【実話】あのプロジェクトのその後 | 『社長の営業道』

『社長の営業道』

「営業が苦手」「経験がない」「そもそも営業したくないから社長になった」経営者のあなたのために、トップセールスの秘訣や考え方について、私が出会った100人以上の社長さんから学んだ実体験を交えてお伝えするブログです。


テーマ:

おはようございます。

 


土日はいかがお過ごしでしたか?

 

僕は土曜日、


尊敬する社長様にお誘いいただき


あるセミナーに行ってきました。


その名も


「大人研究会」


今回は


「大人の眼鏡を研究する会」でした。


初めて聴く話ばかりですごく刺激的で、


とても納得しました。

 

思わず、新しい眼鏡を作っていただくことに!

 

お話を聴いて納得して使うお金って


すごく幸せなお金の使い方だと


僕は思っています。

 

納得して幸せなお金を使うと


必ずまた入ってくる、ということを


何度も経験してきましたので


きっとこの眼鏡が


僕に福をもたらしてくれるでしょう♪

 


ナカタ2018年バージョンの眼鏡、


仕上がりが楽しみです♪

 


さて、


今日は僕のリアルな仕事話を書きます。


あなたの参考になれば幸いです。

 


昨年、僕はいくつかの企業様に関わり、


ある社内プロジェクトを立上げました。

 

 

『共感リーダー養成プロジェクト』

 

 

企業の課長クラス、あるいは


近い将来課長になるであろうメンバーを


推薦していただき、


各社20名という少人数で

 

「共感力をいかに組織に定着させ、


会社のムードを変えるか?」

 

というテーマのもと、


様々な取組みをしてきました。

 

具体的なことはここでは書けませんが


プロジェクト発足の目的は


「リーダーシップの強化」


「社風の変革」


「若手離職者の阻止」


でした。

 


それまで、この企業では


4~5年目ぐらいの若手社員が


パラパラと辞めてしまう状況でした。

 

理由は


「思っていたのと違う」


「将来を思うと悲観して」


「社内にモデルとなる上司がいない」


およそこのような感じでした。

 

経営陣は頭を悩ませていましたが、


私は外部の人間として、同じ経営者として


はっきりと理由がわかっていました。。。

 

「だって、楽しそうじゃないねんもん」

 


30代後半から40代の社員の方が


まったく輝いていませんでした。

 


「生活があるから辞められず、


仕方なく働いている」


としか僕には見えませんでした。

 

 

そのような姿を毎日見て、


そのような方から仕事の指示をされて


発する言葉を毎日聴かされて


若手社員が輝けるはずがないでしょう?

 

 

 

 

経営層はこう言います。

 

「経営理念が大事だ!」

 

それは理解できますし、僕もそう思います。

 

 

しかし、現場で働く若手社員からしたら


経営理念よりも目の前の上司、


経営理念よりも日々の仕事の充実感を


どうしても優先してしまいます。

 

 

どれだけ美しく崇高な理念があっても


目の前のリーダーから毎日聴かされる言葉や


表情、仕事に対する姿勢、本気度などに


若手社員は影響されてしまうのです。

 

 

 

だから経営者はまず自ら率先垂範して


経営理念に沿った行動を示し続け、


次にNO.2を育成し、


そして


リーダー層を育成する必要があるのです。

 

 

 

これは子育てでも全く同じです。


目の前の両親から毎日放たれる言葉、


習慣にしていること、


生活に関わるすべてのことに


お子様は大きな影響を受けています。

 


だから僕は経営層に言いました。


「御社はリーダーの姿勢を変えないと


数年後には沈んでしまいそうな気がします。


今、彼らを輝かせないと


若手の離職が止まらないばかりか


採用すら危なくなる気がします。


僕に1年間任せてもらえませんか?」

 

こうして、


毎月の経営層とのセッションに加え


プロジェクトの立上げ~伴走役として


関わらせて頂くことになりました。

 

結果、


P社では20名のリーダーの内、


12名のチームで目標を達成し、


4名が昇格、若手の離職はゼロでした。

 

Q社では、参加したリーダーたちが


「リーダーズクラブ」というチームを作り、


「俺たちが会社を変えるんだ!」


という旗の下、それまでとは全く違う


会社のムードを作っています。

 

プロジェクトに参加したリーダーたちは

 


「最初はどうなるのか半信半疑でしたが


素直の本質がわかり自分が変わってからは


どんどん楽しくなりました」(38才・男性)

 

「仕事での人間関係が滑らかになったおかげで


家庭内の雰囲気もよくなって驚きました」


(4○?才・女性)

 

このプロジェクトは、特に難しい「座学」を


してきたわけではありません。


僕は「難しいことを簡単に」伝えることが


得意なので、


簡単な座学の他は、ほとんど「実学」でした。

 

プロジェクトで学んだことや気づいたことを


現場で活かせなければ何の意味もないので、


あくまでも現場にこだわった内容で


進めてきました。

 

そして今回、P社・Q社の許可を得て、


1年間実施してきたプロジェクトを


3ヶ月で濃密に習得できるようにアレンジし


一般公開させていただくことになりました!

 

 

 

 

 

【共感リーダー養成道場】


この道場では、次のようなことが


習得できます。


●真のリーダーとしての「あり方」

●部下やお子さんから見られても

恥ずかしくない「背中」

●本気の育成スキル、愛厳の精神

●真のリーダー同志の人脈

 

そして、最終講義修了時には


この世に一つしかない、


あなたオリジナルの


「マネジメント・グランドルールブック」


が完成します!

 

マニュアルではない、


あなたご自身の「グランドルール」は


その後のあなたの拠りどころになり


迷ったときに立ち返る原点にもなります。

 

すごいパワーを実感できますよ!

 

この「共感リーダー養成道場」には


部下や生徒さんやお子さんなど


誰か大切な人のためなら


自分を変えることをいとわない、


誰か大切な人のために


今よりさらにレベルアップしたい、


そんな本気の方に来て欲しいと願っています。

 

しかし、文字だけでは伝わりにくいとも


承知していますので


体験説明会を実施いたします。

 

 


【共感マネージャー養成1DAY講座】


この1DAY講座では、


共感力をマネジメントに活かす方法や


その実例、


僕が著書に書けなかった「ナマ話」「裏話」


もお伝えします。

 

そして


1DAY講座に来られた方全員に


「すごい共感マネジメント

テンプレート集」


をもれなくプレゼントいたします!

 

本講座(=道場)をご検討の方は


もし1DAYにもお越しいただけると


他にも特典がありますので、


可能であれば1DAYからご参加下さい。


※本講座への申込みは今しばらくお待ち下さい。

 


【共感マネージャー養成1DAY講座】


http://sky-cslt.co.jp/class/manegement_2018.html

 


東京は

3月28日(水)、4月3日(火)、12日(木)

場所は品川駅近郊


大阪は

3月26日(月)、4月4日(水)、10日(火)

場所は大阪駅近郊

 

時間はいずれも18:30~21:00です。

 

1DAY講座に関する詳細・お申込みは

こちらをご覧くださいませ。

http://sky-cslt.co.jp/class/manegement_2018.html

 

まずは1DAY講座で納得して


道場へのご参加を検討してくださいね。


大切な誰かのために、


またご自身の未来のために変わろうとする

 

あなた一歩、僕が伴走します!

 

最後までお読みくださり

ありがとうございました!

 

 

株式会社S.K.Y.中田仁之さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります