中杉 弘の徒然日記

毎日・毎日起きている事件について
ユニークな視点で書いています。


テーマ:

 世界には数多くの王様が存在します。サウジアラビアの王家、イギリスの王家、オランダの王家などがあります。西洋の王家と日本の皇室を一緒に論じられていることが多々あります。

 まして、二階俊博は「世界の王室を見習え」などと馬鹿なことを言っています。何と言う馬鹿で無教養なのでしょう。

 聖徳太子の有名な言葉「日出処天子至書日没処天子無恙云々(日出処の天子、書を没する処の天子に致す。つつがなきや…)これは誰でも知っています。中国から見ると日本は、海の向こうの東の偏狭な地にあります。そんな自覚がったらこんなことは言えません。

聖徳太子には、「日本は世界の中心である」という自覚があったのです。「隋には皇帝がいるらしいけれども、我らの天皇は皇帝とは違うのだ。日出処の天子なのだ」という自覚です。この自覚がすごいのです。「日没する処の天子に書を送る」これに隋の煬帝は烈火のごとく怒ったのです。気が狂いそうになって怒ったのです。

その後、遣隋使の件もあったので、日本はまた書を送ったのです。「日昇る処の天皇から、日没する処の皇帝に書を送る」とやったのです。これが本当です。日本の文明は独自のものです。メソポタミヤ文明・エジプト文明・インダス文明・黄河文明の世界四大文明とは全然違うものです。全く異質の文明の国が日本です。

日本の天皇と西洋の王家はまるで違います。西洋の王家は人民を搾取して、その上に乗っかっているものです。イギリスの土地の半分はエリザベス女王の所有物です。国民は付け足しです。人も財産、土地も財産です。それを王様が利用するという考えです。国民は王様の財産の一つにしかすぎません。

日本の天皇は違います。国民のことを「大御宝(おおみたから)」と言ったのです。国民は大切な宝ものです。西洋の王様と日本の天皇は全然違います。有名な仁徳天皇の「民のかまど」の話にあるように、民のかまどから煙が出ていません。ということは、国民は食べるものがないのに違いありません。

従って天皇は国民から3年間税を免除したのです。天皇自らも贅沢をしないで、お金は一切使いません。3年経つと天皇の御所から雨漏りがするようになったのです。雨が漏るようになっても屋根を直さず、さらに3年間免税したのです。

「まだ民が豊かになっておらん」と感じた仁徳天皇は、さらに免税を延長しようとしたら、国民が殺到したのです。「税を治めさせてください」となだれ込んできたのです。天皇のお住まいは雨漏りがするボロ屋になってしまったので、国民が修理したのです。これが天皇です。

 日本の天皇は西洋の王のように、病気でも関係なく寝てる子の布団まではがして、税金を治めさせることは一切しません。天皇は国民の中心です。国民は分派です。天皇と国民は一つであります。世界中にこんな国はありません。

 国民は天皇を心配して、天皇は国民を心配するのです。君臣一体の原理です。天皇と国民は一体です。日本は素晴らしい国なのです。その国の天皇に対して二階俊博は、西洋の略奪して国民をぶっ殺すような王と一緒と考えて「西洋の王室に見習え」など、何という馬鹿なことを言っているのでしょう。

 西洋には女王がいます。「日本も女帝でいいじゃないか」など、二階俊博は馬鹿なことを言っているのです。朝鮮人なのでしょうか? そんな伝統は日本にはありません。何故、西洋の真似をする必要があるのでしょう。西洋の王こそ、日本の皇室を見習いなさい。

 何故、そのように言えるのかというと、日本は2800年も皇室が続いているのです。国民を虐げて「お前ら税金を持って来い!」という姿勢ならば、2800年も続くはずがありません。

 御所を見てください。堀もなければ塀もありません。原理的には誰でも御所に入れるのです。そんな王室はありません。人から物を奪うから「奪い返しにくるのではないか」と怯えてお城を造り、城壁を建てるのです。そんなものは野蛮国の象徴です。

天皇こそが世界の範たるものです。その天皇を大事にすることが日本の治安を維持することになるり、国家安寧となり、繁栄していくのです。西洋の文明はくだらない殺し合いの歴史です。

 日本には天皇がいて君臣一体ですが、弓削道鏡や足利尊氏のように「自分が天皇になろう」と邪悪な者が出てくるのです。しかし、危ういところで難を逃れて、万世一系の天皇は続いているのです。これが文明です。世界が見本とするべき文明です。

 「西洋の王室を見習え」など、二階俊博は何という愚かなことを言っているのでしょう。それが女性宮家創設につながる考えです。学習院を止めて、国際基督教大学などに皇族を行かせるなど、馬鹿なことをやっているのです。

 「キリスト教」と名の付いたところに皇族が行ってはいけません。西洋の文明など日本に必要ありません。政治家や官僚の馬鹿・無能、これがくだらない考えを生むのです。日本の皇室は西洋の王室と全く違うものです。世界で一番尊いのは日本の天皇です。そのようなことを国民はよく自覚をしなければいけません。

 

お読みいただきありがとうございます。
よろしかったらクリックしてください。

応援よろしくお願いします!

 

    ↓↓↓


人気ブログランキングへ

 

『中杉 弘のブログ』2006年より、好評連載中です!

     ↓↓↓ 

http://blog.livedoor.jp/nakasugi_h/?blog_id=2098137   

 

AD
いいね!した人  |  コメント(26)  |  リブログ(5)

中杉博士さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。