Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
なかのたいとう童話の森 出版局
New
Amazon Kindle版『アネモネになったアドニス』発売!

なかのたいとう童話の森は、童話作家なかのたいとうの個人出版レーベルです。自作の出版の他、絵本、童話、児童小説を電子書籍で自費出版したいという方たちのための窓口として2013年に設けられました。初期コストをかけずに出版することは可能ですので、自作の電子書籍化をお考えの方はぜひご相談ください。


なかのたいとう童話の森は、電子書籍専門のインディーズブック出版レーベル 電書館 (http://denshokan.jp) に協賛しています。以下のタイトルが電書館より発売中です。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015年03月31日(火)

覚え書き 無料塾「中野よもぎ塾 」2014年度卒業式

テーマ: 覚え書き
無料塾「中野よもぎ塾 」2014年度卒業式_1
[photo by Jogo Hikaru]

 
3月29日(日)、東京都 中野区産業振興センター3F 会議室1にて「中野よもぎ塾卒業式&1周年記念懇親会」が開催されました。
 

中野よもぎ塾ロゴ
無料塾「中野よもぎ塾」は、学習の側面から子どもの貧困を考え、経済的な事情で学校以外の学習支援を得ることができない中学生を対象にした無料の塾です。運営費等は寄付によって賄われ、生徒たちに交通費以外の負担はありません。塾を支える講師たちをサポーターと呼び、毎週日曜日、ひとりひとりに寄り添った学習指導を行っています。

無料塾「中野よもぎ塾」のブログ
http://ameblo.jp/nakanoyomogi/
 

無料塾「中野よもぎ塾」には、昨年4月の塾立ち上げの時から副代表として参加させていただいています。

塾講師や家庭教師のアルバイトをしたことがなかったため、始める前は少し不安でしたが、始めてしまえばまったく問題ないことがすぐにわかりました。

考えてみれば戦後世代で中学生を経験していない人は、ほぼいないわけで、誰もが通ってきた道と言えます。

加えて、よもぎ塾で対象としている生徒は、勉強ができない子がほとんどです。

確かに学校で勉強は習います。

でも勉強の仕方、特に、その子にあった勉強の仕方は学校では教えてくれません。

それは塾が教えることであり、親が教えることなのです。

ところが、経済的な事情で塾に行けない、親が勉強が不得手、ひとり親家庭で親が仕事で忙しいなどの様々な事情で放っておかれる多くの子どもたちは、誰かが手を差し伸べなければ例外なく落ちこぼれる危機的な状況に置かれています。

勉強するより遊んでいたほうが楽しいのは当然のことですから、勉強に対するインセンティブをどう与え、毎日勉強しなければならないというプレッシャーを、どうかけ続けるかが問題になってくるのです。

そのあたりのことは、よもぎ塾でも頭の痛い問題です。

ぼくは中学生の頃、あまり勉強をしたという記憶がないのですが、勉強で苦労したという記憶もありません。

親が教育熱心だったこともあり、実家には今でも当時使っていたであろう参考書や辞書、事典の類がたくさんあるのですが、それらを実際に使ったかどうかは微妙なところです。

でもそれは、恵まれているということの証しなのです。

よもぎ塾に来るほとんどの子が、問題集どころか英語や国語の辞書さえ持っていません。

そのため、よもぎ塾では辞書基金を設けて辞書を配布するようにしています。

ですが、それも英語の辞書だけで、国語の辞書までは手がまわらない状況にあります。

また、確かに「お金がないから勉強ができない」という構図は見えてくるのですが、それはあくまでも最終的に表層に現れた事象にすぎないということを忘れてはいけないように思います。

個人的な見解ですが、「お金がないから経験できるものに限りが生じ、その結果、視野が狭まって自分の将来像を思い描けず、ゆえに勉強してもしょうがないと諦め、ゆえに勉強しないから勉強ができない」といったところなのではないかと見ています。

つまり自分の未来に対するビジョンを描けるかどうかが、非常に重要な分岐点になってくるだろうということです。

この点も、恵まれて育った大人たちからは、「まだ中学生だから」とか「自分は中学生のとき、そんなことを考えもしなかった。もっと自由にさせていいのでは?」などという声が上がったりします。

でもどうでしょう。

時代も、家庭環境も違いますし、何より彼らにハンデがあることを忘れている場合があるのではないでしょうか。

今回、よもぎ塾の卒業生は3人でした。

このうち1人は受験が終わったあとにやってきたので省きますが、残りの2人は偏差値で言えば40以下の世間的には駄目な子たちです。

はっきり言って、彼らが塾に来たとき、誰もが無理だと思っていたと思うのですが、それでも、それぞれ1つしかない志望校に一発で合格し、この春、進学することになりました。

