中杉 弘の徒然日記

毎日・毎日起きている事件について
ユニークな視点で書いています。


テーマ:

 この朝鮮人が日本に密航してきて、ヤクザは全員が朝鮮人です。驚くべきことです。日本の街宣右翼も全員が朝鮮人です。これはアメリカもしっかりと把握しています。「朝鮮人を滅ぼす」という作戦があります。アメリカは「ヤクザは朝鮮人だ」と発表したのです。安倍さんに揺さぶりをかけてアメリカは「いつまで朝鮮人をのさばらしているのだ!」と言っているのです。

 この朝鮮人がアメリカに行って、朝鮮マフィアになって悪さをしているのです。それに耐えられないから、アメリカは朝鮮人のヤクザの資産凍結をしたのです。ヤクザの下っ端には日本人もいるかもしれませんが、幹部はみんな朝鮮人です。

 昔は「朝鮮ヤクザ」と言って区別していましたが、今わかったことは全員が朝鮮人だということです。日本人をぶっ殺して戸籍を取る背乗(はいの)りをやっているのです。座間市の9人殺しの白石隆浩は「背乗りした」という説もあります。「白石隆浩はすでに殺されていて、成り代わった朝鮮人が白石隆浩の名前を使っている」と言われています。確かに子供の頃の写真と今の白石隆浩の耳の形が違うのです。顔は整形しても耳は手術しません。「違う人物ではないか?」と言われています。

 「顎を手術した」とも言われていますが、手術などしていません。元々違う人間です。その可能性が強くなってきました。白石家は乗っ取られてしまったということです。素性がなんだかよくわかりません。

 「白石隆浩は9人殺して臓器売買をした」という説もあります。臓器売買など素人がやれるのでしょうか? 白石の部屋からは、何個出てきたか知りませんが冷蔵庫に心臓と肝臓があったのです。売人に手放させば臓器売買も成立します。

 一人の人間をバラして臓器売買すると4300万円になるそうです。全て売れるそうです。それは一人ではできません。あいつはパシリかもしれません。

 白石はキリを買っています。「首を絞めて殺した段階で、キリで全身を刺したのではないか?」とも言われています。

 アパートの掃除人は「朝来ても、夜来ても換気扇から料理の匂いがしている」と証言しています。それは人間の肉を食っていたのではないでしょうか? ちょうど1週間に一人の死体をバラバラにして骨から肉を削げば1週間分の食料になります。

 最初は死体をバラすのに3日かかって、その次は1日でできて、その次は半日でできるようになったというのです。朝鮮人独特のやり方です。山葡萄原人が洞窟に人間を引きずり込んでぶっ殺して食べてしまうのと同じ手口です。

 山葡萄原人の血が出てきているのです。日本の猟奇殺人は朝鮮人による犯行です。相模原殺傷事件や、コンクリート詰め殺人事件などは朝鮮人による犯罪です。朝鮮人は限度を知りません。苛めだすと朝鮮人は興奮してくるのです。苛めると「ウヘッヘッ・・・」と喜ぶのです。ますます苛めて調子に乗って最後は殺してしまうのです。

 小泉純一郎も芸者“こはん”を絞め殺したと言われています。首を絞めて遊ぶという遊びがあるのです。相手が失神するまで首を絞めてしまうのです。最初は遊びで軽く首を絞めます。その内もっと首を絞めたくなってグングンやるのです。失神寸前まで首を絞めると物足りなくなって、それ以上首を絞めてしまうと相手は死んでしまいます。そこまでやってしまうのです。朝鮮人のサドマゾの性質がよく現れています。

 それから朝鮮人は無慈悲で残虐性をもっています。こんな性質はホモ・サピエンスがもっていない性質です。おかしな性質です。

 このような目で見ると、北も南もやっていることは朝鮮人です。馬鹿だから滅びるまでやってしまうのです。北朝鮮も「これ以上核実験をやれば、アメリカは本当に攻撃してくる」とわかっているのですから止めればよいのです。ところが馬鹿だから、わからないのです。だからやられまでやってしまうのです。

