小室問題の本質が見えてきた! ① | 中杉 弘の徒然日記

中杉 弘の徒然日記

毎日・毎日起きている事件について
ユニークな視点で書いています。

【国民歌】愛国行進曲 Aikoku kōshinkyoku Patriotic march - Japanese Patriotic Song

 

   ♪見よ東海の 空あけて


旭日(きょくじつ)高く 輝けば


天地の正気(せいき) 溌剌(はつらつ)

 

        ニセ皇族はいらないよ♪

 

 

 竹田恒泰さんが、このような発言をしています。「秋死ノ宮様をこれ以上、苦しめるのは止めよう。もう充分苦しんでいるのです」と言っています。

 そんなことを言って、この問題は終わりになるのでしょうか? 竹田恒泰さんは、素晴らしい人だと思って、僕は尊敬しています。くだらないことを言わないでもらいたいものです。単なる身内びいきになってしまい、そうなると同じことをやっているのです。

 「何故、このようなことが起きてくるのか?」ということを考えて僕は発言しています。僕が言っているのは、魔子ちゃんの結婚問題は、憲法問題です。憲法の中の主権の問題です。そのような筋を詰めていかないといけません。「秋死ノ宮を攻撃するのは、可哀想だ」と言うのは、感情論です。そんなことで、この問題は解決しません。

 僕が毎日、写真を載せていますが、秋死ノ宮は上皇の血筋ではありません。魅痴子さんの妹の亭主と秋死ノ宮は、ソックリです。

 「魅痴子さんが、安西さんと浮気して出来た子供ではないのか?」という説もありますが、そうではないと思います。養子縁組をしたのです。養子と言わないで、実の子供として、皇族に入れたのです。多分、そうだと思います。

 もう一つ問題があります。母親の出産が近くなると男は浮気をするのです。SEXができないから浮気するのです。それで妊娠する場合もありますから、どちらとも言えません。

 秋死ノ宮の父親は、上皇ではありません。そこを突かなければいけません。何故、それをいい加減にしたままにしておくのでしょうか? 火差人さんを天皇にするというのでしょうか? バカを言っているものではありません!

 皇嗣家の第二番目の皇位継承者だなどと、冗談を言ってはいけません。この子供を見て御覧なさい。悪のやりたい放題です。学校から帰るとカバンを投げ出して「おい、ダイコン、宿題をやっておけ!」と命令するのです。

 15歳のガキが生意気になっているのです。「おい、宿題をやっておけ。俺は未来の天皇であるぞ。逆らったら大変だぞ!」と言っているのです。それだけではありません。学校でも同じことをやっているのです。

 お茶の水女子大学附属中学には、火差人さんの子分が5~6人いるのです。「俺は天皇だぞ。俺に逆らうと大変なことになるぞ!」と脅かせば、子分になるのです。

 竹田恒泰さんは、旧宮家という立場ですから、何千名もついてくるのです。それが、天皇だと言ったら、参ってしまいます。お茶の水女子大学附属ですから、良い家の子供が通っているのです。

 そんな中で、そのようなことを言われたら子分にされてしまいます。火差人さんには、権力がついてきたのです。侍従に宿題をやらせて、侍従を「おい、ダイコン!」と呼ぶのです。おまけに「小室を逮捕しろ!」と言っているのです。まさに暴君です。

 暴君に育ててしまったら、天皇になるなどとんでもありません。それでもよいのです。火差人さんは、上皇と血のつながりがないのです。それを詰めなければいけません。文句があるならば、DNA検査をやって御覧なさい。DNA検査の結果を国民に出してください。そうすれば僕も納得します。安西さんの顔を見れば、秋死ノ宮の実の親父だとわかるのです。誰が見ても一目瞭然です。

 鬼子さんは朝鮮人です。朝鮮人の鬼子さんが日本の皇室に入りこんで、皇室を滅茶苦茶にしているのです。そこに魔子が朝鮮人の男を呼びこもうとしているのです。皇室は、もう滅茶苦茶です。

 この問題を本当に解決するのは、魔子問題ではありません。魔子問題が解決しても、火差人さんの問題が残るのです。しかも、秋死ノ宮が次の天皇になると、鬼子さんは皇后になるのです。あんな皇后がいるのでしょうか? それが大問題です。

この問題は秋死ノ宮家のDNA検査までいかないと解決しません。それで「秋篠宮家は、廃絶です。それで初めて、皇室が安定するのです。ニセ皇族は叩きださなければいけません。

 国民のみんなで声をあげて言いましょう! 「秋死ノ宮はDNA検査をしろ。ニセ皇族ならば、皇居から出て行け」と言わなければいけません。それが皇室を守る一番大事なことです。

