自治体がディフェンス目的で土地を買う | 中西レオ@立憲民主党
2014-03-14 13:28:12

自治体がディフェンス目的で土地を買う

テーマ:時事問題・ニュース
3月14日読売新聞朝刊より
「神戸市は関西電力健康保険組合が所有する保養所を購入する方針」

1億1500万円(土地&建物)
2013年に閉鎖された同施設について、観光協会が市側に購入を打診していた。
理由は、無秩序な開発されることへの危惧。

つまり、神戸市は用途の検討よりも先に購入するということ。


明石市はフェリー乗り場跡地の購入について、利活用の計画がないと否定的な時期を経て、最終的には価格の折り合いがつかなかったと見送りました。その結果、中心市街地活性化の南の拠点としてフェリー跡地は活用できず、マンションが建設されています。

タイミングを逃さず購入するには財政に余裕が必要ですね。あとトップの決断力・判断力。



神戸は近くて異なる隣人ですな。




明石市議会議員
中西 レオ
reo@nakanishireo.com
www.nakanishireo.com/

レオさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス