サッカーワールドカップ、
日本対ベルギーは、後半
アディショナルタイムに
決勝点を奪われて、2対3で
敗れました。


後半開始早々に先取点を
挙げ、10分過ぎに追加点を
取りましたが、ベルギーの 
猛攻にあい逆転敗けを
喫しました。



戦前の予想を覆す大善戦
でしたが、最後は地力の
差が出た、というところ
でしょうか。


野球で言えば、6回まで
6対0でリードしていた
のをひっくり返された
ような感じでしょうか。


今年のカープが後半
リリーフが打たれて
ヒヤヒヤするのを
連想してしまいました。


この救援陣の強化のため、
獲得したジョニー・
ヘルウェグ投手の入団会見が
あったようです。


身長2メートルの長身からの
速球が持ち味のピッチャー
だそうです。


コントロールがどうなのかなあ
という危惧もありますが、
何とかカープのリリーフ陣の
救世主になって欲しいですね。


以上、カープを愛して50年、
キャプテン大本でした。