中杉 弘の徒然日記

毎日・毎日起きている事件について
ユニークな視点で書いています。


テーマ:

 南も北も朝鮮人は、本当に馬鹿な民族だとわかります。何が馬鹿な民族かというと限度を知りません。「人間はここまでやったらまずい」「ここまで追い込んだらまずい」とわかります。その感が働かないのです。

 朝鮮人は徹底的にやるのです。その結果、どうなるのか考えないのです。考えないというか、計算ができないのです。例えば、安倍さんと朴 槿惠が「従軍慰安婦問題を終わりにしましょう」と言った件では、日本は全く出さなくてよいお金を10億円出したのです。話をつけたにもかかわらず「あれは無かったことにする」と10億円もらっておきながら、カリフォルニアに少女像を造り、バスにも少女像を乗せたのです。どこまででもキリがないのです。朝鮮人の行動を見ていると、みんなそうです。

 ユーチューブの動画に出ていますが、車いすの朝鮮人の男性が目の前でエレベーターが閉まると、腹を立ててエレベーターめがけて突進して、ドアが開いて落ちて死んでしまったのです。ウソのような本当の話です。朝鮮人はカッとなると、後先のことが計算できなくなってしまうのです。北も南も共通している朝鮮人独特の火病です。

金正恩は狂っています。みんな「狂っていない」と言いますが、僕は「狂っている」と思います。何故かというと「原爆とロケットを持てば、アメリカと対等になれるのだ」と思っているのです。これは妄想です。これに憑りつかれているのです。

「原爆さえ持てば、我々を原爆所有国として認めてくれる。すると身分が一段と上がる」と考えているのです。国に一等、二等、三等があれば、「原爆さえ持てば一等国になれるのだ」と考えているのです。これは錯覚です。原爆を持ったとしてもアメリカと対等なのでしょうか? 全然違います。何故、こんな単純なことがわからないのでしょう。

 アメリカは3億3千万人の人口です。世界第一の経済大国です。いろんな良い文化を創り出して社会に貢献している面もあります。農業生産物は世界一です。「老いたり」と言ってもまだまだアメリカの力はあります。

 北朝鮮は原爆を抜きにしても、航空母艦一隻もできません。アメリカは航空母艦を5隻もっています。戦闘機はステルス戦闘機です。手も足もでない代物です。絶対に北朝鮮はアメリカと対等になどなれません。

 これが普通の人の計算することです。「原爆を持ったからアメリカと同じだ」などとは言えません。経済力が違う、国土が違う、人口が違う、あらゆるものが違うので、同等になどなれません。

 北朝鮮は「原爆さえ持てば、世界の一等国になれる」という妄想に憑りつかれてしまったのです。これも火病です。エレベーターで死んだ人と同じで、ともかく思い込んだらそれに向かって突進するのです。もうそろそろ、そんな考えは止めなさい。世界中の国はよく思っていません。

 ところが北朝鮮は絶対に止めません。落っこちるまで止めないのです。朝鮮人の喧嘩は、道路を挟んで喧嘩するのです。「おいクソジジイ!」「なんだ、クソババア!」と、道路を挟んで怒鳴り合うのです。どうしようもない連中です。周りは一切関係ありません。自分たちの論理ですべてを動かそうとするのです。

世界中を脅かしまくって、自分の国が幸せになれると思っているのでしょうか? こんな平和な日本に「原爆を落としてやる!」などと脅かしているのです。何という愚かなことやっているのでしょう。

 「南北共に山葡萄原人の血が濃いな」と僕は思います。朝鮮人は計算ができない、言葉を大事にしないのです。言葉を大事にしないと、人間の社会は動きません。言葉で動いているのです。

 人間の社会は言葉というものを軸にして動いているのだから、言葉がわからないと現代社会では生きていられません。何回でも言いますが、猿とホモ・サピエンスの間に山葡萄原人が入ってくるのですが、この連中は滅びた種族です。

 ホモ・サピエンスに殺されたのだと思います。仲良くなどするわけがありません。原始社会は「変な奴がいるな」と思うと殺し合いです。殺し合いは、言語が発達している種族が勝つのです。「団結しよう」これも言語です。「もっと勇気をもって戦って、あの山葡萄原人を滅ぼしてしまうではないか。そのためにはどうしたらよいか?」というように、言語で考えるのです。

 言語がなければ考えられません。「あ~」「う~」と言っても何も生まれません。現代人と原人の違いは「言語があったか、ないのか」という違いだと思います。考古学でもこれは明らかになっていません。「クロマニヨン原人はちょっとしゃべれたのではないか?」という程度です。原人とホモ・サピエンスの違いは言語の違いです。

日本には「約束」という言葉が昔からありますが、英語ではPromiseです。いくら原人に「約束とはこうだよ」と教えてもわかりません。言葉だけ覚えるのです。

 朝鮮人は「約束」が訛って「ヤクチョク」になるのですが、その意味が理解できていないのです。そのような頭脳構造です。チンパンジーは人間の言葉を理解できません。チンパンジーと「約束しようぜ」と言っても何の意味もありません。同じことです。