 竹田恒泰さんはどうして、「秋死ノ宮を可哀想だから追い込まないでくれ」など、くだらないことを言うのでしょうか? 絶対に秋死ノ宮を許してはいけません。ここから、この問題は始まっているのです。

 そこで、プー小室が、皇室の御姫様をくどいたのです。くどいてもよいのです。秋死ノ宮は、上皇と血がつながっていないのです。そんなものは普通の平民です。平民同士がくっつこうと、何でもない話です。

 そのような理論を詰めていくと、結論が出てくるのです。国民は、秋死ノ宮家を許しません! 解決方法は、DNA検査をしなさい! 「やらない」というわけにはいきません。国民が主権者です。

 天皇に主権はありませんから、国民のほうが偉いのです。では、国民全員が「秋死ノ宮は、DNA検査をしなさい」と言ったら、やらなければいけません。「国民どもが何を言うのだ!」とは、言ってはいけないのです。

 天皇は象徴ですから、皇族も象徴です。象徴が嫌ならば、憲法を改正すればよいのです。合理的に物事を考えていないので、みんな外れてしまうのです。他の方向へリードされてしまうのです。

 あの立派な竹田恒泰さんが、「秋死ノ宮擁護」などしてはいけません。身内びいきも甚だしいのです。写真を見て言ってください。写真を見れば誰の子供だかわかるでしょう。誰か、僕のブログを竹田恒泰さんに教えてあげてください。ぐうの音もでません。秋死ノ宮を廃絶にしなければ、問題は解決しません。

 魔子ちゃんの問題は、ニセ皇族がのさばってくることになるのです。これは、解決しなければいけません。ニセ皇族をとっぱらって、旧宮家を復活させればよいのです。ニセ皇族は、上皇と血がつながっていません。

 これこそ、排斥しなければいけません。ニセ皇族が、一番の元凶です。何故、日本人は問題の核心に触れないのでしょうか? 変なことを言う人がいるのです。小林よしのり先生は「小室圭は立派な人物だ。あれだげバッシングされて、堂々としている男はいない」というのです。

 何を言っているのでしょうか? 小林よしのり先生は優れているからよいのです。僕も尊敬しているのに、くだらないことを言わないでもらいたい。

 今度、首相に立候補する河野太郎は、何と言っているのでしょうか? 河野太郎は、女性宮家容認です。それは、「男子宮家が途絶えた場合、女性宮家もいいのではないか」と言っているのです。

 旧宮家を皇室に戻せば、女性宮家などあり得ません。まだ、ひどいことを言っています。「議員は第三国籍までもっていてもいじゃないか」こんなことを言っているのです。今、日本の国会議員になっている日本籍朝鮮人は、全員が二重国籍です。

 「日本の国籍を取得して、帰化しました」と言っても、韓国の国籍は抜いていないのです。まず、他の国に帰化しようと思って、韓国政府にお伺いをたてると、「ダメ!」と言います。どうしてでしょうか? 

それは、韓国の人数が減ってしまうからです。韓国人が一人いなくなると、韓国の財産が減るのです。だから、韓国政府は帰化などさせません。日本国籍を取った場合、2年以内に本国の国籍を抹消しなければいけません。それで韓国から帰化した連中の全員が、本国の国籍を抹消していないのです。本国は財産が減るから籍を抜きません。

 これが日本にいる日本籍朝鮮人の正体です。蓮舫は三十国籍です。台湾、シナ、日本の国籍を持っているのです。二重国籍、三重国籍の連中は、憲法違反です。国会議員から追い出さなければいけません!(②に続く)

 

■安西孝之さんと秋篠宮、瓜二つです!

  安西孝之さんは、美智子さんの妹の亭主です。

 

 

※眞子ちゃんと、 矗昶(もり のぶてるも、瓜二つ。

 森 矗昶は、安西孝之さんの祖父です。

https://www.yoshiepen.net/entry/2021/03/01/224414

 

 

お読みいただきありがとうございます。
よろしかったらクリックしてください。

応援よろしくお願いします!

    ↓↓↓


人気ブログランキングへ

 

 

 ■『中杉弘のブログ』2006年より、好評連載中です!

(ライブドアがフリーズすることがあるので、『中杉弘の人間の探求』で「法華経入門講義」を第一回から掲載しています。そちらをご覧ください。)

     ↓↓↓ 

http://blog.livedoor.jp/nakasugi_h/?blog_id=2098137   

 

■『中杉弘の人間の探求』にて、「法華経入門講義」を連載しています!

こちらもご覧ください。

    ↓↓↓

https://ameblo.jp/nakasugi2020