 韓国で車いすの身体障害者の前でエレベーターが閉まると、怒ってエレベーターに突進して真っ逆さまに落ちて死んだ朝鮮人がいました。そこまでやってしまうのです。火病になると後先考えられなくなるのです。朝鮮人にはそのような性質があります。

 安倍さんは「北朝鮮の35の団体に対して制裁する」と言っていましたが、もう発表になっていますが、テレビは朝鮮人が握っているので団体名は報道されていません。どこの誰がどのような制裁を受けたのでしょう。パチンコなど悪の温床をなくしていかなければいけません。

 日本人は北も南も朝鮮人と付き合わないことです。朝鮮人と付き合うと大変なことになります。朝鮮人は事大主義ですから、いざというときには大きい方に味方します。昔、Sという朝鮮人がいて、喧嘩になると必ず敵方についてしまうのです。「あいつはここに隠れていますよ」とチクッて、必ず敵方につくのです。

 国際的に見てもそうです。文在寅は情報を全て北朝鮮に流しています。何故、北朝鮮に情報を流すのかというと自分が助かりたいからです。アメリカは、日韓米の約束で動きたいのです。「この3つの国で心を合わせて北に向かわなければいけない」と言っているのに、もう韓国は逃げているのです。

 文在寅は「北朝鮮が水爆を持っているならば北朝鮮の方が強いかもしれない。北にもいい顔をしないといけないから10億円あげよう」と言うのです。日韓米で制裁しようとしているのに、そのような卑劣なことをするのです。

 このような連中をどうすればよいのでしょうか? 答えは簡単です。お付き合いしないことです。仲良くしようと思えば必ず怪我をします。口をきかないわけにはいきませんから、「どうも、こんにちは」くらいで止めておかなければ大変なことになります。「朝鮮人はお可哀想」などと思って同情したら最後です。身ぐるみ剥がれてしまいます。

大人しい朝鮮人も日本にはいると思います。でもそれは朝鮮人の性質が眠っているだけで、一皮むけば全て同じです。一皮むけば朝鮮人の性質が出てきてしまうのです。

 皮がむけない間だけ大人しくしているのです。朝鮮人は変質します。NHKに朝鮮人が入りました。ところが権力を握ってくると一皮むけてしまうのです。「NHKの部長になりました!」という途端に「日本人はあっちへ行け! 朝鮮人を入れろよ」となるのです。「まだ日本人が辞めない? では意地悪してやろう」と、どんどん朝鮮人を入れていくのです。一皮むけるとそうなるのです。皮が向けていない間は猫をかぶっているのです。皮がむけると調子に乗って、本来の朝鮮人がドバッと顔を出してくるのです。

 まさに「世界の嫌われ者」です。こんな連中はいません。原人ですから当然です。日本人は「朝鮮人は山葡萄原人である」ということを知ることです。朝鮮人は現代人類以前の原人です。

 北朝鮮は教科書で教えているのです。「俺たちはエリートで昔からここにいた山葡萄原人だ」と言うのです。山葡萄原人がいたところを「悪魔の洞窟門」と言うのです。人間は誰も近寄ってはいけない場所です。悪魔の洞窟門へ行くと骨になってしまいます。山葡萄原人は何でも食ってしまうのです。人間ではないとわかります。人間も犬もブッ殺して食ってしまうのです。死んだ死体は埋葬しません。クロマニヨン原人はちゃんと埋葬した形跡があります。山葡萄原人は埋葬しません。死体は放置しておきます。すると野生動物が死体を食いにきます。それを捕まえてその動物も食ってしまうのです。どうしようもない連中です。

 それがたまたま洞窟の中で生き残り、朝鮮半島に流れ込んできたのが、山葡萄原人です。彼らは人間ではありません。少なくとも「ホモ・サピエンスではない」ということをハッキリとわかり、「日本人と同じではない」と理解することが大事です。それが貴方の命を守ります。以上!

 

お読みいただきありがとうございます。
よろしかったらクリックしてください。

応援よろしくお願いします!

    ↓↓↓


人気ブログランキングへ

 

『中杉 弘のブログ』2006年より、好評連載中です!

     ↓↓↓ 

http://blog.livedoor.jp/nakasugi_h/?blog_id=2098137   

 

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(4)

中杉博士さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。