好きの我が家の
娘もひとくちで「いらない」といいました。こんなあまりおいしくない果物がお土産として
沖縄で売っているのだろうか?たまたまこの1個だけがまずいのではないか。しかし
日をおいて2ことも同じ状況でした。

doragonn
さいごの1個は私の親に「こんなにまずいくだものを食べてもらおう」と持って行きました。
そしてきってみると写真のような真っ赤な顔がでてきました。わたしはびっくり。
食べてみるとまあまあ甘くて食べられないことないです。わたしはきつねにつままれたようになりました。
このドラゴンフルーツのほんとうの姿はどれなのでしょうね。
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。