【実話】上司の嫉妬はみっともない | 『社長の営業道』
新型コロナウイルスに関する情報について

『社長の営業道』

「営業が苦手」「経験がない」「そもそも営業したくないから社長になった」経営者のあなたのために、トップセールスの秘訣や考え方について、私が出会った100人以上の社長さんから学んだ実体験を交えてお伝えするブログです。

こんにちは。

株式会社S.K.Y.の中田です。


今日は

ホントにあった信じられない話

お伝えしようと思います。


経営者はもちろん、

リーダーや管理職、コーチや先生、

お子さんを持つご両親は

ぜひこのままお読みくださいね。
 



むかしむかし、あるところに

優秀な営業マンA君がいました。


半期ごとの売上目標は常にクリア、

数々の社内表彰を獲得していました。


同期の中でも群を抜いて出世が早く、

チームの売上目標の3割はA君が稼いで

いました。


チームを率いるPマネージャーも

ことあるごとにA君を引き合いに出し

「皆もA君の動きを見習うように」

と他のメンバーに発破をかけていました。


A君も自分の仕事に自信を持ち、

クライアントからの評価もよく

楽しく仕事に打ち込んでいました。


ある日のこと、

Pマネージャーの上司である

G部長に呼ばれます。


そこでG部長からA君は

信じられない話を耳にします。


「最近、Pマネージャーと何かあった?」

もちろん、特に何もないので答えはノーです。

すると、G部長が

「最近、Pマネージャーからキミの報告が

 あまり良くない話が多くてね。

 数字は上げているが態度が悪いとか、

 後輩を夜遅くまで飲ませてるとか。

 何か心当たりはあるか?」



A君からすると寝耳に水とはこのことで、

ビックリしてしまいました。

Pマネージャーとの関係も

一緒に飲むことも多く、酒の席でも

態度が悪いなど注意されたことは

一度もありませんでした。



あなたは

どういうことかおわかりでしょうか?



今度は逆の視点からみてみましょう。



Pマネージャーのチームには

とても優秀なA君という部下がいます。


チームの売上目標の3割は稼いでくれ、

上司のG部長からも一目置かれている

A君はとても頼りになる部下です。


そのうち、だんだんとA君と自分を

比較するようになってきました。


A君ばかり評価されて、自分は上司から

褒められることなく叱られてばかり。


このままではマネージャーとしての

自分の威厳が落ち、この椅子を

A君に奪われるかもしれない。


確かに売上は上げているが、

俺の若いころの方がすごかったぞ。


俺だってデキるのに、

A君ばかり目立っておもしろくない。




勘の鋭いあなたなら

もうお気づきですよね?


このPマネージャーは

部下であるA君に嫉妬し、

自分の保身のために

あろうことか上司であるG部長に

作り話を報告したのです。

 



これは極端な事例ですが実話です。


どんな組織でも、

自分を上げるために相手を落とす、

自分を大きく見せるために相手をけなす、


そんな人はいるのではないでしょうか?


だから、Pマネージャーに

こう言って差し上げました。


「あなたは実績を残してきたからこそ

 今マネージャーをしているんです。

 あなたは直接A君を育てたとは

 思えないかもしれないが、

 A君は間違いなくあなたの背中を見て

 ここまで優秀な営業マンになったと

 私は思っています。

 子を見れば親がわかるという言葉の通り

 A君を見た人は、あなたのことを

 彼を育てた上司として見るでしょう。

 部下に嫉妬するなんて

 器の小さい人間のすることですよ。

 そんなことをしている姿を

 A君や他の部下が見たらどう思う?

 彼らに恥ずかしくない背中を見せる事が

 マネージャーの役割ですよ」



前職で20年、経営者になって8年、

様々な組織を見てきましたが

このPマネージャーのように

優秀な部下に嫉妬して足を引っ張る人は

想像以上にたくさんいました。



超優秀な部下よりも、仕事はそこそこで

何でも言うことを聞く部下の方が安心、

なんてことを言う方もいました。


超優秀な部下をライバル視して、

上司という立場を利用して無理難題を

突きつけたり告げ口をしたりして

潰そうとしている人もいました。


リーダーは部下の成長をサポートするため

だけに存在する役職です。



部下は良くも悪くも

リーダーの背中を見て育ちます。


だからこそ、経営者はもちろん、

リーダーや管理職、コーチや先生、

あるいはお子さんを持つご両親など

人の成長に関わる責任がある方は

自分を律し学び続ける必要があるのです。



歳を重ねるごとに、

役職が上がるごとに、

人から叱ってもらえなくなります。


だからこそ、

自分で律し学び続ける必要があるのです。



部下が褒められることはあなたの日頃の

声掛け、仕事への姿勢の賜物です。

堂々と背中を見せられる自分でいましょう。
 



【お知らせ】


弊社株式会社S.K.Y.は

おかげさまで8周年を迎えました。

これを機に、限定2社のみ

売上拡大に特化したコンサルティングを

新たにお受けさせていただきます。


売上拡大のための

販売促進戦略(イベント・集客・企画)

組織開発戦略(人事・組織作り)

人財開発戦略(営業力強化・ツール制作)


この3本柱でご提供いたします。


ただ、日本営業大学の立上げもあり

他にも多くのプロジェクトを並行して

回していることもあり、

お受けするからには本気で向き合いたい

という思いから、今年度は

限定2社のみとさせていただきます。

あしからずご了承くださいませ。


詳細につきましては、

打ち合わせ・設計書ご提示・契約と

なりますので、

興味のある方はひとまずこのメールに

返信くださいね。


エリアはどこでも構いません。

本気で売上拡大に挑戦する方からの

返信をお待ちしています。



今日は以上となります。

最後までお読みいただき

ありがとうございました。