 忠誠心・約束・弱い者をかばう・可哀想な人を憐れむ、というのは、全て言葉です。朝鮮人にはそのような言葉がないからわからないのです。だから犬も食ってしまうのです。美味しそうな犬がいれば「ぶっ殺せ!」とやりたいことをやってしまうのです。

 最近の座間9人殺しの白石隆浩の犯罪もそうです。あんな犯罪は日本人ではあり得ません。切り刻んで人間を食うなど日本人には考えられません。何故かというと、人間はイメージがあります。「俺がこんなことをされたら、嫌だろうな」と思うのです。そのように思うから「人も嫌だろうな」と思って、人の嫌がる行動はやりません。日本人にはそのような思いやりがありますから、そんな変なことはできません。

 ところがサドマゾが好きな人間は怪しいのです。人が苦しむところを見ると、うれしいのです。小泉純一郎は芸者“こはん”を絞め殺したと言われています。死ぬ寸前まで首を絞めるのです。すると、「ヒィヒィ」と自分がうれしくなってくるのです。

 何回でもやるのです。相手のことなど考えていません。言語がないのです。小泉元首相はあまりしゃべりませんから言語などありません。山葡萄原人です。その証拠に小泉孝太郎と進治郎の母親は小泉純一郎の姉です。まさしく朝鮮人の近親相姦です。(続く)

 

 

■NEWSポスト 
小泉純一郎が息子たちに「ママは実の母ではない」と告げた日  2016.09.01 16:00

 

俳優・小泉孝太郎(38才)と衆議院議員・小泉進次郎(35才)の伯母である小泉道子さん(享年84)のお別れ会が828日、神奈川県横須賀市でしめやかに営まれた。道子さんは、小泉純一郎・元首相(74才)の姉で、幼くして実の母と離れ離れになった孝太郎と進次郎にとっては、「育ての親」でもある。父・純一郎は2人の息子に道子さんのことを「ママ」と呼ばせていた。
 道子さんの元、すくすく育つ孝太郎と進次郎。だが、
純一郎は息子たちに、道子さんが「本当の母親」ではないことを言い出せずにいた。2人の息子は実の母だと信じて疑っていない。しかし──
《いつか、本当のことを孝太郎、進次郎に言わなければいけないと思っておりましたが、なかなか言えずにおりました。孝太郎が高校2年生、進次郎が中学2年生になって、2人を呼んで本当のことを伝えました。
「ママは私の姉なんだ」と言ったら、進次郎は「ウソ」と言いました。
「いや、本当だ、孝太郎、知ってたか?」と聞くと、「知ってたよ」「進次郎に言わなかったのか?」「言わなかった」。
 ああそうか、高校2年生だけど、言ったほうがいいこと、言わないほうがいいこと、わかっていたんだ。いい子に育ってくれたな、と思いました》(純一郎の弔辞より。以下《 》内同)
 ここまで話すと純一郎は涙をこらえ切れず、慟哭して言葉に詰まった。5秒、10秒経ち。「スピーチの名手」と称された純一郎の感情が、堰を切ったように溢れ出した。
 すぐ側に座る孝太郎は手のひらをぐっと握り締め、ブルブルと上半身を揺らしている。頬をつたう涙が止まらない。進次郎はただ沈痛な面持ちで空の一点を見つめる。
《「進次郎、ママは母親じゃないんだよ」と言うと、(進次郎は)「本当の母親だよ」とはっきりと言いました。道子は母親代わりじゃない、実の母親として、孝太郎、進次郎を育ててくれたんだな、と思いました。改めて、感謝しています》
 孝太郎は俳優の道を選び、進次郎は父の後を継いで政治家になった。晩年に胃潰瘍を患い、足も悪くして外出もままならなくなった道子さんは、大人になって自立した息子たちを万感の思いで見つめていた。
《晩年になって、本人たちはもう手をかけなくてもいい、放っておいても大丈夫だと思っているようでしたが、故人にとっては孝太郎、進次郎が健やかに成長しているのが何よりの生きがいだったと思います。われわれ男は留守しがちですが、その中でいつも、帰ってくれば道子がいる。我々の帰りを待って、毎日毎日家におりました。晩年は、孝太郎、進次郎が社会に出て、テレビや新聞で活躍しているのを、大変楽しみにしていたようです》
 兄弟も道子さんのことをずっと気にかけていた。小泉家の近隣住民が明かす。

 

http://www.news-postseven.com/archives/20160901_444116.html

 

お読みいただきありがとうございます。
よろしかったらクリックしてください。

応援よろしくお願いします!

 

    ↓↓↓


人気ブログランキングへ

 

『中杉 弘のブログ』2006年より、好評連載中です!

     ↓↓↓ 

http://blog.livedoor.jp/nakasugi_h/?blog_id=2098137   

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(6)

中杉博士さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。