■前回のあらすじ
たけさんの呼び掛けに反応した
おじさんたちがリビエールに集い、
急遽再結成された秘境探検隊。


行き先は修験者の滝行の場として
古来よりあり続ける「文蔵の滝」……


柏原リビエールホール出発後、
石川CR途中にある滝谷セブンで休憩、R371→K218を経由して
滝畑ダムに到着したのでした。




■■■■■■■■■


滝畑ダムの観光案内所の前には駐車場があり、
キャンプをしに来た家族連れで
ごった返していました。




食堂みたいなところは
まだ開いてませんでしたが
売店の方は営業してたので、
そっちで飲み物購入。




のど渇いたんでポカります。

潤う~。


makotakeさんは虫除けのスプレーを
吹きかけてました。


そういえば虫に刺されて足腫れてたな……


お手洗いすますとリスタート。
本格的な山へとヒルクライム開始!


山の方へ向かった瞬間、
ヒヤっとした空気が、私達の身を包みます。


あんだけ暑かったのに……


それもそのはず、気温計を見ると。




さっきまで30℃超えがざらだったのに。
めっちょ涼しいやん!?

クーラーついてんのと同じ気温やで。


湧き水も結構流れてて、
マイナスイオンもさぞ出ていることでしょう。




涼し気な空気の中を
ぐんぐん進んで行くと
川辺のキャンプ場に降りる道とは
逆に上を目指す坂道が現れました。


その道には無数のドーナツ場のくぼみが……


激坂やん!!!Σ( ̄□ ̄;)


斜度は明らかに10%超え!!


これ、登っていくんかぁ。


みな、カンカンカンカンとギアを落とし、
じわりじわりと登って行きます。

スピードはもちろん一桁台……


私もハアハアと青色吐息。


川の水の流れる音のみが聞こえる
静寂な森の中、
みなが黙々とクランクを回していると。


ウィーーっ…

ウィーーーーっ…


ウィーーーーっ…


森の中では決して聞こえることのない
異質なモーター音。


その機械仕掛けの音の先、
ただ一人激坂も意に介すことなく、
息も切らさず力強くグイグイ行く、
漢の姿ががが…


それはヤツ、






ラグさーー!!!Σ(´□` )
※コブラ?


最新テクノロジーの粋を集めた
e-bikeにまたがり、ノロノロと激坂にあえぐ
私達をあおって来る!!


イッ、色々、
あっ、遊んでやがる……



強く新しい機械の力を身にまとう
その姿をみたsenさんは恐怖のあまり、
驚きを通り越して絶叫するのみ!


sen:「機械化人やーーっ!!Σ( ̄□ ̄;)」


機械化人!?


何それ!?( ゚□゚)



sen:「メぇーーテルーーぅ、機械化人が襲って来るよぉぅーーww」



銀河鉄道かーーーい!!
\(^o^)/
※メーテル募集中


とか言うてる間に、ラグさんは私達をパス。
颯爽と登って行くその姿は……







十字架背負った
ロンリーソルジャーボーイ(T_T)
※おじさん





とにかく、ラグさんを追走!





全然追い付かへん……。

しんどい(;´Д`)ハァハァ


そういえば。

Nokiさんこの前の和歌山の600キロの
ブルベ以降、自転車あんまり乗れてない
言うてたけど大丈夫かっ!?




よゆうww


ハアハアしてんのワイだけw


あっ、そういえば。

くろだいさんが全然見えないよ。
どうなってんの?

あんま余裕ないからもう気配りええか……
※あかん


自転車自転車自転車


ずっと続くかと思われた
少々荒れた林道も終了し、
ピークに到着!


堀越観音と分岐への分岐に来ました。



先に到着したラグさんに向かって
たけさんがバッテリー残量を訊ねます。


たけ:「バッテリーどれぐらいあります?」


ラグ:「70%位かなーーっ?」


それを聞き、うなだれるたけさん。



しかし、気を取り直し、私達に

たけ:「写真撮っときます?」

と聞かれます。


案内されるまま
分岐を少し過ぎると「蔵王峠」の看板が。

よく見るよコレ!!





記念写真を撮り終えると堀越観音の方へ。


先ほどの林道に比べるとマシな坂を登ります。


すると視界が開け、絶景が。

これもシャッターチャンスや!!!!