2人とも、自分が目指す高校しか見ていませんでした。

それらの高校は、公立ではなく私立であり、親の負担を考えれば別の選択肢も考えさせたかったところなのですが、彼らはそれを考えることさえ拒否し、志望校にピュアに一途でした。

自分の望む未来を掴むために、2人とも一生懸命、勉強しました。

「一念岩をも通す」という言葉がありますが、彼らを見守る大人たちのほうが、まさにそれを追体験させてもらったような感じになっています。

「一念」即ち「思い」が、いかに大事かということなんだと思います。

幸いにして、よもぎ塾には普通に生活していたらまず会えないような、多種多様の職業の方に参加いただいています。

できることなら、社会、そして世界に対する知見を、他のどの子よりも多く持って次のステップへ進んでもらいたいものです。

ハンデキャップを持った子どもたちがいるのは紛れもない事実です。

でも、よりよい社会を築くためには、たとえハンデキャップを持っていたとしても、きちんと社会に参加できるんだという実感を皆がシェアすることが大事なのではないかと思っています。

少なくとも勉強に関してのバリアフリーが、私たちの国、日本の特徴であったはずですし、ゆえに今後長らくそうあってほしいものだと願ってやみません。

 
無料塾「中野よもぎ塾 」2014年度卒業式_2
[photo by Jogo Hikaru]
 
そうそう、当日、中野サンモール近辺の路上でよく歌っているという、歌手の、さとうさおりさんが歌を歌ってくれました。
 
さとうさおりwebsite
http://satosaori.syncl.jp
 
 







 
なかのたいとう童話の森 出版局


現在、以下の本がAmazon Kindleストアで販売中です。

Kindle PaperWhite / Kindle fire / Kindle fire HD / iPhone, iPod touch & iPad版Kindleアプリ / Android版Kindleアプリで、ご覧いただけます

 
また、2012年9月に開催されたTHE TOKYO ART BOOK FAIR 2012に向けて制作した本は、価格を改定した上で、在庫があるうちは販売を継続しています。

下記のお問い合わせ先にご連絡いただければ、折り返しご連絡いたします。
なかのたいとう童話連絡先
Book:
¥1,200
深海の鼓動』×ナオゲリータ[B5判 12ページ]
灰色の虹』 ×菅谷さやか[B5判 38ページ]
雪だるまのアルフレッド』×和華[B5判 42ページ]
オイディプスとスフィンクス』×相田木目[B5判 52ページ]
くじらのましゅう』×鏡安希[B5判 22ページ カラー挿絵8枚]
はりねずみのふぃりっぽ』 ×たぐちななえ[B5判 22ページ カラー挿絵7枚]
ねずみのらんす』×かわつゆうき[B5判 22ページ カラー挿絵8枚]
¥2,400
フローラの不思議な本』×鈴木匠子[B5判 211ページ カラー挿絵15枚]
ZINE:
無料
side by side 』×実鈴×小野祐佳
(『夜空の星と一輪の花』の朗読CD付き(朗読:我竜麻里子))
[A5判 オールカラー34ページ]
※本をお買い上げ頂いた方には無料で差し上げます
※送料分の切手(¥200)をご送付願えれば郵送いたします
Audio Book:
¥600
朗読『くじらのましゅう』×我竜麻里子 [オーディオCD 7分23秒]
朗読『はりねずみのふぃりっぽ』×我竜麻里子 [オーディオCD 7分56秒]
朗読『ねずみのらんす』×我竜麻里子 [オーディオCD 6分09秒]
朗読『雪だるまのアルフレッド』×我竜麻里子 [オーディオCD 53分04秒]
朗読『灰色の虹』×我竜麻里子 [オーディオCD 50分弱]
送料一律 ¥500(ただし1回で送れる量を超えた場合は別途ご相談)

 

なかのたいとう童話の森は、童話作家なかのたいとうの個人出版レーベルです。自作の出版の他、絵本、童話、児童小説を電子書籍で自費出版したいという方たちのための窓口として2013年に設けられました。初期コストをかけずに出版することは可能ですので、自作の電子書籍化をお考えの方はぜひご相談ください。


また、なかのたいとう童話の森は、電子書籍専門のインディーズブック出版レーベル 電書館 (http://denshokan.jp) に協賛しています。以下のタイトルが電書館より発売中です。
電書館 facebook
こちらは 電書館 facebook - http://www.facebook.com/denshokan




 

 



 
☆☆☆*:.。.ほかにもお話しはたくさんあります.。.:*☆☆☆


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。