中野よもぎ塾の経費はどれくらい? | 無料塾「中野よもぎ塾」のブログ

無料塾「中野よもぎ塾」のブログ

東京・中野区で中学生対象の無料塾を開催しています。

おはようございます、塾代表の大西ですニコニコ

最近、他の無料塾さん・非営利塾さんと少しずつ交流ができるようになってきまして、これからいろいろな情報のやりとりをしていきたいと考えています。

そんな中で、よく耳にするのが「お金のやりくりが大変」という声です。

各団体によって学習支援をどのようにやるか(場所、人員確保、教材、宣伝活動など)はまったく異なります。どのようなやり方をするのがいいのか、私たちもまだ手探りではありますが、おかげさまで、今のところ中野よもぎ塾はそれほど財政的に厳しい状況にはありません。

そこで、中野よもぎ塾が毎月どれくらい経費がかかっているのかというのをここで公開しておきたいと思います。

今現在で生徒が5人ですので、5人の場合でざっくり計算します。

■会場費¥ 1日につき400円×月4回=1600円/月(5週あるときは2000円/月)
■プリント用紙¥ 100枚の用紙(100円)を月に2~3回購入=200~300円/月
■プリンターのインク代¥ 2カ月に1回交換(約1000円)=500円/月

※ただし、用紙とインクは代表大西が仕事にも使っていますので、純粋に塾だけだと少し減るかも?

当塾のランニングコストは上記となります。
合計すると、2500円に満たない額ですね。

問題集も昨夜4冊買いましたが、別になくてもできます。たまたま安かったので買っちゃいました(4冊で432円でした)。

この2500円を、どう捻出しているかというと、とりあえず大西のポケットマネーから出しています。
もし、「今月カネがないな~」ということがあったら、サポートメンバーから100~200円ずつ徴収すると、この額が賄えます。
万が一サポートメンバーがこの100~200円が出せない状況になったら、そのときには生徒の皆様から数百円をご負担してもらうことになるかと思いますが、たぶんしばらくそんな状況にはならないでしょう。

また、中野よもぎ塾は社会人サークルのような団体なので、塾の活動が終わったらだいたい飲みに行きます(笑)。
そのときに、お会計はワリカンにするんですが、だいたい数百円のおつりが出ますよね。
そういうときのおつりはときどき「会場費とかの足しにして!」ということで私にまわってくることがあるので、それはありがたく頂いております音譜
このおつりは、遠方から来ている人に交通費の足しにしてもらうこともありますし、まぁいろいろです。

という感じでやっていますので、わりと普通に回っています。
おそらく今後、生徒が15~20人を越えたあたりから、全員が部屋に入りきらないということで、会議室を2部屋あるいは週2回にわたって借りることになると思いますので、そのときには会場費が倍になります。
そうなればプリント用紙代なども少しかさんできますので、まぁ月に4500~5000円くらいが経費になるでしょうか。
その際には、サポーターからまず寄付をいただいて回すことになると思います(皆さんよろしくお願いします!)。
幸いにも、社会人サポーターが20名くらいいますので、均等に割るとすれば1人250円くらいの額になります。

というわけで、まぁそんなに困らないかなぁと思っています。

私たちが安上がりに済ますことができているポイントは下記のようなことだと思います。

がま口財布教材はネットの無料プリントや、私が家庭教師で使っているものや、ご寄付いただいた問題集・参考書を使用しているのでお金がかからない
がま口財布会場費がとにかく安い! 公共の施設バンザイ!
がま口財布交通費はサポーターも生徒も各自が負担
がま口財布塾代表の家にフツーに複合機があるので、コンビニのコピー機などを使わなくてもいい(これ使うと結構高い)
がま口財布広報宣伝費は無料のブログとTwitterを主に使用、チラシやロゴのデザインは応援してくださるクリエーターの皆様に無償でご協力いただいている



このような感じで安上がりに済ませていますが、要は大切なのは「内容」です。
私たちは「好きでこの活動をやってる軍団」なので、みんな真剣に「あの子にはこういうふうな指導がいいのでは」「あの子はこのへんを重点的にやろう」と生徒ひとりひとりにどう指導すべきかを考え、さらに「中学生が興味を持って参加できる授業」についても考えています。

わずかとは言え、なぜお金を払ってまでやっているかというと、本当に「私たちが楽しいから」なんですよね……。
この根底には、私たち自身も「学ぶ」ということが好きということがあるんじゃないかと思っています。
私たちはそういう集団だということです。


これから無料・非営利の塾を開きたいと思っている皆様にとって、少しでも参考になれば嬉しいです!