シャッターポチっとな!!(*´Д`*)




ワシの写真、
絶景感、
永遠のゼロ!!
\(^o^)/


なんでや……


Nokiさんも写真撮ってました。
nice pictureやと思います。

私と違って(涙。


としさんから、ここは秋になったら、
柿が一面に実ってキレイやでと
教えてもらいます。


そういえば去年大台ヶ原行ったとき位に
ここ来るって案もあったなぁ。
激坂あるって言うてたの
なんとなく覚えてる。


まぁ、ここに公共トイレあったんで
用事を済ませます。

今度は和歌山方面へダウンヒル。


メチャクチャ激坂やん!
下るん、怖っ!!

としさん言うてた激坂これか!( ゚□゚)


しかもここはくろだいさんが
過去の秘境探検隊であまりの激坂に
足付き、押し歩いた坂だと
教えてもらいます。


そういえば何か昔のツィートで見たよ、
押し歩いてるのん!


もちろん写真を撮ってるヒマなし!


makotakeさんもヤバいと感じ、
比較的ゆっくりと下山。


makotake:「これ、逆から来たらヤバいやろ……」



同感ですわ~


結構な下り坂を降りるとまたも分岐が!
ジャマにならないところで、
後続を待ちます。


くろだいさん降りて来たとき
カーボンのホイールでやって来てたので、
あの強烈な下りで
めっちゃドキドキしてたよう。


無事で良かったですね!



全員揃うと、たけさんリスタート。

しかしまたも登りの方へ……○| ̄|_


すきやな登り……



って、目的地の滝はすぐそこでした。

良かったよ。





ヨッシャ!!

文蔵の滝、到着!!


私達以外にも
岸和田のスポーツクラブの年配の方が
来てらしてて、
滝で別の組の方が、
めっちゃ遊んでるらしく、
早く降りて来るように急かしてくれと
お願いされました。


どんだけ楽しむねん。


用事を頼まれつつ、シューズから
登り用の靴やサンダルに履き替えると
さっそく滝への登山道へ。


ビンディングシューズでも
行けるみたいですが、
私は履き替えて正解でした。

道結構急なんで。




登山道を登ってると
服がビシャビシャの人達が降りてきました。

さっき催促するように
お願いされた人らの様子。


小学生位の子もいたので、
それでずっと遊んでたんやな。


そら楽しいから中々降りてこんやろ~。


スライドして、また少し登ると。




下矢印




下矢印




修行場が現れた!( ゚□゚)



ここでサンダルを脱いで、
滝へと向かいます。

ランニングランニングランニングランニング




ざぶっと流れに足をつっこむと。




メチャクチャ冷たい!!!
Σ( ̄□ ̄;)




氷水に浸してるみたいや…




下矢印




下矢印




結構な水量でちょっと怖い((( ;゚Д゚)))




続々とおじさんたちが滝に入って
わーきゃーしていきます。




くろだいさんも水を得た魚やで!!




滝に打たれて
senさん絶対、覚醒してるよ!




Nokiさんも水も滴って良い男に。
※元から


私も滝壺に入るように促され滝壺に。


しかし、滝壺入った途端、
圧倒的な水量が私の体に覆い被さり、
私はその力に耐えきれず、
冷水の中に押し込まれていきました!




めっちゃ冷てーーー!!

滝行舐めてた!


芸人さんとかバラエティー番組とかで
滝壺とか入ったりしてんの
見たことあるけど、
結構スゴいことやってんのね……。


水入った瞬間は冷たかったけど、
水から出るとポカポカしてきた。

体がどないかなってるで……。



日があたって良い感じの岩壁が
あったんで写真をパチリ📸

たまたまsenさんも映り混んでました。




何このジブリ感!


senと千尋の神隠しやん!!
※さっき覚醒してるとか言うてたのに神隠されるんかーい






makotakeさんもえーの撮れたw


一通り水に入って、楽しむと
私達はバイクを置いてるところまで戻り
次の目的地へと向かうのでした。



つづく



滝、冷たかったけど気持ち良かったなぁ…


ブログ村ランキングに参加してます!
クリックよろしくお願いします!